情報は「整理」しないで捨てなさい
奥野宣之「情報は「整理」しないで捨てなさい」

PHP研究所

2009年刊



 


 奥野さんが、『情報は1冊のノートにまとめなさい』を著わした時にされた質問・・


 「本当に、どんなことでもノートに書くのですか?」

というもの。

 答えは、「後で後悔するくらいなら、メモをしておけ」という意味で、

 むしろ情報を捨てることこそ大切になる。


≪大量の情報の中から、自分にとって「使えない部分」をどんどん捨てて、

 目の前から消し去る。

 反対に「使える部分」は、アイデアの材料としてじっくり料理する。

 
 この「技術」こそ、僕がこの本で紹介する「戦略的インプット」です。≫



≪情報を捨てることが、モノの少なさ、手入れのしやすさへとつながり、

 さらに情報を捨てやすくなっていく。≫ 

≪古くなった情報をどんどん切り離していけば、「整理」などいらなくなります。≫

 「捨てることの好循環」を作り出すこと。




≪選んで拾うためには、必ず「捨てること」が必要です。≫


「情報を貯め込んでから整理や分析をするのはやめる。

 情報と出会った瞬間、その核心をつかんで保護し、その他はもう眼に入らないよう

 捨て去ってしまおう」


 そのための四段階からなる「戦略的インプット」・・

1.目をつくる

 「自分がどんなアウトプットをしようとしているのか」

 「そのためにどんな情報が必要なのか」

 を、いつでも、どこでもわかるようにする。

 具体的には、ゴールに「必要なもの」をリストアップする。

 手帳や財布など、毎日持ち歩くものに書いて、目に入るようにする。


2.広く情報に触れる

 一次情報は圧倒的に強い!

 一方、価値の高い二次情報もある。

 書き手の能力が高ければ、実際に行って体験するより、

 読み手の理解を促す二次情報もある。つまり、「他者の視点」を得ることができる。

 理想は、

≪いったん集めてから捨てるのではなく、「その場で処理する」≫



3.使えるか判断する

 「情報を大きな塊でなく、小さく分解して処理する」

 判断基準・・

 1.新旧
 2.正確性
 3.加工度
 4.発信源
 5.希少性
 6.再現性
 7.効率性
 8.インパクト
 9.コスト


4.捨てる・拾う

 「捨てる以外のものは拾う」



 この≪「戦略的インプット」は、情報を捨てることを通じて、いちいち頭を使うという
  
 「仕組み」です。≫

 「頭の横着をしない」ことがなにより大切になる。



<目次>
序章 大事なのは「情報の入口戦略」
第1章 捨てる勇気を持とう―「普通じゃないアウトプット」のために
第2章 情報を見逃さない力を身に付ける
第3章 捨ててはいけない情報にアクセスする技術
第4章 「使える情報」「捨てる情報」を即決するルール
第5章 情報の捨て方、拾い方
スポンサーサイト

【楽天ブックスならいつでも送料無料】旅ノート・散歩ノートのつくりかた [ 奥野宣之 ]
奥野宣之「歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた」

ダイヤモンド社

2013年刊



 本書、「旅ノート」「散歩ノート」のつくりかた、を述べたもの。


 「旅ノート」「散歩ノート」があれば、

 体験したことを、何年後でも思い出してニヤニヤすることができる。



 「体験したことを記録すること、それ自体が楽しいから」こそ、

 「旅ノート」「散歩ノート」をつける。

 そうすることで、旅が「ちゃんと残る」。



 旅や散歩の面白さ、その原点は、

 「自分の力で何かを発見する」という喜びにある。


 また、記録を前提とすることで、五感が研ぎ澄まされてくる。

 結果、「独自の目を持」つことができる。


 そして、

 「体験が楽しいからノートをつくる」のではなく、

 「散歩ノートをつくるから体験が楽しく感じられる」ようになる。



 道中メモに書くのは、

 旅の行程やイベントなどだけではなく、

 家に帰ってやることや、家族に話したくなったこと、

 思い出した昔話や、旅に関係のないアイデアなど

 思い出したことは何でも書いておく。

 「客観事実」と「自分の声」を両方とも残す。




 「考えたこと」を記録すれば、見えないものが見えてくる。

 ・・深いな~(^^♪



日本史ウォーキング

【中古】 日本史ウォーキング 関西 大人の遠足BOOK/旅行・レジャー・スポーツ(その他) 【中古】afb

都道府県別「歴史散歩」シリーズ


鉄子の旅 ・・ Kindleで買いなおそうかな~

鉄子の旅プラス IKKI COMIX / 菊池直恵 / 横見浩彦 【コミック】





 すべては「おもしろがる力」で決まる!



