立ち読みしなさい! [ 苫米地英人 ]
苫米地英人「立ち読みしなさい! ~美しいほどシンプルな成功術」

サイゾー

2014年刊



 「立ち読み」のススメ・・と思ったら、

 本書を「立ち読み」しなさい、というアドバイスでした(*_*;




 ハッピーロードを歩く・・

≪「悩む」というのは言い換えれば、足踏みしている状態です。

 それに対して「考える」というのは前向きに進むべき方向を見定めている状態です。≫

 まずは、ゴールを設定する。

≪ゴール設定をすれば、とてつもない力があなたに宿ります。

 あなた自身を高める力です。≫

≪ゴールを設定すれば、その目標を達成するために様々な部分がパワーアップされていきます。

 眠っていた能力や才能が目覚めるのはもちろん、持っていなかった能力までも身につけるようになります。≫




≪私たちの周りには「見えない敵」が存在しています。

 その敵は私たちを不幸という落とし穴に突き落とす非常に恐ろしい存在です。≫

≪その見えない敵の名前は

 「常識」です。≫

≪もし、あなたが人生を変えたいのに、変えることができない。

 夢を叶えたいのに叶えることができないというのであれば、

 それは「常識」の世界にだけ身を置いていることが原因かもしれません。

 つまり、ごく普通の価値観や考え方だけで固められた人生です。≫

≪常識に乗っ取られてしまうと、夢を叶えること自体が非常識なことだと判断します。

 夢を叶えるという発想自体が思い浮かばないのです。≫


≪勘違いしてはいけないことは、これまでにあなたが積み上げてきた価値観や考え方を

 捨てるのではなく、それよりさらに大きな枠組みで世界を認識するということです。≫



 
 もう一つの巨大な「見えない敵」がいる。

 それは、「現状維持」です。
 
 この現状維持させている力こそ、見えない敵の大ボスです。

 それは、「ホメオスタシス」という。

 「恒常性維持機能」。

≪現状維持をするということは、そこに「いい」も「悪い」もありません。

 大切なことなのでもう一度言います!

 現状維持をするということは、そこに「いい」も「悪い」もありません。

 ただただ現状を維持するだけです。≫

 つまり、

 ホメオスタシスは、あなたが現状の外側の世界に行くことを許しません。

 「チャレンジ精神」を吹き消すのがとても上手なのである。


 現状から抜け出すのは、とっても「不安」であり、

 その「不安」な気持ちを作り出しているのが、ホメオスタシスである。


 だから、

≪不安になればなるほど、「これから素晴らしい人生に変わる準備をしている」

 と思ってください。≫ 

 そして、

 コンフォートゾーンを、現状ではない別の場所に作ってしまう。

 あなたの本当の行きたい場所、夢の場所にコンフォートゾーンを作ってしまう。

 そうはいっても、ホメオスタシスの力は強力なので、

 ホメオスタシスに気づかれないように、日々、小さなことから変えていく。

 ・・できることからコツコツと!



 できることを少しずつ増やしていくと、自信がついていく。
 
 自分に自信がある状態を「エフィカシーが高い」状態という。

 でも、

≪まずはエフィカシーを高め自信を持つことが先、その後に結果です。

 決して結果が先ではありません。本当にフォーカスしなければならないことは、

 エフィカシーを高めることです。自分に自信を持つことです。

 お金や人脈やタイミングや知識ではなく「自信」を持つことにフォーカスしてください。≫


≪自信がなければ行動できない

 行動をしても、すぐに諦めてしまう

 
 自信を持つためにはエフィカシーを上げること≫






<目次>
序章 あなたの瞳は子どもの頃のようにキラキラ輝いていますか?
第一章 スタートライン
第二章 最初の分岐点
第三章 見えない鎖を引きちぎれ!
第四章 気付くことすら出来ないことが沢山ある
第五章 二番目に大切なこと
第六章 人生のアンテナ
第七章 お金を稼ぐ
最終章 夢を叶える最終兵器 
スポンサーサイト

