心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します! [ 心屋仁之助 ]
心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します! (王様文庫)

2013年刊





 心屋さんがカウンセリングしている人の共通点・・

≪その共通点とは、心がまるで「のら猫」のようにスネた状態になっている。

 いつもビクビクしながら生きていて、すべての場所に安心できず、仲間に入ることもない。

 いつもなにかを怖がって、隠れるように、目立たないように暮らしています。・・・≫


一方、

≪悩まない人は、人間関係がうまくいかなくても、パソコンが重くても、ブログにイヤなコメントを

 書かれても、売り上げが上がらなくても、クレームばかりでも、太りすぎても、悩みません。

 むしろその状況を楽しみ、乗り越えてゆくことができます。≫



そのように変わるためには・・

≪自分の「セルフイメージ」を変えると、人生の流れが変わる。≫


≪あなたは、自分が思っているようなダメなやつじゃないんだ。

 そう気づいたときから、人生は変わるのです。

 いや、マジやで。≫って(^^♪



 もっと「賢く自分本位」に生きてみる・・

≪自分が楽しんでいるか、自分が工夫しているか、自分が努力しているか、

 自分にできることをしているか。

 そして、自分を犠牲にすることで、相手に期待していないか。


 それが基本。≫



 「べき」の人生から解放される。

≪「べき」が外れた瞬間に、人生は大きく変わります。≫

 もう「べき」はやめる。




≪「しないといけない」と思ったら、「しなくてもいい」とつぶいてみてください。

 「してはいけない」と思ったら、「してもいい」とつぶやいてみてください。≫




 世界には、2つの世界がある。

 一つは、不安の世界、「ねばーランド」は、

 「~するべき」「~やらねば」という「義務」と「決まり」「恐怖」によって制限された、

 自由のないガチガチの世界・・地獄。

 もう一つは、安心の世界、「たいランド」は、

 「~したい」「~する」と自分の意志で選択していく「自由と責任の世界」。

 分かち合い、助け合い、たたえ合う心豊かな「優しさ」「安心」「喜び」「楽しみ」の世界。

 「ねばーランド」から「たいランド」へ行く!



 「見返り」を期待せず、

≪やりたいから、やる。

 やることが嬉しいから、やる。

 それだけです。≫




<目次>
はじめに──
心の中の“お悩み”が不思議なくらいスーッと消えていく本

1章 毎日をもっと「面白がって」生きるヒント

1 「悩み」って、こんなときにムクッと発生する
   人生の“途中経過”をじっくり味わおう

2 人生の流れが変わる!“衝撃の事実”
   あなたの魅力と実力には“フタ”がされていた!?

3 「自分って、もしかして便利屋!?」と思ったら
   がんばりが“空回り”している人、「報われない」人

4 損してもいい、だって損しないから
   「素直になる」って、こういうこと

2章 「性格」って、実はリフォームできるのです

3章 心にかけた「色めがね」を外す方法

4章 不安・イライラ・モヤモヤが消える“とっておき”の方法

18 「ねばーランド」から「たいランド」へGO!
   「義務&決まり」の世界と「自由&責任」の世界
   自分で選びとる(・・・・・・・)人生はいつでも楽しい

19 「○×でジャッジ!」の人生から足を洗う
   「ありがたいなぁ」の心が未来を拓く

20 どうせなら、もっと「虫のいいこと」を考えてみる
   「そんな気がしてた」が、かなうのはなぜ?

21 コンプレックスを「プラス方向」に生かすコツ
   「生き方がズレてきているよ」というサイン

22 「病気」になっても、「病人」にはなるな
   「もう、終わらせる」と決めるだけでいい

5章 「人づきあい」がもっと楽になるコツ

23 「なんとなく、嫌われてる気がする」それ本当?
   “心のシャッター”だけは開けておこう

24 もっと人に甘えても「バチはあたらない」
   そんなに歯を食いしばらなくてもいい

25 「嫌われてもいい」と開き直ると、なぜか好かれる
   「ハートをオープンにする」って、こういうこと

26 「執着」と「こだわり」って、どう違う?
   「やりたいから、やる」──このシンプルさが大切

27 「あなたのためだから」は偽善!?
   実は全部“わたしのため”だった!?

28 相手の“欠点”ばかり目に飛び込んでくるときは──
   「いいね!」ボタンを押せないのはなぜ?

29 苦手な人、嫌いな人こそ「人生の師匠」
   自分の“可能性”を広げてくれるのは、こんな人


6章 「折れない・くじけない」心を育てる

30 「感情」を隠していると“ろくなことがない”!?
   感情は“ぶつける”のではなく、ただ“出す”
   泣き言、文句を吐き出したら“お口直し”にこの一言

31 自分に“不思議な奇跡”が起きる質問
   あなたの「怖くてやっていないこと」って、なに?