<目次>
はじめに

序章「旅ノート」「散歩ノート」のすすめ
01 旅とノートの深いつながり
02 ノートで「体験したこと」がおもしろくなる
03 ノートで「体験すること」がおもしろくなる
04 「楽しいから記録する」ではなく「記録するから楽しい」
05 ノート作りは4段階で

第一歩 【旅の前】ノートで「あこがれ」を醸成しよう
06 「行きたい場所」をノートに集める
07 情報はノートへの「一元化」「時系列」で
08 マップ上に「☆」をつけて関連を見つける
09 自分の「旅テーマ」を決めておこう
10 ノートで「あこがれ」を養う
Column どんなメディアで「あこがれ」を探すか

第二歩 【旅の途中1】ノートづくりの素材を集めよう
11 日本を外国人観光客のように歩けるか?
12 道中の「紙もの」を収集袋で集める
13 歩きはじめにガイドマップを入手する
14 旅のシンボルを「アイコン」にする
15 旅をしながら「道中メモ」を作る
16 メモ帳は「出してすぐ書けるか」で選ぶ
17 「客観事実」と「自分の声」はセットで記す
18 客観事実は「最低限の三情報」をストック
19 その場でしか聞けない「自分の声」を記録する
20 「考えたこと」を記録すれば見えないものが見えてくる

第三歩 【旅の途中2】道中メモを工夫しよう
21 パンフレットには「痕跡」を残す
22 写真もその場で紙ベースに
23 カードでリアルタイム情報編集
24 「何かを横切ったとき」がルート記録のポイント
25 略記のために地図記号を使う
26 史跡の看板は見逃せない情報源
27 新しい言葉に出会ったらとりあえず書いておく

第四歩 【旅の後1】ノートに貼るだけ「即席旅・散歩ノート」
28 ステップ1:「素材」を一元化する
29 ステップ2:「素材」を切り抜く
30 ステップ3:時系列でレイアウトする
31 右と下に余白を作る

第五歩 【旅の後2】楽しかった記憶がじわじわわいてくる「完全版旅・散歩ノート」
32 「日常モード」に切り替わる前に加筆を
33 あとから見つけた「楽しさ」を追加する
34 書き込む前に「旅の疑問」を解消する
35 観察や持ち物などの「まとめ」を
36 資料から「ルート地図」の素材を探す
37 旅のシンボル「ルート地図」を作る
38 ネットはルートの復元・計測に
39 テーマ年表から昔のシーンが見える
40 古地図、航空写真でタイムトラベル
41 すべては「おもしろがる能力」で決まる

