和田秀樹「学者は平気でウソをつく」(新潮新書)

2016年刊




≪日本人の多くは、学問について大事なことを見落としています。

 ひとつは、どんな学説もいずれ更新される、ということです。≫

 たとえば、ニュートン力学が200年後、アインシュタインの相対性理論によって修正されたように、

 どんな学説も未来永劫通用するわけではない。

≪あらゆる学問領域におけるあらゆる理論は暫定的なものに過ぎず、

 いつかは塗り替えられる運命にあるのです。≫

≪もうひとつは、多くの学問が、人間には個体差があることを念頭においていない、ということです。

 人間は一人ひとり違っているというのは当然のことですが、その常識が学問の世界では通用しません。

 ほとんどの学問が、人間はみな同じで個体差はない、という不可思議な前提の上に成り立ってきたからです。≫

 自然現象を扱う物理学や科学ならば、個体差を意識する必要なないでしょうが、

 医学のような人間を対象にした学問でも、経済学においても、ありえない前提がまかり通っている。



≪・・実のところ、あらゆる学問において大切なのは、新しい仮説を生み出すことです。

 それこそが学問の本来の姿です。

 つまり学問だから真実だ、学者の言うことは正しい、と無条件に信じるのであれば、

 それは宗教と変わりません。

 学者の仕事とは、本来、既存の理論を覆す、あるいは発展させるために研究するものだと思います。≫




 米国においては、教授というポストは、これから本格的に研究に取り組もうという若い人に与えられるポスト

 であり、スタートラインです。

 これに対して、日本では、「あがり」のポストだから、そこから新しい理論を発展させるような人が少なく、

 絶対的な発言権を持つ「教祖様」になってしまう。そのため、日本では学問が宗教化しやすい。



 
 最近の若い人のように、

「専門家や学者は信用できない。新聞もテレビもウソばかり。ネットにこそ真実がある」
 
 というのも間違い。単に「学問教」が「ネット教」に宗旨替えしたに過ぎない。

 かといって、「結局は自分の体験と、信用できる人の話が一番だ」というのも、体験至上主義とも

 いえる別種の教義にすぎない。己の限られた体験を過大に評価してもろくなことはない。


 様々な意見や、色んな人の話、自分自身の多様な経験など、あらゆる情報を総合して戦略を立てること。

 旺盛な好奇心と健全な猜疑心を持つことが、賢く生きていくための思考法ではないか。
 



<目次>
はじめに

改竄の心理学/学問と宗教/学問という幻想/森鴎外の失敗/あらゆる学説は仮説である/変節漢でいい/教授は“あがり”のポストではない

一章 医者を信じると損をする――医学のウソ

カッコーの巣の上で/一〇年で飛躍的に進歩した乳がん治療/切らなくていいがんもある/根拠に基づく医療/長寿でも老人医療費が低い長野県/新薬よりも旧薬のほうが安全/進化するジェネリック/コレステロール値は高くてもいい/欧米の健康常識は日本人に通用しない/疫学調査とフレンチ・パラドックス/降圧剤を飲んでも一〇〇人に六人は脳卒中に/検査値に一喜一憂するな/小太りのほうが長生きする/誰にでも同じ治療でいいのか?/漢方薬を西洋医学的に処方してしまう日本の病院/ゲノム医療と東洋医学/たくさんの薬を飲むと副作用が出やすくなる/専門医の時代から総合診療医の時代へ/再生医療が医療を変える/苦痛を与える予防医療/なんのための我慢か/自分の人生は自分でコントロールしたい

二章 人の心なんかわからない――精神分析のウソ

母親は悪者か/洗脳を解いてくれたアメリカ留学/治療者が患者を「操作」する/積極的にモデルチェンジをはかったフロイト/「共感」を用いて成果を上げたコフート/患者が変われば理論も変わる/成功者のための精神分析/時代を先取りした森田療法/トラウマは思い出させるな/過去は肯定的にとらえたほうがいい/認知行動療法の時代/雅子さまの治療/治療者はそんなにえらいのか/信じる者は救われる?/人の心はそれぞれ違う

三章 「心の病」はころころ変わる――精神医学のウソ

マニュアルで診断できるようになった「心の病」/精神医学の業界標準/診断名を変えても差別はなくならない/患者の話を聞かない精神科医/五分間診療がなくならない理由/心の病は画像でわかるのか/効く薬、効く理由/うつに薬が使えなくなった?/成果の出ない試行錯誤/一九九五年は“トラウマ元年”/「新型うつ」という病気はあるか/テレビドクターの罪/心理占いの域を出ない「病気」/脳科学は基本的に仮説

四章 経済学者にカネを扱う資格はあるのか――文系学問メッタ切り

経済学はどこまで信じられるか/人が持っている情報はそれぞれ異なる/人は合理的には行動しない/LTCM事件で露呈した経済学者の甘さ/経済政策を学者に頼る愚/減税すれば景気は上昇するのか?/日本の経済学者は金持ちの味方/規制緩和という聖域/名経営者をぞんざいに扱う日本の大学/社会問題になったアメリカのゆとり教育/教育現場を知らない教育学者たち/数学者の罪とノーベル賞信仰/ゆとり教育の信者による大学入試改革/統計だけで社会は語れない/何でも自明の理のごとく語る社会学者/成果なくして格式の高い法学者/「審議会」の正体/学問を疑え

おわりに
スポンサーサイト


和田秀樹「すぐ動く人」は悩まない!