32 この言葉がつぶやけたら、悩みから“卒業”です
   「ま、いっか」──問題が問題でなくなる瞬間

33 「わたしがそうしたいと思った」──これが一番大切
   人との調和も、周囲の評価も「知ったこっちゃない」!?

34 「面白くなってきた!」と思えば気持ちも復活
   しんどい経験も「いい話のネタができた!」

35 “つら~い過去”があるおかげで(・・・・)「今の自分」がいる
   「未来」に光がサーッと差し込むこんな“視点”

36 “苦労なんてしてない顔”で生きていく!
   「今、どうなのか」とは「これまで、なにをしてきたか」ということ
   ひょうひょうと生きよう、カラリといこう!

7章 一歩進めば「見える世界」が変わる!

37 「言い訳」している間にさっさとやる
   結局、人生は「やるか、やらないか」

38 「小さなこと」ほど、あなどれない
   「勇気&挑戦」の人生か、「逃げ&無難」の人生か

39 “ハングリーロケット”を切り離すときがきた!
   それは“年貢の納めどき”のサイン

40 自分は「なにに、なりたい」のか?
   「与えられた常識」は脇へ置いて考える

41 どんなことでも「自分で決めていい」
   「正解」や「ご神託」より“こっち”を選ぼう

42 あなたの「お役目」って、なんだろう?
   成功者=たくさんの人を喜ばせた人
   どんな役割も「はい、喜んで」とやってみる

43 “心をゆるめる”と自分だけの花が咲く
   「世間」とか「常識」の逆をいってもいいんだ


おわりに……
「実は、今が幸せかも」と思えたらサイコー!
スポンサーサイト

「心が凹んだとき」に読む本 [ 心屋仁之助 ]
心屋仁之助「心が凹んだとき」に読む本 (王様文庫)

2011年刊





 自力だけでなく、「他力」も使う。

≪自分が努力することはもちろん、まわりの人とのご縁や、

 もっと大きな見えない何か(仏教では仏さま)にすべてを「ゆだねた」ときに、

 はじめて幸せになれる≫

 自分でできることは、頑張ればいい。それと同時に、

≪「他力」つまり他から助けてもらう力に、感謝する。≫



 
 ジョハリの窓・・自分の知らない「自分」を知る。

≪あなたの「隠しておきたい欠点」を見せてくれるのが、あなたが嫌いな人。

 あなたの「気づいていない魅力や才能」を見せてくれるのが、好きな人や憧れる人。

 どちらも、「私にはない」と思っているものが「あるんだよ」と教えてくれている≫




気持ちがしぼんだときに効く、「とっておきの呪文」・・

 「私には、ない」から、「私には、ある」へ変換するために、

 「かも」をつけてみる。


 「私には、魅力がある」→「私には、魅力がある、かも」

 「私には、能力がある」→「私には、能力がある、かも」

 「私には、愛情がある」→「私には、愛情がある、かも」

 「私には、価値がある」→「私には、価値がある、かも」

 ・・すると、自分の心が、無意識のうちに、その証拠を集め始める。





「ラッキーを次々呼び込む方法」・・

 小さな「ラッキー」に気づいたら、

 大喜びし、空に向かって感謝することを心がける。

 ・・騙されたと思って、やってみる。なんか知らんけど、ラッキーになっている。





「ふと思った」ことは、神様からのメッセージ・・

 だから、

≪ふと、気になったら、いつもと違う道を行く。

 ふと、気になったら、連絡してみる。

 ふと、気になったら、行動する。≫





<目次>
はじめに……
折れない、くじけない、へこたれない──
自分の心と未来が“明るくなる”習慣!

1章
「ほっ」と、前向きになれる
「心のへこみ」がまるくなるヒント
   ・ まずは自分に(・・・)“ほめ言葉”のプレゼント
   ・“幸せ力”を高める方法
   ・「苦手な人」が教えてくれること
   ・「なんで、わかってくれないの?」のイライラを吹き消すには
   ・「悩み」の9割は、こんなトコロにあった
   ・ まずは「自分」を疑ってみよう
   ・“ラッキー体質”になるコツ

2章
あれこれ考えるより、“自然体”が一番
「ありのままの自分」を素直に出すには?
   ・“ラベル”を貼り替えるだけで「中身」もよく見える
   ・「自分のことを粗末にする」実験
   ・ 気持ちがしぼんだときに効く“とっておきの呪文”
   ・「笑われてもいい」と開き直ると、笑われない
   ・「欲求不満」のメカニズム
   ・ 人生をつまらなくする簡単な方法
   ・「負けを認める」から強くなれる
   ・ あなたの「記憶」は“ねつ造”されている!?