付録:実践! 旅ノート・散歩ノートづくり【浅草・上野編】


奥野宣之「人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ」

ダイヤモンド社

2010年刊



 ライフログ・・「人生や日々(ライフ)の記録(ログ)」

 ライフログには、デジタルよりも、紙のノートがいい。

 理由は、

 「『空気』が残せるから」

 『空気』・・雰囲気、臨場感、感覚が、紙の方が残りやすい。

≪何気なく過ぎ去っていく日々を、「確固とした体験」にすること。≫


 嫌な体験を忘れること自体は悪いことではない。

 でも、

≪あとの人生に生かせるような、「貴重な体験」も一緒に忘れてしまうのは

 もったいない・・≫

≪体験したことを背景として、より確実に頭にストック≫する。 


 ライフログは、それを通して、

 「成長」できるようになるし、

 「続けたいことを続ける」サポーター役になり、

 「なかなかやめられないことをやめる」ための矯正器具となる。



≪ノートは自分が何を成したか知っています。≫

≪ただ行動を書くと決めて実行するだけで、「今何をしているか」を

 常に意識するようになる。

 その結果、勝手に自己管理が始まるのです。≫

≪行動と記録は深いところでつながっていること≫を知る。



≪書いてみることで「しっかりやっている自分」を認める≫



≪読む 「読み返し」で、じわじわ自分を変えていく≫

≪読み返すことで、自分の強みや弱みがわかるほか、自分の考えをつくったり、

 心をコントロールできるといったさまざまなメリットが得られる≫


 パラパラめくることで、

 過去のさまざまな体験が合わさって、新たな発見ができる。


 使い終わったライフログノートは、

≪自分が書いた、自分のすべてについての、世界に一冊しかない本≫「自分本」となる。

 「今はもういない過去の自分と対話する」ことで、

 「今の自分の考え方が変わる」・・「自分をつくる行為」となる。


≪・・読み返す時間がを持つことで、日常から一歩ずれて人生を眺め直すことができる・・≫


≪しんどいときに、もっと辛かったときのことを思い出して、もう少しだけ耐える。

 感覚が鈍くなってきたときに、最初に感激したときのことを思い出して、新鮮な気持ちを取り戻す。≫


≪記録するときには気づかないけれど、あとで読み返すと、ノートに同じような課題意識、

 悩みや考え続けていることが見つかるわけです。≫



 フランクル『夜と霧』・・

「わたしたちが過去の充実した生活のなか、豊かな経験のなかで実現し、心の宝物としている

 ことは、なにもだれも奪えないのだ」





<目次>
※一部抜粋

序章 ライフログノートで体験を「資産」にする
・ライフログとは「人生そのまま」を記録すること
・「空気」を残すにはアナログ手法がいい
・過去を消さずに自分をつくれる
・「読み返し」を身につけることでノートの効果は数倍に

第1章 ただ行動を記録することの意外な効果
・「一冊のノートにまとめる」三つのルール
・手帳術よりずっと簡単、誰でもできる
・日記より気軽に日々の雰囲気が残せる
・厚く、太く、ノートとともに自信が育っていく
・「やめたい行動」がやめられる
・「続けたい行動」が続けられる
・書いてみることで「しっかりやっている自分」を認める

第2章 ノートを自分の分身にする
・効果発揮のための三ステップ「書く」「貼る」「読み返す」
・パラパラめくることで得られる「思わぬ発見」
・体験をリサイクルし、今の自分に活かす
・自分で考え、自分の言葉で語れるようになる
・すべては、「楽しく使って、生々しく残す」ために

第3章 どうやってノートに残すか
・ノートに向かうことで自分の「作り直し」をする
・書くことで体験を引き寄せて「自分化」する
・時間情報は「までログ」「いまログ」「からログ」で
・因果関係は「→」を使って略記・追記
・「区切り線」を使い分けて情報量を増やす
・「一日あたりXページ方式」で使う
・ポラロイドでお手軽育児日記
・「割り付けプリント」で一日の流れを残す

第4章 何をノートに残すか
・睡眠と飲み食い――基本的なことから自分を知る
・自分の行動と状況――生活の意外な豊かさに気づく
・思ったこと、考えたこと――自分の考えを作る
・旅行・行楽・イベント――ライフログノートの醍醐味
・見たもの、聞いたこと、食べたもの……すべてに「自分」が映る
・ノートと連動する「書き込みシート」で定点観測
・○×シート――いちばんシンプル、でも効果大
・グラフシート――わずかな増減を視覚的につかめる

第5章 どう継続し、読み返し、活用するか
・体験の「使い捨て」をやめて、リサイクルする
・定期的に自分にカウンターパンチを浴びせる
・「自分だけのノート」だから、かっこ悪くていい
・「自分のテーマ」が見えるようになる
・心理状態をなぞってテンションを高める
・読み返せない最大の理由は「アクセスが悪いから」
・読み返しの真髄は「マーキング&タイミング」
・使用中ノートの「逆読み」と「順読み」
・システムで定期的に読み返す
・索引を作る課程で読み返す
・×年前の今日の記述を読み返す