海竜社

2016年刊



 悩んだことのない人はいない。

≪ただ、精神科医になって、非常に勉強になったことは、多くの心の病を抱える人というのは、

 悩み方が度を越していたり、悩みからあまりに抜けにくかったり、

 あるいは、悩むべき方向性が間違っているということです。≫

 みなさん、くれぐれも「悩み方を間違えないように!」

 とアドバイスされています。


≪悩んでいるだけでは何も変わらない≫

≪「悩む人」より「動く人」になるほうが得るものも多いでしょうし、

 悩んでばかりいて動けなければ、事態は何も変わらず、より悩みが深くなってしまいます。≫



 ここで、ちょっと振り返り。

 人はなぜ悩むのか?

1.将来に希望があるから悩む

  希望があるからこそ、病気を恐れ、死に恐怖を感じて、悩む。

2.「なりたい自分」があるから悩む
 
3.悩めばなんとかなる、と思うから悩む。

4.「かくあるべし」という意識が悩みを生む

 つまり、悩むことは、悪いことばかりではなく、
 
 むしろ、よいことでもある。

≪問題になるのは、どう悩むかという、悩み方です。≫
 
 たとえば、悩む時間が長すぎる、のは、良い結果に結びつかない悪い悩み方です。

≪どんな悩み方をするかで、みなさんの人生は変わります。≫



 悪い悩み方・・

・解決できないことを悩むこと

・「過去」を悩むこと

・変えられないことを悩むこと

・行動できないことで悩むこと


 だから、

≪変えられるか、変えられないか。

 動けるか、動けないか。

 この二つは悩みを選別する重要なポイントです。≫


 悩みが心の中に入ってきたら、

 まずこの二つのふるいにかけてみる。

 無用な悩みにとらわれないことの工夫になる。





 人間関係のなかの大きな錯覚・・

 それは、人の気持ちは変えられる、という思い込み。

 それは思い上がり。

 だから、人の評価はそう易々と変わらない。

≪解決できないということを前提にする≫

≪そのうえで、評価を変えるためにできることがあったら、

 コツコツとやっていけばいいのです。≫ 




 そして、

≪いつまでも悩まないよう、悩みに期限をつける≫

 最後に、

≪悩みさえ解決すれば、すべてがうまくいくわけではない≫

≪悩みの解決は、多くの場合、「手段」を手に入れたということにすぎないのです。≫





<目次>
序章 わたしたちは悩まずには生きていけない
第1章 「変えられないこと」で悩むのは時間の無駄
第2章 行動するだけで悩みは軽くなる
第3章 「この人しかいない」という思いを捨てる
第4章 「解決できないこと」を認めれば、改善策が見つかる
第5章 「思いどおりにいかないこと」を認める
第6章 悩みにとらわれないための習慣
第7章 悩む人よりも「動く人」が成功する


和田秀樹「決断の心理学: 歴史が語る40の深層」

小学館

2014年刊





「決断を迫られているのは、もう負け戦である。」

 というものの、

 「究極の選択」を迫られた時の対応を、

 歴史に学ぼう、というもの。




 徳川家康・・

 三方ケ原の戦いの教訓は、

 ひとつは、意地を見せることの大切さ。

 もうひとつは、「相手のタイプを見て、どういうやり方がうけるか」という
 臨機応変の対応です。

 もし家康が、信玄に恐れをなし、
 三方ケ原の戦いをしかけなければ、家康の臣下は以降、臆病者の主君に
 忠誠を尽くすことはなかったかもしれないし、

 信玄の性格から、負けたとしても、命までは取られない、という計算があったから
 こそ、負け戦をしかけられた。

 負けは負けでも、負け方というものがある。




 真田信繁(幸村)・・

 父・昌幸や兄・信之と比べ無名だった幸村が一躍、戦国武将の中で有名になったのは、

 大阪夏の陣で、20万人の大軍勢を相手に、

 3千の兵で、家康を首を討つ直前まで迫る活躍を見せたことにある。

 幸村の生き方から、

 負けるに決まっている戦いをしなければならない立場になったとき、

 男としてどういう行動をとるべきか、
 
 起死回生とは何か、

 先々に評価を上げるには何をなすべきか、など学ぶべき点は多々ある。
  
  