3章
ストレス知らずでハッピーに
“気持ちがつながる”とっておきの心理術
   ・ これが“相談件数ナンバー1”の「悩みごと」です
   ・“戦闘態勢”の相手を一瞬で武装解除させるコツ
   ・ この「一言」が言えないから、こじれる
   ・「与えすぎる」と受け取れない
   ・ 結婚相手には“天敵”を選べ!?

4章
「イライラ」「ムカッ」……をあっさり解消
「怒らないコツ」、お伝えします
   ・ あの人にイライラするのは「心の古傷」がうずき出すから
   ・ ダイエットと「ショートケーキの法則」
   ・ なぜか自分の周りに「悪いヤツ」が集まってくる理由
   ・「わけもなく」冷たくされるのには「わけ」がある
   ・「ダメな人」ほど人に好かれる謎
   ・「心が飢えてる」から怒るんだ

5章
あせらず、あわてず、ていねいに
「心の大そうじ」で気持ちすっきり
   ・“感情のザワつき”をスーッとしずめる法
   ・ 病気も悩みも“元”から断たなきゃダメ
   ・「服」を見れば「心」が読める?
   ・「悪いこと」が起きたときの対処法

6章
心の芯から癒される
「なんだか、疲れた~」ときに効く言葉
   ・「めんどくさいこと」に、あえて心を込めてみる
   ・ 種をまいて育てたから、実がなった
   ・ おだやかな人ほど「呼吸」が深い
   ・「妄想力」のある人ほどハッピーに生きられる
   ・「どっちの道を選ぶか」迷ったときの考え方

7章
気分よく生きると、「いいこと」続々!
明日がもっと楽しみになる「心の習慣」

すりへらない心をつくるシンプルな習慣 朝日新書 / 心屋仁之助 【新書】
心屋仁之助「すりへらない心をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)

朝日新聞出版

2012年刊





≪「心をすりへらしてしまう人」というのは、

 「やりたいこと」より

 「やらなきゃいけないこと」を優先してしまう人といったほうがいいかもしれません。≫


 他人の「やりたい」「やるべき」ことを優先した結果、

 自分をすりへらしてしまう。


 でも、≪他人の「やりたい」「やるべき」ことを≫支援する対価として、
 お金をもらうのが「仕事」なのでは・・と思ったりもするのですが、
 なぜ見直す必要があるのか・・

 それは、

「飲み込みすぎると、自分の思っていること、感じていることがわからなくなる」から。


 だから、

 「自分は、本当はどんなことがしたいのか?」

と問うてみることが大切になります。


 すりへらない大切なたった一つのこと・・
 
≪心がすりへらないために一番大切なことがあります。

 それが「ちゃんと言う」ということです。≫

≪言葉を飲み込むたびに「我慢」が発生します。

 「ストレス=我慢=言いことことを言ってない」なのです。

 それが、心をすりへらす。≫

だから、

≪「ちゃんと言う勇気」、それだけが、人生を変えていくのです。≫


≪ちゃんと言うと、世界が変わる。≫




 ところで、

 自分の性格がイヤで、自分自身のことが嫌いな人へのアドバイス・・

≪あなたの「性格」は、過去にあなたが体験した、つらいこと、苦しいこと、イヤなこと、

 痛いことそれらを、あなたにもう一度体験させないように守ってくれた

 「プログラム」なんです。≫

≪プログラムの中には、「小さいころは必要だった」けれども、

 「大人になった今となっては必要ない」プログラムがあるのです。≫

 ・・必要なくなったプログラムは、アンインストールしよう。





<目次>
1章 なぜ、心がすりへってしまうのか?
2章 職場の人間関係に少し疲れたときは
3章 嫌いな人、苦手な人がいる場合
4章 自分の性格がほとほとイヤになったとき
5章 何もかもうまくいかない状態の処方箋
6章 たった一言でも、すりへった心は満たされる
7章 心をすりへらさないで生きるために大切なこと

心屋仁之助のなんか知らんけど人生がうまくいく話 [ 心屋仁之助 ]
心屋仁之助のなんか知らんけど人生がうまくいく話 (王様文庫)