付録 ライフログノートを補助するツール23
・行動記録の補助ツール
・読み返しの補助ツール


奥野宣之「情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]」

ダイヤモンド社

2013年刊



「ノート一冊方式」の利点
 
 ・・システム手帳や目的別に複数のノートを使い分けることに比べて
 
 1.シンプルで簡単、迷いがない
 
 2.ストレスなく続けられる

 3.自由度が高く、自分でアレンジできる


≪いつでも・どこでも「一冊だけ」≫

「何を思いついてもここに書ける」

「どんな情報もこの一冊にある」

「この一冊だけ持っていればいい」

  
≪「ただの紙の束」であるからこそ、

 ノートは万能の知的生産システムになるのです。≫


 記述のルールは、

 1.一元化

 2.時系列

 3.索引化


 日常を記録することのメリット・・

 1.「何を書くか」というプレッシャーがなくなる

 2.ついでに考えを巡らせられる

 3.たまには考えや思いをじっくり書くようになる

 そして、「記録すれば人生が楽しくなる」


≪集めた素材を知的生産のネタにする≫

≪多様な素材が「意外な組み合わせ」を生む≫

≪ノートが「自分の分身」になる≫

≪結果より過程を評価しよう≫

≪アウトプットはメモから始まる≫

≪考えるから書くのではなく、書くから考える≫

≪無目的な読み返しが発見を生む≫

≪加筆でアイデアまで「ほふく前進」≫























 最後に、

 奥野さん、「情報」はすべて「1冊のノート」・・

 コクヨのキャンパスノートに集約することを勧められています。


 私は現在、B5サイズの「見開き1ページレフト式」の手帳を半年毎に
 買い換えて使っています。

 週間の見開き2ページには、
 ・日々の行動予定と実績
 ・日々のToDoリスト
 ・各種会議でホウレンソウすべきこと
 ・読書記録
 ・支出記録
 を主に書いています。

 スケジュール以外の余白ページが多いものを使っているので、
 ・出席したセミナーや講演会の要約の記載
 ・スピーチ原稿
 あと、過去の行動記録、支出記録等のサマリなど

 前後の袋の部分には、
 ・展覧会の入場券 
 ・スキーのリフト券 等を入れています。

 奥野さん式で取り入れていないことは、「仕事の情報」の記載。

 プロジェクトの情報は、プロジェクトオフィスからの持ち出し厳禁のため、
 ToDoやアイデア以外は、書かないようにしています。

 本書読みながら、いろいろ工夫・改善したい刺激を多々受けることができました。






<目次>
※一部抜粋

序章 情報はシンプルでなければ使えない
完全版刊行にあたって

第1章 ノート一冊でつくれる「知的生産システム」
いつでも・どこでも「一冊だけ」
記入・参照の迷いはゼ ロ
「ごちゃまぜ」だからヒントになる
用途に合わせてアレンジを楽しむ
自分を通過した情報だか ら活用できる

第2章 一冊にまとめる「3つのルール」
一元化すれば必ず「ある」
「あとで 貼る」という解決法
「日付ラベル」を入れて時系列で記録
満タンになったら「代替わり」
入れた 情報を「索引化」して取り出す

第3章 効果的に情報を入れる「書き方・貼り方」
【書き方のコ ツ】
略記は「ローマ字母音抜き」で
よくメモすることは記号化
自分を取材する「ねぎま式メモ」
使用ペースがわかる「区切り線」を工夫する
タイトルを付けて検索しやすくする
加筆できるよう に行間を一行空ける
ペンの使い分けは「シチュエーション別」で
気分を変える「超一等地」の使い方
背表紙と小口に通し番号を書く

【貼るコツ】
記念品で会話の内容を残す
A4資料をそのま ま貼る
記事は「くだり」だけを貼る
貼った記事が頭に入るマーキング
新聞からは「基礎データ」 をもらう
日曜の新聞からは「まとめ」と「書評」を切る
読書記録は帯と補充カードで補完
写真で 記録を補強する

第4章 アイデアの素材を生み出す「ライフログ」
ライフログで「そのままの人 生」を残す
アナログだから「空気」が残る
「ログを取ること」を決めておく
日常を記録すること の3つのメリット
多様な素材が「意外な組み合わせ」を生む

第5章 素材を活用へとつなげる「 知的生産術」
【ステップ1】素材の「収集」
アウトプットはメモから始まる
「自分でもつまらない 」を乗り越える
【ステップ2】集めた素材の「咀嚼」
加筆でアイデアまで「ほふく前進」
無目的な 読み返しが発見を生む
クロスリファレンスで「考えるためのノート」に
【ステップ3】咀嚼した素材の 「発酵」
カードで「組み替え法」
コピー用紙で「植え替え法」
コピー機で「コラージュ法」
【ステップ4・5】「ユーレカ」から成果物への「具体化」
手を動かすことで考えが前進する

第6 章 ノートを自在に参照できる「索引化」
9割はアナログでも検索できる
10年後も探せる「デジタル検 索」
索引データは抜粋方式で

付録 ノートを200%使い倒すアイデア集
ノートのカスタマイ ズ
書き込み式シート
持っておきたい文房具
「知的財産」に関するおすすめブックガイド

【送料無料】 読書は1冊のノートにまとめなさい 完全版 / 奥野宣之 【単行本】
奥野宣之「読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]」

ダイヤモンド社

2013年刊



≪・・読んだけれど、読んでいないのと同じ。

 読みっぱなしで頭に残らない読書は、いくらやてっても無駄なのです。≫


 読んだ本を、いかに自分の血肉とするか?

