蛇蔵「決してマネしないでください。」第2巻 (モーニング KC)

2015年刊


 理系大学を舞台にしたマンガ。

 どの話も楽しい(^^♪

 冒頭のコンピュータの回では、

 ノイマンの天才ぶりを紹介しています。

 当時、ハンガリー生まれの優秀な科学者が多数存在したため、

 「ハンガリー人宇宙人説」なるものがありましたが、

 そのハンガリー人の中でも、突出した天才ぶりを発揮していました。

 曰く、「新しいコンピュータが出来たとして、その計算の正しさをどうやって証明するか?」
 
 答えは、「横にノイマンを置いて一緒に計算をさせたらいいんじゃね

 ノイマンの答えと合っていたらコンピュータは間違っていないはず」

 ・・「しかもノイマンの方が計算が速い!!」って(^^♪




<目次>
Q7.ハードディスクのデータを完全に消去するには?
Q8.シュレディンガーのネコは箱から出られるのか?
Q9.12月25日はなんの日なのか?
Q10.迷子を素早く探すには?
Q11.「1メートルの長さ」はどう決まったのか?
Q12.安い食材を高級にするには?
Q13.相手にちゃんと想いを伝えるには?
おまけマンガ
スポンサーサイト

裁きの銀~倒産回避請負人第1巻 (マンサンコミックス)

神田たけ志・向谷匡史

2000年刊 

  
 倒産回避請負人なるものを主人公にしたマンガ。 

≪「死」を目前にした企業を救う、倒産回避のプロフェッショナル・坂本銀司、登場! 法のアミをくぐり抜け、弱者をカモにする悪徳な金融業者を相手に、さらにその裏をかく法の知識と荒ワザで対抗する倒産回避の請負人。トイチの街金業者はもとより、大手銀行までが銀司に一目を置く……人呼んで「裁きの銀」! 週刊漫画サンデーで話題沸騰、不況の時代に送る金融ストーリー!≫

 数々の事件を解決しますが、実際には命がいくつあっても足りないように思います(+_+)

 主人公が被害者に言うセリフ・・

「金融関係の法律を知らないというだけで経営者が首をくくり

 首をくくるべき人間が法律の抜け穴を知っているというだけで

 左団扇で暮らしている」

 理不尽しゃないか!、という言葉に対して、

「そうこの世の中は

 理不尽なのです

 しかし理不尽を嘆く経営者は例外なく

 負け犬だってことです」

 そして、こうアドバイスします。

「事業はゲームです

 倒れたら起きあがればいい


 起きあがったら歩きだせばいい

 それだけのことです

 
 人生も会社経営も」

歴史劇画 大宰相 第一巻 吉田茂の闘争 Kindle版

さいとう・たかを

原作 戸川猪佐武

解説 早坂茂三

講談社

1999年刊


 大和田秀樹「疾風の勇人(7)」を読み終えて、もっと読みたい!

 ・・と思って思い出したのが、戸川猪佐武さんの『小説吉田学校』。

 そして手に取ったのが、この『小説吉田学校』を原作に、さいとう・たかをさんがマンガ化したこのシリーズでした。

≪敗戦、GHQによる日本占領が始まった……。幣原喜重郎内閣打倒後、総理と目されていた鳩山一郎は公職追放され、昭和21年5月、吉田茂が総理大臣に就任。以後、脈々と続く「吉田学校」の始まりだった。党人派と吉田派の仁義なき闘いの幕が切って落とされた。戸川猪佐武のベストセラー『小説吉田学校』を、劇画界の巨匠さいとう・たかをが描いた、傑作戦後日本史全10巻!≫

 第1巻は、敗戦後、日本独立までの対GHQとの吉田茂の戦いを描いています。ちょうど、「疾風の勇人(5)」までに対応します。独立の悲願成って、公職追放組との新たな戦いが始まります。

 


 第2巻は、三木武吉らの工作によって、吉田茂が追い落とされ、鳩山一郎政権の誕生。
 単独講和で残されたソ連との復交に、文字通り命をかけます。
 ・・しかし、この際の外交交渉のグダグダが、現在までつながる北方領土問題が解決不能問題となってしまった経緯が描かれています。
 

大和田秀樹「疾風の勇人(7)」(モーニングコミックス) Kindle版

2017年刊



 公職追放が解け、鳩山一郎、三木武吉、河野一郎、石橋湛山、岸信介らが政界復帰・・

 1952年の池田隼人の不信任案決議後からバカヤロー解散までを描いています。
 
≪不信任案可決で通産大臣を罷免された池田の前に大蔵官僚・下村治が現れた。下村の口から語られる経済理論と日本経済の未来予測に衝撃を受けた池田は総理大臣になることを決意する! 佐藤の兄である“昭和の妖怪”岸信介が政界に復帰。そして吉田派と鳩山派の政局は、三木武吉の悪魔的策略により鳩山派が優勢に。占領から独立までを駆け抜けた吉田政権がついに終焉の時を迎える!≫

 ・・吉田退陣後、高度成長前夜の日本ははたしてどうなる?

 と思ったところで、突然の休載とは!!!!

 
 はたして某筋からの圧力か?

 政治マンガが人気がなかったためか?

 ・・ぜひ第二部を復活させていただきたいです。

 心待ちにしています(^^♪

大和田秀樹「疾風の勇人(5)」(モーニングコミックス) Kindle版


 「疾風の勇人」が面白い!

 第1巻が、Kindle版で無料だったので、読み始めたら、やめられません。

 日本が焼け野原となった敗戦の日から、サンフランシスコ講和会議まで、

 吉田茂、池田隼人、佐藤栄作、白洲次郎らの悪戦苦闘ぶり・・

 第5巻の「第一部 日本独立編 完」まで、一気に読まされました(^^♪

 独立成って一安心かと思いきや、

 公職追放を解除された戦前の妖怪たちが復活します(>_<)


 

PAGETOP