三笠書房

2015年刊






 相手を許せない人は、実は「自分を許せない」人です。

 ・・ひどいことをされた、「そのときの自分」を許していない。

 このことに気づき、「自分を許す」ことで、人生が「パッカーン」と開けていく。



 許すことは、「損してやる」という「覚悟」をすること。


 一度「損してやる」と心を「開いた」ら、自分の周りには

 愛情がある、ということに気づける。

 そのための「損してやる」勇気を持つ。




 周りの人に、「なんかムカつく」と思う時は、

 自分で「自分の本音」に気づいていないというサインである。

 そんな時は、相手としっかり「向き合う」と、

 心の縛りが解けて、自由な自分を感じられるようになる。




 「仕事より家庭を優先する」ためには・・

 まず、「疲れてくたくたになるまで働かない」こと。

 「がんばって働く」ことに逃げない。



 
 ・・そうしていれば、

 なんか知らんけど、うまくいく(^^♪
 




<目次>
1章 人生がパッカーンと開けていく話―何があっても「受け止める」と別次元にワープできる
(まずは「自分を許す」
あの人のこと「見張ってる」と疲れるよ ほか)
2章 「ま、いっか」と心が広くなる話―「結婚&あの人とのあれこれ」が教えてくれること
(あの人は「自分の本音」を映す鏡
凸凹している二人だから、助け合える ほか)
3章 人生から「問題」が消えていく話―「子育て」の悩みからあぶり出される真実
(どんな悩みも「根っこ」は一緒
“あの人の目”を気にしないでも大丈夫 ほか)
4章 「気にしない」ほうがうまくいく話―それ、全部「気のせい」かもよ
(「後ろめたい気持ち」の正体
「都合の悪いこと」はあっけらかんと見せればいい ほか)
5章 「好きなこと」だけ、やっていく話―そのために「一番イヤなこと」を通り越していく
(プールで泳いでいても豪華客船はやってこない
夢中になると「ひらひら楽しく」生きられる ほか)

人間関係が「しんどい」と思ったら読む本【電子書籍】[ 心屋 仁之助 ]
心屋仁之助「人間関係が「しんどい」と思ったら読む本」

中経出版

2009年刊




≪人間関係が「しんどい!」あなたへ。

 僕も「しんどい」と思っていました。
 
 でも、変われます。≫



 人間関係が「しんどい」と感じるタイプには2通りある。

 1つは、自分の言動に困っている人。

 もう1つは、他人の言動に困っている人。

 
 一見異なるようにみえますが、「どちらも、自分の中に問題がある」ということ。


≪「あなた」が、「他人の言動に問題を感じる」ということは

 「あなたの中」に反応している「何か」があるのです。≫

だから、

≪他人の言動に問題を感じるときも、結局は自分の言動に問題を感じるときと

 根っこは同じです。

 どちらも根っこは自分の中にある。

 根っこは同じ花粉症なのです。≫

 ・・花粉症のたとえ、いいですね(^^♪




「”自分が正しい”の間違いに気づく」・・

「相手は、あなたが変えようと思っても変わりません。

 でも、ご自分が変わることで”困らなくなる”のです」



「やるまでなくならない”夏休みの宿題の法則”」・・

 宿題は自分がやるまで終わらない。

 大人にとっての宿題の一つは、人間関係・・

「だから、人生の宿題は早めに終わらせよう」

 
 宿題を残しままにしていると、テストができない。 

≪自分にとっての困難な出来事、苦手だと感じることが常にやってきます。

 これが「人生のテスト」の「問題」です。・・

 問題が起きるときは、人生の昇級テストの時期、

 自分の今までの人生をもう一度振り返り、やり残したこと、

 逃げてきたことに取り組み直すことで、次のステージに進めるのかもしれませんね。≫






<目次>
1章 人間関係が「しんどい!」あなたへ
(人間関係の悩みにはツボがあるーイヤなことに反応してしまう“花粉の法則”
 本当の問題は、実はあなたの中にーよく考えてみたら元は一つ“根っこは同じの法則” ほか)
2章 「なんだか不安」「どうしよう」自分がダメだと思うあなたへ
(素のままのほうが、ラクに生きられるー自分の張りぼてが成長を止める、“カツラの法則”
“今まで”と“今”をいっしょにしないー将来が不安になる“ネガティブ慣性の法則” ほか)
3章 「なぜかムカつく」「イライラする」他人が許せないあなたへ
(意地を張ると、「本当の気持ち」を見失うー疲れ果てて苦しくなる“岩と旅人の法則”
 あなたの「ふつう」や「べき」を手放そうー相手と話が通じない理由がわかる“地図の法則” ほか)
4章 自分も他人もイヤになって苦しいあなたへ
(似たようなところで人はつまずくー自分の壁を突破できない“トラウマラインの法則”
 心の初期設定を見直してみようー自分が思うように動けない“パソコン初期設定の法則” ほか)
5章 人間関係の「しんどい!」を積み重ねない習慣
(ありがとうといってみるー「もっている」のに「もっていない」と思い込む“ギャンブルの法則”
 時々は、ちゃんと「毒をはく」-いい言葉を使うことで悪いことが起きる“ウソつきいい人の法則” ほか)

PAGETOP