鴎外「小倉左遷」の謎

石井郁男「鴎外「小倉左遷」の謎」

葦書房

1996年刊




 明治32年、鴎外森林太郎が、小倉の第12師団に異動となる。

 森家も、林太郎本人も、さらに陸軍省医務局関係者一同も、
 都落ちの左遷と考えていました。

「これは明らかに左遷人事だ。

 なぜ自分が左遷されねばならぬのか。
 軍医の仕事での失敗は何もないはずだ。
 本業以外の文学などで目立ち過ぎる仕事をしたためなのか。
 どう考えてもそのために睨まれたとしか考えられない」

 鴎外の懊悩は深かった。

 鴎外37歳、まだやりなおしのきく年齢だった。


 しかし、この左遷人事には、陸軍省として、隠されたある意図があったのではないか?

 その謎とは何か?

 
 鴎外は、小倉にいたほぼ3年のうち、2年を割いて、
 クラウゼヴィッツの『戦争論』を師団の将校たちに講義し、翻訳している。

 当時の日本に『戦争論』を知るものは陸軍の中にも少なく、
 またその難解さゆえ、翻訳はなかった。

 クラウゼヴィッツは、カント学徒であり、
 『戦争論』は、クラウゼヴィッツ自身が12年間収集したヨーロッパの戦争資料を
 カント哲学によって学問的に整理したものであった。

 そのため、当時、『戦争論』を翻訳できる人物は、鴎外以外に考えられない
 と、思った人物がいた。


≪実は『戦争論』の正確な翻訳を軍が入手したいがために、
 鴎外を小倉に動かしたのではないのか。
 これが本書がこれから挑む謎である。≫

 
 冒頭の解説にも、こうあります。

≪クラウゼヴィッツを自家薬籠中のものとすることによって、近代日本は日露戦役に
 勝利をおさめることができた。

 その筋道が、鴎外-田村恰与造-小倉在勤に淵源とすることを、
 本書は速断を避けた謙虚な筆致で説いている。≫


【中古】鴎外「小倉左遷」の謎
スポンサーサイト

【新品】【2500円以上購入で送料無料】【新品】【本】点と線 松本清張/著
松本清張「点と線」(新潮文庫)


 
 「偶然と作為」の問題・・

 偶然に見せた犯人の作為・必然が積み重ねられていきます。

 にもかかわらず、その全貌がなかなか明らかに捉えられないことが、

 清張さんの腕の見せ所です(^^♪



 その気づけない理由は、こうでした。

「人間には先入主観が気づかぬうちに働いて、そんなことはわかりきったことだと

 素通りすることがある。

 これがこわいのだ、

 この慢性になった常識が盲点を作ることがたびたびある」 



【楽天ブックスならいつでも送料無料】ビートたけし 松本清張 点と線 [ 高橋克典 ]


松本清張「共犯者―松本清張短編全集〈11〉」(光文社文庫)





 「鴉」・・

 昭和30年代から60年以上経っているいるにもかかわらず、

 仕事に対して求められる姿勢は驚くほど変わっていないことに少し驚きます。


 主人公は、

≪仕事もあまりできるほうではない。

 仕事ができなくて、上役に好かれず、いい友だちもできないとなると、

 すでにサラリーマンの世界では落伍者である。

 彼はこの社にはいったときから同じ仕事ばかりつづけさせられている。

 つまらない事務だった。≫

 ・・つまらない事務をつまらないままにしていることこそ、問題だろうに。



 だから、彼は

≪職場に少しも熱意を持っていなかった。

 彼は絶えず上役にも、また自分を冷笑している同僚にも腹を立てていた。

 進んで仕事をしないことがせめてもの会社に対する仕事だと思っていた。≫

 ・・このあたりが、10年以上前と大きく変わったところです。

 以前は、働らかないおじさんが、職場のどこかにいたものですが、

 プロジェクト毎の採算を追求される最近では、このような態度だと

 2~3か月で切られるし、半年も居座り続けることはなくなりました。

 それは管理者の問題以上に、若手層からの不満が強いからです。

 ・・また、それは、組織として、余裕がなくなったからかもしれません。


松本清張「空白の意匠―松本清張短編全集〈10〉」(光文社文庫)



 「駅路」・・

 
 清張さん曰く「人生も終わりに近づいた初老の憧憬といったものをテーマにした」



 某銀行の営業部長を停年で退職したある男性が、
  
 骨休みと家族にいって旅に出たきり帰ってこなかった。


 失踪した男性は、

≪真面目な性格で、物事を考えつめる性質である。

 そういう人間は、えてして厭世的に陥りやすい。

 じっさい、停年後有利な条件を提示されながらも、

 それを断ったところをみると、人生を働きとおしてきた人間の

 最後の落ちつき場所として死を求める心境を考えていいのではなかろうか。≫

 と考えた刑事がいる一方、
 
 現役の頃からつきあっている女の元に行っている、と刑事がいた。

  
 作品では、後者の見立てが正しく、前者のような殊勝なことはない、と。
 



松本清張「遠くからの声―松本清張短編全集〈08〉」 (光文社文庫)




 弱いものいじめをしてくるものに対しては、

 時には、断固とした態度をみせることも必要です。


「・・なまじおれが弱みをかくしていたからだ。

 人間、古疵(ふるきず)でも大威張りで見せて歩くことだね。

 そうしなけりゃ、己(うぬ)が己に負けるのだ。・・」 

PAGETOP