小さなことを大きな愛でやろう

リチャード・カールソン&ベンジャミン・シールド 編

訳 小谷 啓子

PHP研究所

1999年刊



 ディーパック・チョプラ「人に与えれば与えるほど心の影響になる」

≪みなさんへのわたしのいちばんのアドバイスはこれです。

 誰かと会うときには、「この人に何をあげられるんだろう?」と自分に

 問いかけることです。

 見返りは気にせず、その人に自分がしてあげられることだけに注意を払ってください。

 たったそれだけでいいのです。・・

 形のないものでもかまいません。あげられるものは何かしらあり、

 与えるという行為にはいつも力があります。

 気のきいた言葉をかけてあげたり、言葉に出さなくても、相手に幸福や、

 何かいいことを祈ってあげるのもいいでしょう、祝福してあげたり、やさしい気持ちを

 伝えたい、無言の祈りを捧げたいと考えるだけでも、人への影響力になります。


 意識的に、意図的に人生に愛をもたらし、人生を愛で満たすことを始めたら、

 あなたは身の回りで軌跡を目撃しはじめるでしょう。≫





<目次>
第1章 ささやかなことが大きな違いになる
(弱気にならなければ、この人生も素晴らしい
ここから抜け出せば、いいことだけが待っている
壁を乗り越えるために助けになること ほか)
第2章 正しさよりも幸せを選ぼう
(幸せはいつも何かの副産物
シンプルなもののなかにある大切なこと
明日のことに心をわずらわされるな ほか)
第3章 人生に奇跡を起こすチャンス
(何かを変えるたびに、あなたはもっと幸せになる
わたしは愛すべき人間。人生にも愛されている
心を開く歓び、受け入れる歓び ほか)
第4章 いちばん大切なことに、時間を使おう
(ありのままでいるほうが何倍もいい
いちばん大切なことに、時間を使おう
恋に落ちるための処方箋 ほか)
スポンサーサイト