苫米地思考ノート術―脳を活性化し人生を劇的に変える最強思考ノート

オープンエンド

2009年刊



 まず、「ノート」と「メモ」の違いを知る。

 これまであなたの持っていた「ノート」は、{メモ帳」にすぎない、といいます。

 たとえば、講義や講演会などで、相手の話し言葉(文字)をまもとめたものは、

 「メモ」であって、これからいう「ノート」ではない。  


 「メモ」は、記録であり、知らなかったことを書き留め、
  書いたことを後でまとめ、他人に見せるためのもの。

 また、マインドマップは、関係性を見出している点で、有効なメモとなっている。

 一方、
 「ノート」は、「自分の思考を活性化させるため」のもの。

 「ノート」の「役に立つ」とは、自分の人生が豊かになること。


≪まず、「記録」(記憶)を目的とする「メモ」と、

 「自分の思考の活性化」を目的とする「ノート」を区別することです。≫



≪相手の言葉をそのまま書く行為は、「受け身の姿勢」でノートを

 書いているということです。≫

≪脳を活性化させるのは、自分自身で考えなければなりません。

 つまり、

 常に主体的・能動的な姿勢で自分の言葉を書き記して初めて、

 ノートと言えるのです。≫


≪「ノート」とは、知らないことを認識するためにとる≫こと。

 つまり、

≪ホントのノートの目的とは、

 「脳を活性化させて見えないものを読み取り、自分の新しい思考で

  物事への理解を深めるため」≫のものである。



≪大事なのは、どんな場合でも、自分の思考をつくり、脳を活性化させるための

 ノートをとるよう心がけることです。≫



 ノートをとる上で大事なことは、

 時間の流れの感覚・・

 時間を、未来から過去へ流れる感覚を持つことが必要である。


 なぜならば、

≪過去の自分を決めているのは現在の自分です。

 過去は現在の解釈によっていかようにでも書き換えられる≫からです。

 ならば、現在の自分を解釈するのは、未来の自分になるからです。


 つまり、

 ノートは、ゴールがあって初めて書き込むことができる。



 ノートの書き方・・

 1.ゴールを決める

   抽象度の高いゴールを設定する。
 
 2.抽象度を上げて気づいたこと(認識)を書く

 3.関連のあるもの結んでラベリングする

 4.ゲシュタルトをつくる

   1~3ができたら、ノート全体(言葉、線、ゴール)を見て、
   ゲシュタルトを構築する。

   全体から自分のゲシュタルトを構築する。




<目次>
第1章 こんなノートはノートではない
(どんなノートをとっているか
なぜ、メモをノートと思い込んだのか)
第2章 これがノートだ
(真のノートを知る
ノートを書く前に意識しておくこと)
第3章 ノートはこうして書く
(ノートの準備
ゴールを書く ほか)
第4章 コンセプチュアル・フローを駆使せよ
(コンセプチュアル・フローで思考する
何にでも使えるコンセプチュアル・フロー)

【中古】 脳と心の洗い方 Dr.トマベチの人生を変える!『なりたい自分』になれるプライミングの技術 /苫米地英人【著】 【中古】afb
苫米地英人「脳と心の洗い方 「なりたい自分」になれるプライミングの技術」

フォレスト出版

2006年刊





 あなたが「なりたい自分」になれない原因とは何か?

 ・思考パターンが間違っている!

 ・目標設定の方法が間違っている!


 目標達成をするための方法として、

 「プライミング」という技術がある。

 これは、「自分で自分のやりたいことのストーカーにしてしまう技術」

 ・・といいますが、普通なら「はまる技術」とでも言うんでしょうか(*_*;



 私たちの認知の世界・・

 「我々はすでに知っているものしか認識できない」

 でも、そのあなたが「認識している世界」は、

 すでに(誰かによって)洗脳済みの世界である。


「成人が大人になってから無意識に下す判断のうちのハ割九割が

 親のものまね」といわれている。

 つまり、無意識は、親の刷り込みによる判断である。



 自己洗脳のためのキーワード・・

 1.変性意識

  物理的現実世界(R)・・五感の認識

  私たちの見ている世界は、
  変性意識下の物理的現実世界(R’)

 2.内部表現

  視覚、思考、言語を始めとする脳内での認識状態のこと

  「外部世界」も、常に内部表現である。

  だから、プラシーボ効果のように、内部表現の書き換えで、
  病気が治ることも生じる。

 3.ホメオスタシス

  恒常性維持機能。

  内部表現を環境との情報フィードバック関係から常に更新している
  生体の自律的な機能のこと。

  物理空間だけでなく、情報空間にも広がっている。

 4.プライミング

  脳は何らかの報酬回路が働くときに、ドーパミンが流れるようにできている。

  この現象を、プライミングという。

  
 内部表現の中で、自分にとっての願望を操作しながら、

 自分のプライミングが働いている経路に対して、

 「こうなるべきだ」という情報を書き込む。

 そうすれば、自分の無意識が、その情報を達成するためのストーカーに
 
 なってしまう。


 ・・無意識を味方につけよ、とはよく言われることですね(^^♪







<目次>
Prologue 「なりたい自分」に変わる危険で強力な技術とは?
1 あなたの思考パターンはオリジナルか?―本物の現実を見る方法
2 いたるところにある洗脳―本物の情報を見分ける方法
3 「なりたい自分」になるために知っておくべき四つのこと―「脳」「心」「身体」の仕組み
4 「なりたい自分」を現実化する方法―アンカーとトリガー
5 トマベチ流「なりたい自分」になれるトレーニングプログラム―絵の具とパレット
終章 現実世界から目覚めよう!

