170725001.jpg

先日、武漢での下期キックオフがあった際の懇親会場は、

金谷国际酒店 (Jingu International Hotel)でした。

170725003.jpg
170725002.jpg

170725004.jpg
170725005.jpg
スポンサーサイト
170721101.jpg
170721102.jpg

 先週、武漢に出張した際、午前中の打ち合わせが早めに終わり、お昼休みを使うと2時間ほど時間ができたので、

 黄鶴楼に行ってきました。

170721103.jpg
170721104.jpg
170721105.jpg
170721106.jpg
170721107.jpg

 武漢随一の名勝地であり、中国の『江南三大名楼』のひとつ。

 ウィキペディアによると、
≪三国時代の223年、呉の孫権によって軍事目的の物見櫓として建築されたが、後には主に観光目的の楼閣になった。
 唐の永泰元年(765年)に書かれた閻伯瑾「黄鶴楼記」に楼閣の盛大な様子を記している。

 黄鶴楼は幾度も焼失と再建が繰り返された。清の光緒10年(1884年)の火事で失われた後は、
 火の見櫓が建っていたらしいが、1955年に武漢長江大橋の建設のために取り壊された。≫ 
 
 ・・ので、現在のものは、新しいもの。ですが、再建したものも、歴史的建造物・・ということになっています((+_+))

170721108.jpg
170721109.jpg

170721110.jpg
170721111.jpg
170721112.jpg
170721113.jpg
170721114.jpg
170721115.jpg
170721116.jpg
170721117.jpg
170721118.jpg
170721120.jpg
170721121.jpg
170721122.jpg

170721123.jpg
170721124.jpg
170721125.jpg
170721126.jpg

 一緒につきあってくれたのは、7月に入ったばかりの新人さんでしたが、
 
 赤壁出身にもかかわらず、黄鶴楼は初めて、とのこと。

 理由を聞くと、「人工物には興味ありません。今度一緒に、植物園にいきましょう」って((+_+))

170721127.jpg
170721128.jpg
 
170621500.jpg

ザニガニを食べた後、光谷の周辺を散策・・

170621501.jpg
170621502.jpg

スイカ・・
170621503.jpg

170621504.jpg
170621505.jpg
170621506.jpg
170621507.jpg

武漢市・・市といいながら大きさは8500平方キロなので、広島県と同じ大きさ。
ここに1070万人が住んでいます。

空港から光谷までは、地下鉄がつながっていますが、
そこからソフトパークまでの約4キロはつながっていません。
もともと湿地帯という環境と、既存の工場の反対で、建設計画さえないようです。
そのため、すし詰めのバスか、それがいやなら、モバイク。
モバイク利用すると15分で着くので利用する人、多いです。

170621508.jpg
170621509.jpg
170621510.jpg
170621101.jpg
170621102.jpg
170621103.jpg
170621104.jpg

 武漢名物といえば、ザリガニ・・

 光谷には、ずらっとザリガニ料理の店が並んでいました。

170621106.jpg

 店の前で、ザリガニを洗っていました。

 ・・直球勝負のアメリカザリガニでした!!!

170621105.jpg

 連れて行っていただいのは、靓靓蒸虾でしたが、

 ここは大人気店でした。
170621107.jpg
 
170621108.jpg
170621109.jpg

170621110.jpg
170621111.jpg
170621112.jpg

ザリガニの子ども・・
170621113.jpg

170621114.jpg

いよいよザリガニ・・
170621115.jpg
170621116.jpg

170621117.jpg
170621118.jpg
170621119.jpg
170621001.jpg

 今週初めて、武漢に出張。

 これから月2回のペースなので、年内13回ほど行くことになります。

 11時に武漢空港につき、タクシーで光谷方面のソフトパークへ移動する。
  
 12時ちょうどにオフィスに到着する。

170621002.jpg
170621003.jpg
170621004.jpg

 オフィスビルの目の前にある餃子屋さんで食事、

 ここは水餃子だけでなく、焼餃子もあるので、日本人には人気なんだとか。

 ・・中国の人の焼き餃子を食べないのか、聞いてみる。

 食べるけれど、水餃子を楽しんだ翌日に余った水餃子を焼いて食べる、といいます。

 つまり、焼き餃子は余りものでした???
170621006.jpg

 
 隣のお店から、熱乾麺(ねつかんめん)を買ってきてもらいました。
(別のお店のものを食べてもOKなので、おおらかですね~)
170621007.jpg

 小さいもので、4元。安くて美味しい(^^♪

  
 日本の王将で、ラーメン&チャーハン&餃子セットを食べることが多いのですが、

 これも中国の人にとってはあり得ない組み合わせです。

 全部ご飯で、おかずがないから。

 ・・なんて、些細なことも、まだまだ知らないのでした。

170621005.jpg

PAGETOP