≪必要なのは「取り入れる技術」≫



≪自分が今求めていることに応えてくれそうな本を、一冊一冊しっかりと選ぶ。

 そしてその一冊と真摯に向き合い、本から学ぶ努力を重ねる。≫


 以前読んだときには、はっきり認識できていませんでしたが、

 前半の本の探し方・・・「探書リスト」の重要性を認識することができました。

 探書リストにメモをする → 書店で確認する → 買う

 この過程を通して、「何のためにこの本を読むのか」が自覚できるようになる。

 そもそも、この「探書リスト」に載せる本を探すにあたって、

 ≪新聞書評は一週間かけて読む≫ことで、読みたい本・読むべき本を見つける。


 そして、

 一冊の読書ノートを作る。

 1.何でもここに書く
 
  たとえば、「ねぎま式読書ノート」

  ・感動した文章を抜き書きする
 
  ・それに対する感想やコメントを書く


 2.時系列を守る

 3、日付を入れておく

 4.速記や略記を駆使する

 5.とりあえず貼る


≪結局、大事なことは「読書に関係する情報を散逸させない」ということです。≫

 


カレル・チャペック『いろいろな人たち』

いろいろな人たち チャペック・エッセイ集 平凡社ライブラリー / カレル・チャペック 【全集・双書】
 奥野さんのコメント・・≪時間の浪費より、人生の浪費を恐れよ≫


奥野宣之『旅ノート・散歩ノートのつくりかた』

【楽天ブックスならいつでも送料無料】旅ノート・散歩ノートのつくりかた [ 奥野宣之 ]


【楽天ブックスならいつでも送料無料】人生は1冊のノートにまとめなさい [ 奥野宣之 ]

<目次>
完全版刊行にあたって
はじめに
「読みっぱなし」は読んでいないのと一緒
必要なのは「取り入れるための技術」
ノートで本を自分の血肉にする

第1章 ノートで「読書体験」をマネジメントする
本との付き合い方が劇的に変わる
ノートを読書のパートナーに
続ければ必ず見返りがある
ノートだからいい読書習慣が身につく
「買う」「読む」「活用する」をマネジメント
読書のフローを仕組み化する
読書情報も一冊のノートにまとめなさい
ノートに一元化する技術

第2章 必要な本を指名買いする「探書リスト」のつくり方
なぜ「探書リスト」で財産にできるのか
メモで本選びの主導権をにぎる
リアル書店で買う方が印象に残る
「探書リスト」のつくり方
リストのデジタル化は一長一短
指名買いの威力
日常生活を取材現場に
リストをノートと連動させる
ネット検索は専門サイトで
活字メディアをしゃぶりつくす
本探しがはかどる「ハブ本」を探せ
新聞と雑誌書評のクセをつかむ
書評記事の読み方

第3章 読んだ内容を財産にする「読書ノート」のつくり方
成果を可視化する効用
読書ノートをつければ読み方が変わる
読書ノートは「一言」でいい
なぜ読書ノートは続かないのか?
読書ノートなら財産にできる
読書ノートを前提に本をさばく
「読みながらさばく」方法
本と対話するマーキング・テクニック
ねぎま式読書ノートのつくり方
抜き書きで進む本の咀嚼
象徴的一文を探す
本からオリジナルの思考を得る
スクラップ式読書ノート
本のコピーを貼って読み返す
書評を読み返して感想を深める
「時のふるい」であぶり出される本の核
読書ノートが自分をつくる

第4章 自分をつくるノートの「読み返し方」
読書体験から自分の考えをつくる
アウトプットするから財産にできる
シチュエーションで読み返す
定期的に読み返す
読み返すクセをつける
ノートの読み返しから生まれる「個人的発見」
読み返しで確固たる自分をつくる
読書ノートを使った「読みこなし」
血肉化して書籍から離れる
ブログに書評を書く
読書ノートで文章も上達する
読書ノートによる「悩み解決法」
情報を組み合わせてアイデアにする
どこに書いたか、手が覚えている
読書ノートを示す「サイン」をつくる
検索用の「ツメ」をつくる
デジタル索引をつくる
200冊を一気に検索する
「思い出せない」を克服
「読書百編」ができるようになる

第5章 読書体験をより充実させる20のアイデア

付録 ノートづくりに役立つ文房具26

PAGETOP