【楽天ブックスならいつでも送料無料】バイリンガルは二重人格 [ 苫米地英人 ]
苫米地英人「バイリンガルは二重人格」(フォレスト2545新書)

2010年刊



 「バイリンガルは二重人格」・・

≪バイリンガルは二重人格であり、日本語をしゃべるときと

 英語をしゃべるときの人格が異なる≫

 英語を話すときの「英語人格のレイヤー」と
 日本語を話すときの「日本語人格のレイヤー」によって、
 同じ人であっても英語をしゃべるときの人格と
 日本語をしゃべるときの人格は違うものとなる。

 
 
 脳には言語を運用する高い抽象度のレイヤーでのネットワーク集団があり、
 バイリンガルは、そのネットワーク集団が日本語用と英語用に分かれている。


 催眠術中に英語が話せる理由・・ 

 自分の自己イメージが、英語がしゃべれるという臨場感世界で成り立つと
 英語がしゃべれるようになり、それが成り立たないと英語がしゃべれなくなる。

 
 「記憶と臨場感世界」・・

 これが、バイリンガルの本質である。


 英語人格のつくり方・・

 英語モードの記憶をつくり、その記憶によって生み出される臨場感世界をつくる。


 人間の言語運用能力は、必ずその背後にある抽象空間を見事に表現している。

≪要するに、抽象度の高い人は抽象度の低いものを理解できますが、
 
 抽象度の低い人は、高い抽象度のものを理解できない≫



≪英語人格をつくるために重要なのは、
 
 英語を読む、聞くであり、

 話すではありません。≫


 英会話学校に通うより、英語の古典を読め!

 と、苫米地さん。

 ・シェークスピア
 ・バイブル
 ・独立宣言
 ・ゲティスバーグ演説
 ・ケネディ大統領就任演説
 ・マーチン・ルーサー・キング牧師
 
 英語ドラマ学習のコツ・・

 ・日本語字幕は見ない

 ・わからなくても、観つづける

 ・登場人物の台詞を真似て口にだし、シャドウイングをする

 ・毎日見る





<目次>
第1章 バイリンガルと二重人格(ボーダーレス化する世界
なぜ、日本人は英語を話したがるのか? ほか)
第2章 脳と言語と人格の関係(What’s up?というビジネスマン
単語に意味はない! ほか)
第3章 英語人格をつくる方法(言語は誰でも習得できる!
リベラルアーツが抽象度を決める! ほか)
第4章 理想の人格をつくって、理想の人生を手に入れろ(イメージの限界が自分の限界
もうひとりの人格をつくるために必要な2つのこと ほか)
第5章 日本語だけでは世界は見えない!(日本人に英語はいるか?
日本と世界の立ち位置 ほか)
脳機能を活性化する「超」快眠術

苫米地英人「脳機能を活性化する「超」快眠術」

牧野出版

2009年刊


 
 睡眠時間を削るのではなく、

 もっと積極的に睡眠のクオリティを上げて脳を活性化させる。

 睡眠のクオリティが高ければ、朝の目覚めはすっきり、爽快になる。

 時間よりも、睡眠の質の方が大切である。

≪人の脳が発達したのは睡眠をとるようになったから≫

≪眠りが変われば、明日は確実に変わります。≫

 
 そのためには、

 1.寝る前

  体をリラックスさせる。明日のことをくよくよ考えず、「明日もいい日になる」と思う。

 2.寝ている間

 ≪記憶が長期記憶として定着できるか否かが、人間と動物の脳の発達を区別している≫

 ≪睡眠中の記憶の定着が人間の脳を進化させ、自我が生まれた≫

  レム睡眠中:浅いレム睡眠は、脳の記憶の整理・定着を妨げる。

 3.寝ている間

  ノンレム睡眠中:脳をしっかり休息させる。

 ≪レム睡眠で活発に動いた脳を、ノンレム睡眠中にしっかり休息させているかどうかで、

  睡眠のクオリティが問われます。≫

 4.目覚めたあと

  光に当たって体内時計をリセットする。

 ≪生物は、メラトニンの分泌量によって、眠くなったり目覚めたりします。≫




 理想的な睡眠時間は?

 大人は、6時間。

 子どもは、10時間以上。成長期は、12時間でも良い。



 寝だめに、意味はない。

 寝だめするよりも、環境を整えて、5分~30分の昼寝をする方が、
 睡眠不足解消にも、脳の活性化にもよい。




【中古】 脳機能を活性化する「超」快眠術 ぐっすり眠れて!!すっきり目覚める!! /苫米地英人【著】 【中古】afb
<目次>
第1章 脳機能から考える睡眠のメカニズム
(人がなぜ眠るのかはわかっていないが、人の脳は睡眠によって発達した
人間と動物の分かれ目は、睡眠中の脳が行う記憶の整理
睡眠中の記憶の定着が人間の脳を進化させ、自我が生まれた ほか)
第2章 クオリティの高い睡眠は脳を活性化させる
(睡眠によって活性化した脳には何ができるか?
活性化した脳によってゴールは実現する
理想的な睡眠時間は?大人は6時間、子どもは10時間以上 ほか)
第3章 目覚めすっきり、睡眠のクオリティを高めるテクニック
(クオリティの高い睡眠を設定するための環境づくり
クオリティの高い睡眠のための、昼間のテクニック
睡眠のクオリティアップ!明日を変える入眠テクニック ほか)

PAGETOP