 北条早雲・・

 早雲から学ぶべきことは、

 40代後半で、「もう若いやつに任せた」などと、

 人生を半分諦めたような人になってはいけないこと。

 歳を重ねるにつれて焦ったり、諦めたりすのではなく、

 時機を待つ、ということ。

 機を伺うにあたっては、老獪さや人生経験が活きてくる。


 
 源義経・・

 自分が成功しているときこそ、周囲が嫉妬している可能性に

 常に気を払っておくこと。

 いろいろな形で足元をすくわれます。

 成功を一時のものにしないためにも、次の成功に向けて周囲の応援を

 得るためにも、周囲の「判官びいき」的な雰囲気を察知し、

 おごり高ぶっているように見えていないか、細心の注意を払う必要がある。


 ケアレスミスは、ケアが足りないからミスをするのではない。

 失敗のパターンに無自覚だからミスをす。

 嫉妬に注意する、粛清人事で反感を買わないなど、
 
 典型的な失敗パターンを知り、失敗を避けることが、

 成功へのソリューションとなる。




<目次>
第1章 逆境を乗り切る決断
第2章 部下を活かす決断
第3章 命がけの決断
第4章 強者に挑む決断
第5章 人生を二度咲かせる決断
第6章 失敗した決断
第7章 世渡り上手の決断
第8章 世襲の決断
第9章 自分を信じる決断


和田秀樹 「現役年齢」をのばす技術 (PHP新書)

2007年



 磯野波平と島耕作は、どちらが若いか?

(・・答えは、最後)




 「病気をしないで過ごす」ことを目指すのか?

 「多少の病気があっても、イキイキとした現役生活を送る」ことを目指すのか?







 「現役年齢」をのばすのに必要なこと・・


 1.「自分はもう若くない」という発想をやめること

 2.「衰え」と上手につき合っていくこと


 特に、心の健康を保つこと。

 心を健康にしておくことは、身体にとっても寿命にとっても良い影響を与える。



 高い会費を払ってフィットネスクラブに通わなくても、

 イヤな仕事でも、「働けば働くほど健康長寿になる」と思えば、続けられる。



 仕事も含めて、どうしたらより楽しく生きられるかを考え始め、

 少しずつ実行していく。




 磯野波平・・52、3歳

 島耕作・・59歳(ただし、常務の時点)





<目次>
序章 島耕作と磯野波平
第1章 「健康」と「現役」は違う―現役年齢をのばすためのノウハウを持っているのは誰か?
第2章 健康年齢をのばして「現役年齢」をのばす―数値を気にするよりも、楽しく過ごして免疫力を高める
第3章 働き方を工夫して「現役年齢」をのばす―中高年がビジネスの主役になる時代
第4章 より遊んで「現役年齢」をのばす―心が楽しくなることが現役年齢をのばしてくれる
第5章 楽しく学んで「現役年齢」をのばす―知的活動をしている人ほど元気でイキイキ
第6章 友だちづき合いで「現役年齢」をのばす―仲間のいる人たちほど元気を保っている
第7章 再び恋愛をして「現役年齢」をのばす―恋愛で心と体を若返らせる
終章 「現役生活」をのばすのは子どものため―子どもにお金を残すより、使い切って元気に生きる


和田秀樹「人生の9割は40代で決まる」

中経出版

2011年刊





 40代を越えて、「つまらない人」になるか、「面白い人」になるか。

 これまでと同じようになんとなく過ごすか、
 能力を伸ばし続け、若々しくいられるか。


 40代に入ると、一般的に、前頭葉が委縮することにより、思考の柔軟性が失われる。
 
 自分の考えとは異なる意見が受け付けれなくなる。


≪勉強している人間の強みは、複数の可能性を考えられることです。

 その複数の可能性を考慮し、さまざまなシミュレーションを行えるのが
 賢い人間です。≫


 ただし、睡眠不足はうつ病のリスクを高めるため、

≪睡眠時間を削らないで済む勉強の方法を考えることが必要です。≫



≪40代から勉強することの強みは、お金をかけられることです。≫

≪・・40代から勉強するのであれば、より質の高い成果を得られなければ意味が

 ありませんから、お金や時間のかけ方を、若いころよりもむしろ大胆にしたほうがいい

 と思います。≫



○40代での勉強のコツ

 1.きちんと知識を詰め込むこと

 2.詰め込んだら引き出すこと

 3.疑いを持つこと

 4.理系の発想を持つこと

  ・実験精神があること
  ・数字の裏づけを求めること




≪・・40代は体力的な衰えよりも、脳の衰えによる意欲や創造性の低下と

 戦わなければならない年代に入る・・≫


 趣味は、40代から始めること。


なぜなら、

≪40代以降は脳の機能が衰える関係で、意識的に強い刺激を受けるようにしないと

 「当たり」の趣味に出合えな≫くなるから。






<目次>
1章 学び―忙しい40代こそ「学び」で差がつく
2章 仕事―40代の仕事ぶりがよかった人は上昇していく
3章 人間関係―楽しくないけどなんとなく、の関係をやめるとき
4章 お金と趣味―貯金だけに頼らない老後への準備
5章 健康―「老け込まない外見と健康」を保つ方法
6章 心の健康―40代からは誰もが「うつ」になりやすい


【送料無料】人生の9割は40代で決まる [ 和田秀樹(心理・教育評論家) ]

PAGETOP