西田文郎「他人を喜ばすと、幸運が押し寄せる! 他喜力」

徳間書店

2011年刊





≪世の中は、

 他人を喜ばした人が勝つ仕組みになっている。≫


≪他人を喜ばせることを続けていると、本来の長所がどんどん活きてきて、

 欠点がたんたん目立たなくなっていきます。≫

 
 他喜力・・は、欠点をなかったことにしてくれる。


 他喜力の持つ力には、5つの効果がある。

 人を動かす

 ストレスがなくなる

 欠点がなくなる、愛されキャラになる

 アイデアマンになる

 自分が好きになる



 他喜力を養うためには、

 イヤなことは絶対にしないこと


 プレゼントをするとき、

 迷ったら、「高い方」を選ぶ。

≪「ちょっとだけムリ」をして相手を喜ばせようとする行為には、

 想像以上に大きな効果がある≫


 成功する前に、環境のいいところに住む




 努力には、やっていい努力とやってはいけない努力がある。

 人は、5つのステップを経て、成長していく。

 1.無力 何もできない人

 2.有力 世の中に通用する何らかのスキルを持っている人
 
 3.成功 多くの人から支持され、経済的にも恵まれている人

 4.強運 大御所、超一流といった不動の地位にいる人

 5.天運 この世の成功のすべてをおさめた人



 無力の段階の人は、

 努力をして、スキルをつけなければならない。

≪人の3倍考え、人の3倍勉強し、人の3倍努力しろ≫

 
 でも、有力の段階の人は、

 ツキを身に付ける行動をしなければならない。

 一にも二にも人を喜ばす他喜力を養うこと。


 
 無力の人は、「自分との約束」を果たさなければならない。

 有力の人は、「他人との約束」を果たさなければならない。

 成功した人は、「社会との約束」を果たさなければならない。





 送別会は、他喜力の成績表である。






<目次>
第1章 「他喜力」はすべての悩みを解決する(天才と凡人の違いは「人を喜ばす」かどうか
もう一度会いたいと思う人には「他喜力」がある ほか)
第2章 他喜力は簡単に高められる!(「自分を好きになる」と他喜力はぐっとアップする
他喜力があると、周りが気にならなくなる ほか)
第3章 「他喜力」を磨くと、大きなツキがやってくる(人は5段階のレベルに分かれている
凡人は「守るべき約束」を間違えている ほか)
第4章 「他喜力」があれば、他人を自由に操れる(「他喜力」を使えば、カンタンに人を操れる
人は“自分に興味を持つ人”に感動する ほか)
スポンサーサイト

【送料無料】かもの法則

西田文郎「かもの法則 ―脳を変える究極の理論」

現代書林

2009年刊



 人の心には。二羽の「かも」が棲んでいる。

 一羽は、「嫌われるかも」「もうダメかも」
 という「否定的なかも」


 もう一羽は、
 「できるかも」「やれるかも」「幸せになれるかも」
 という「肯定的ななかも」


 「否定的なかも」による「かもの呪い」にかかってしまうと、

 ポジティブシンキングはできなくなる。


 「否定的なかも」を「肯定的ななかも」に置き換えることで、

 「かもの魔法」がはじまる。

 
 情けは人のためならず・・

 人を守ろうとすれば、「肯定的ななかも」が飛ぶ。


 「かも」を積み重ねることで、自信や確信が生まれる。

 これを「かもの成長」という。





 不満のある者は感謝せよ。不満は感謝に追いつけない
 不安のある者は愛を持て。不安は愛に追いつけない
 悩みのある者は行動せよ。悩みは行動に追いつけない
  
 



<目次>
第1章 未来を決めていたのは「かも」だった
第2章 「かも」は大不況をチャンスに変える
第3章 心の「かも」は脳の中で闘っている
第4章 喜びの大きさで「かも」は成長する
第5章 マイナス思考でも「かも」は羽ばたける
第6章 どんな大変革も小さな「かも」から始まる


【送料無料】社長になる人はなぜゴルフがうまいのか?

西田文郎「社長になる人はなぜゴルフがうまいのか? あなたが変わる最強の集中力」

かんき出版

2010年刊



 「根拠のある自信」より、「根拠のない自信」のすすめ


 「根拠のない自信」こそ、本当の自信なのだから?!