リチャード・カールソンの“くよくよするな”ブックス―プレーにストレスを感じるゴルファーのために

ドントスウェットプレス編集部

訳 鈴木 玲子

扶桑社

2003年刊



65 一回のストロークを大切に

 苦手ホールを前にした時の心得・・

≪そのホールをプレーする上で必要な集中力を取り戻すために、一回につきひとつのストロークのことだけを

 考えましょう。

 おそらく、苦手なホールに向かっているとき、あなたはすでに前にそこでプレーしたときのことを思いだして

 いませんか。

 それなら、心の中で「あのときはあのとき。今は今。今日はまったく別の日なのだから。

 新たに最初のストロークからやり直すんだ」と言い聞かせ、意図的に悪い印象を切り捨てましょう。

 そうすれば、あなたの集中力はこれから打つ最初のストロークをどうするかということだけに向かうでしょう。≫




68 集中力を持続させる

≪「集中している」という言葉は、まさに気持ちの焦点がひとつのところに集まっている状態を意味します。

 「集中している」ときには、肉体的にも精神的にも、非常に望ましいバランスが取れた状態にあります。

 ふつうの生活の中でも、そのような「肉体的にも精神的にもバランスの取れた状態」にあるときには、

 どんな緊急事態にもあわてることなく、冷静に落ち着いて対処できるはずです。≫


≪ゴルフにおいても生活面においても、「集中している」状態とは、結局、次のことにつきると言えるでしょう。

 すなわち、「今という瞬間に全神経を傾ける」ということです。

 先のことを心配したり、過去に犯したミスを引きずったりするのは、

 どちらも「今という瞬間に全神経を傾ける」ことにはなりません。

 それでは、ゴルフをやっても、うまくいくはずがないのです。

 集中力が散漫になり、肉体的には筋肉がこわばって、動きが固くなります。


 そこで集中している状態に戻ることができれば、精神面でも落ち着くと同時に、

 自然に身体もリラックスしてきます。≫

≪つねに「今という瞬間に全神経を傾ける」集中力の維持とは、ある意味で禅の精神にも共通する部分があります。≫

≪次のホールをどうしようかなどと考えてはいけません。

 また、前のホールの失敗にくよくよしていてはいけません。

 ただひたすら、「今という瞬間に全神経を傾ける」のです。≫




72 どんなひどいラウンドも、いつかは終わる

≪ゴルファーなら覚えておいても損はない、ある古い格言があります。

 「これもまた、いつかは終わる」≫

≪何もかもうまくいかないラウンドで、腹立たしさといらだちと挫折感でボロボロになったときなど、

 これほど救いとなる言葉はありません。≫

≪ラウンドにはスタートがあり、そして、いずれ終わります。

 その間、すばらしいプレーもあるでしょうし、惨憺たるプレーもあることでしょう。≫


≪思えば、人生も同じです。

 新しい季節はめぐり、やがて去ります。

 あなたもこれまで、喜びも哀しみも、苦しいときも晴れがましい成功のときも、

 楽しさも心の傷も、すべて通りすぎてきたはずです。

 改めて振り返ってみれば、ものごとはつねに変わりつづけていると気づくはずです。

 要は、問題にぶつかって苦しいときに、この変化のサイクルを思いだせるかどうかです。≫

 ・・第1ホールで、10打の大叩きをした日も、

 客先で始業前に待機しクレームを受けた日も、確かに絶対「終わり」ます(^^♪
 
 







<目次>
所詮は「ただの遊び」
同伴者のプレーを辛口批評しない
スコアがすべてではない
誰もが最初は初心者だった
まわりのことなど、気にしない
駄目なときには笑い飛ばそう
全ホールの結果報告はやめておく
風に立ち向かおう
ラウンド前の練習では、テンポとリズムだけに集中
ボールは止まったところから打つ〔ほか〕

リチャード・カールソン「それでも!小さいことにくよくよするな!」

訳 小沢 瑞穂

サンマーク出版

2008年刊




≪本書は、わがままで、気にさわり、非道で、意地きたない、なんでもほしがる強欲かつ意地悪な相手に対し、

 どのように対処したらよいのかを実践的に紹介する。≫




03 刑事コロンボに学ぶ「ひょうひょう作戦」

≪タバコは別として、私たちも刑事コロンボを見習うことはできる。
 
 相手にイライラさせられたら、困ってしまえばいい。

 ガックリくるよりも、自然に反応する。そして落ち着きを取り戻してから、刑事コロンボのように

 目の前の状況に関心をもてばいい。≫






19 『レット・イット・ビー』の心境になる

≪私はもう二十年以上も瞑想を続けている。

 人生でもっとも大切なことのひとつとまでは言わないが、人間関係のいざこざから身を守る、

 最高の防御法と言えるかもしれない。

 とくに、これから気むずかしい人と会うことになっているときは、ききめがある。

 瞑想すると集中力が高まり、穏やかになって内面の調和がとれているのを感じる。≫


≪私は、かつていざこざがあった人に会う前には、必ず瞑想することにしている。

 そうすることで穏やかな心境になり、どんな相手とでも、どんな状況でもうまくやれるという

 自信がわいてくる。≫



<目次>
押しつけはハネ返せ!
奇人・変人は避けるにかぎる
刑事コロンボに学ぶ「ひょうひょう作戦」
「恨みのシチュー」を煮込まない
「目には目を」では始まらない
唇には歌を、心には太陽を
「ムカツクやつら」に乗っ取られるな!
「ケンカのボール」は打ち返さない
連休中の運転は慎重に
「チャッカリ親せき」に負けるな!〔ほか〕

リチャード・カールソン「小さいことにくよくよするな!(3)仕事はこんなに、楽しめる」

訳 小沢 瑞穂

サンマーク出版

2000年刊






006 忙しがるな!