 ポイントは、自分に対する信頼・・ということなのでしょうか。
 


 日々、与えられた仕事をこなしながら、
 常に「その先」をイメージする。

 プレッシャーを感じるような状況においても、
 気分転換し、リラックスするリラックス能力を身につけることが
 パフォーマンスを出すためには必要となる。




<目次>
レッスン0 半端なく稼ぐ社長とシングルプレーヤーの共通点
レッスン1 半端なく稼ぐ社長たちの脳の仕組み
レッスン2 目標を設定しよう
レッスン3 ラウンドでの集中法
レッスン4 仕事もゴルフもさらなる集中力を発揮する
レッスン5 リラックスするためのトレーニング



【送料無料】8つの実話が教えてくれた「最幸の法則」

西田文郎「8つの実話が教えてくれた「最幸の法則」」

ダイヤモンド

2009年刊



 「ツキの法則」の実話・・を期待していたら、

 そうではありませんでした。

 
 
 「夢ケーキの日」を作った長野県伊那市の「菓匠Shimizu」さんや

 子供たちから「どうせ無理」という言葉をなくしたいという思いで
 ロケット開発を手がけた北海道赤平市の植松電気さん


 の話など、西田さんが集めた「いい話」が8つ紹介されていました。




<目次>
第1話 たった二ヵ月だけの妹―ラーメン屋主人の話
第2話 無料で配る850個の「夢ケーキ」―伊那にある一軒のケーキ屋さんの話
第3話 ゴミ山で暮らす子どもたちが教えてくれたこと―アジアを旅するカメラマンの話
第4話 残された100歳までの夢日記―和歌山の小さな小さな会社の話
第5話 宇宙にいちばん近い男の本当の夢―小さな工場の専務のお話
第6話 いちばんの出会いは交通事故―車いすのキャプテンの話
第7話 寂しさが育てた他喜力の心―会社をついに上場させた社長の話
第8話 障害者70人が生き生き働ける場所―若い兄弟が作ったあるクリーニング工場の話


ツキの最強法則

西田文郎「ツキの最強法則―1日5分、7日で幸運がやってくる!」




 前向きなイメージ → 前向きな感情 → 前向きな思考



 なぜイメージングが大切なのか?

 「実は人間の脳というものはイメージしたものなのか、
  
  実際に経験したことなのかを判断できないものなのである。」


 「自分のイメージデザインを操ることができれば、

  誰もがなりたい自分になれる。」

  でも、操られている人はそうはいかない。

  「仕事に操られている人は、懸命に努力しても、振り回されてしまう。・・

   時間を操れない人は、無駄な時間をすごしてしまう。・・」

  大切なのは、他者を操ることではなく、自分を操ること。


 
 「肯定的錯覚」をする人になる

 「上司に、今月は売上10%伸ばせと言われたけれど、

  自分なら20%はイケる」


 「ツキの返報性」・・・「その人のいないところで、その人をほめる」習慣を持つ

  原因と結果は、すべて自分がまいた種である。



 人は「自分のために」だけでは頑張れない。「誰かのために」と思ったときに力を発揮できる。
 
 「一方思考」から「六方思考」へ

 ・お客さまがいて、自分がある
 ・上司がいて、自分がある
 ・部下がいて、自分がある
 ・取引先がいて、自分がある
 ・家族がいて、自分がある
 ・友人がいて、自分がある

 「感謝」しないと、自分で自分を苦しめてしまう。
 「感謝」していれば、脳は「不快」になることはない。




 この世を「ディズニーランド」と思う

  ジェットコースターのスリルも、お化け屋敷の恐怖も、楽しみのうち・・
 
 この世を「ロールプレイングゲーム」と思う
  
  困難な仕事も、顧客の要望や上司の突っ込みはすべてクリアし、

  次のステージにいくために必要なプレイ




<目次>
第1章 ツキと強運の原則はこれだ!
第2章 潜在意識を変えて「ツキ」を引き寄せる方法
第3章 ツイてる人はさらにツイてしまうスゴイ法則
第4章 ツイてる自分を作りあげる、最強の法則
第5章 人生が楽しくなる「最強思考」を身に付けよ!
第6章 実践編1 ツキがどんどんやってくるブレインシートの使い方
第7章 実践編2 1日5分、7日間で変わるイメージトレーニングCD
最終章 CDプログラム

PAGETOP