≪多忙自慢とは、忙しさや働きすぎを他人に吹聴すること。

 それもちょっと口がすべった程度でなく、会話のメインテーマとしてだ。≫
 
 ・・睡眠不足自慢も同様。


≪多忙自慢は、働くほとんどすべての人がかかっている病気のようなものだ。≫


≪多忙自慢は百害あって一利なし。

 忙しいなら、さっさと仕事に戻ろう。

 他人にそんな話をしても、ストレスはつのるばかり、

 あなたもどんどんつまらない人になってしまう。≫




010 「死んでしまったら、仕事はできない」

≪これを覚えていれば、人生の判断を誤ることはない。

 「エクササイズする時間がない」と言う人が多いが、

 正しくは「エクササイズをしないでいる場合じゃない」だろう。

 健康や快適な暮らしが基盤になければ、仕事も何もあったものではない。

 長い目で見れば、病気になるマイナスにくらべて自己管理にかかる時間など

 たいしたものではない。≫




042 あたふたしても仕事は進まない

≪多くの人にとって、スピードには「速く」と「もっと速く」の二種類しかない。≫

 でも、始終バタバタとあわただしくしている状態では、何にも集中できない。

 効率よりも効果の方がより大切である。

≪私は十年前にくらべると仕事のスピードは半分ほどに落としている。

 ところが、こなしている量はほとんど二倍!


 あなたも冷静になりさえすれば、驚くほどの仕事量をこなせるようになる。

 そして、もっと大切なことだが、大急ぎでやっていたときより、

 はるかに楽しんでできるようになる。≫




<目次>
仕事は思いきって楽しもう
コントロール癖にご用心
競争のワナにはまるな!
締め切りにオロオロしない
「電話なしタイム」をつくる
忙しがるな!
退屈な会議も使いよう
「疲れる」と思うだけで疲れる
お役所仕事は消えてはくれない
「死んでしまったら、仕事はできない」〔ほか〕

リチャード・カールソン「小さいことにくよくよするな!(2)まず、家族からはじめよう」(サンマーク文庫)

訳 小沢瑞穂

2000年刊





009 家の手入れは橋のペンキ塗りと同じ

≪ある建築家からサンフランシスコのゴールデン・ゲート・ブリッジの維持管理の話を聞いたとき、

 私はじつに驚いた。

 彼によると、この橋は一年を通じて毎日ペンキが塗られているという。

 つまり、ようやく塗り終えたとたんに次のペンキ塗りが始まるのだ。

 とぎれのない継続作業。

 つねにそうしていないと、橋の修理に莫大な費用がかかるという。≫

 ・・家の手入れも同じだし、人間関係もシステムも同じだと思います(*_*;





063 じっと静かに座っている

≪私たちは忙しさに取りまぎれて、ただじっと座っていることのすばらしさを忘れがちだ。

 じつは、これこそ単純な快楽なのだ。

 忙しさや責任の多さに関係なく、一日に数分はなにもしない時間をとれるはずだ。

 それができれば、じつに貴重な経験が味わえる。

 じっとしている数分間は心身をリラックスさせて充電するチャンスだ。

 意識の覚醒と内省の機会、インスピレーションを呼びさます機会でもある。

 忙しすぎるとつい機械的に反応し、イライラしてしまう。

 だが数分ほどじっとしていると最初からやり直そうという気になれる。

 頭をからっぽにしてじっと座っていると、問題の答えが自然にわいてくる。

 どういうわけか、じっと座っていることは、知恵と洞察の神経系統をなめらかにする作用があるようだ。≫





<目次>
前向きな気分環境をつくる
十分間の余裕をみる
ハッピーな配偶者はあなたの味方
いまの瞬間を生きる子供に学ぶ
身の保全より心の保全
たまにはキレてもいい
相手の話を聞く
きょうだいゲンカは放っておく
家の手入れは橋のペンキ塗りと同じ
電話に出ない〔ほか〕

PAGETOP