スポンサーサイト

【楽天ブックスならいつでも送料無料】バカになるほど、本を読め! [ 神田昌典 ]
神田昌典「バカになるほど、本を読め!」

PHP研究所

2015年刊



 神田さんが社会人になって仕事、ビジネスで悪戦苦闘する中で、

≪読書という行為は、やり方次第で、自分の想像をはるかに超えるほど、

 自らの可能性を広げることに気づかされたのだ。

 ただ漫然と本を本でいたとしたら、今の私はない。≫


 神田さんのいう「バカ」とは、

 周りの人たちから「アイツはバカなんじゃないか」と思わるほど、

 既成概念に捉われることのない発想をする人のこと。

 読書を通して、そんな発想を得るようになる読書法のすすめ。



 旧来型の読書は、本に書いてある知識をしっかり頭に入れ、

 それが必要なときに正しく迅速に引き出せるようにするもの。


 しかし、

 現在求められているのは、「知識の創造」「価値の創造」である。

 過去に例のない事態に直面したとき必要とされるのは、

 イノベーティブなアイデアや解決法を自らの頭で創造することにある。

 既存の常識の枠を超える発想を生み出すことが必要とされている。



 「知識の創造」には、2つの段階がある。

 第一段階が、「情報の編集」である。

 第二段階が、「知識(価値)の創造」である。


 「情報の編集」とは、世の中の情報から、正しい情報と間違った情報を見分け、

 編集した上で、発信すること。

 いわば、キュレーション(目利き)である。

 目利きになるためには、その分野の本を大量に読むこと。

 30冊は読んでみる。



 「知識(価値)の創造」とは、正しい情報を元に、行動しながら思索を重ね、

 イノベーティブなアイデアや知識を創造することである。

 「知識市う属のベースをつくる読書」をするうえで最も重要なことは、

 「世の中の本質とは何か」を学ぶことにある。

 次に、「美しいもの」に触れて、美的感性を磨いておくことにある。

 そして、「洋書」。
 
 アメリカでは、日本の本作りよりも遥かに時間をかけじっくりと本が作られている。

 論理構成や歴史的考察がよりしっかりと行わている。

 英語で同じ分野の本を30冊読めば、日本全体でもトップクラスの識者になる可能性がある。




 「知識(価値)の創造型の読書」とは・・

 1.目的志向型の読書をする

 2.大勢の人と共に読む

 3.即、行動に結びつける


 読書会でのステップ・・
 
 1.イン・フォメーション

  本を通じて対話を開始する。お互いの関心事項を聞くうちに、本の内容を理解していく。

 2.インター・フォメーション

  前段階で得られた知識を交差させたり、互いに質問をし合うことで、
  本の理解を深めていく。

 3.エクス・フォメーション

  自分なりに解釈し、オリジナルの知識を創造して、外へと発信していく。

 4.トランス・フォメーション

  リーダーへ変革していく段階。

  あなたの意見に共鳴した人々が周囲に集まってきて、コミュニティが形成できるようになる。 
 




ピエール・バイヤール「読んでいない本について堂々と語る方法」

【楽天ブックスならいつでも送料無料】読んでいない本について堂々と語る方法 [ ピエール・バイヤール ]



<目次>
序章 なぜ、活躍できる人は皆「バカ」なのか
(現状を打開するための唯一の方法
本は消えていくメディアか ほか)
第1章 「目的志向型」読書―知識創造時代のスタンダードスキル
(三つのシンプルな原則
脳が「要・不要」の判断をするために必要なもの ほか)
第2章 本を持ち、町へ出よう―なぜ本を「大勢で読む」のか
(もはや一人だけでは問題を解決できない時代
明治維新、本当の原動力は何か ほか)
第3章 アクションが変革を生む―複雑な課題を大人数でやっつける時代へ
(自分のためだけに使うのはもったいない!
世界が変わる!一〇億人を巻き込む「一〇〇%MAD」プロジェクト ほか)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】成功のための未来予報 [ 神田昌典 ]
神田昌典「成功のための未来予報」

きずな出版

2014年刊




 栃木県宇都宮市白楊高等学校の全校生徒900名の前で語った講演記録。


≪どんな未来を描くか。

 その描いた未来が実現できます。≫





≪未来について確実に言えること-それは、想像をはるかに超えたものになるということです。

 想像よりも、現実のほうが早く動いているのです。≫


≪別の言い方をしますと、

 いま正解と思われていることは、未来ではまず正解ではないということです。≫


 
≪・・この変化の激しい時代に活躍しづつづけるために、必要な力は何なのか・・≫

≪それは賢く、うまく世を渡っていく力ではなく、逸れても逸れても、

 転がりつづける力をもっているかどうかということです。≫



 未来が予想できる理由・・

≪未来というのは、すでにいま、この現実に宿っているからです。

 未来は突然、生じるわけではなく、いま現在のこの瞬間にも、

 小さな種が蒔かれているのです。≫ 


≪未来はどうなっていくかが見えたとたん、そこに辿り着くために一気に加速して、

 さまざまなアイデアが生まれる。≫

≪だから君たちに、いま必要なのは、未来への新しいビジョンなのです。≫




≪2022年頃までには、「働くスタイル」が大きく変わり、

 いまのような通勤はなくなっています。

 そして2034年ぐらいには、「働く目的」が大きく変わり、

 いまのような会社はなくなっているかもしれません。≫

≪・・10年後には、自分を殺して、会社の奴隷になって働いた結果、

 自分をダメにしてしまうような働き方は、あり得ません。

 会社は、あくまでも自分を成長させるための乗り物として、

 自分の責任として、どういう働き方を選ぶのかを決めるのです。≫




≪約1000億ドル、10兆円を使えれば、全世界から極度の貧困はなくせるという

 資産があります。≫

 ・・軍事費等に比べれば、微々たる額である。寄付でもすぐに集まりそうです。

≪しかし、ある人が調べたところによると、1000円の寄付があったとしても、

 金融機関に対する送金手数料などの流通コストや、組織を維持するためのコストを

 差し引いていくと、本当に現地に届くのは50円くらいになってしまうのだそうです。≫

 これが、ケータイ電話などを使ってのノーコストの集金方法ができれば、

 寄付金をすべて必要な人へ届けることができるようになる。






<目次>
第1の未来予報 お金がなくなる
第2の未来予報 会社がなくなる
第3の未来予報 病気がなくなる
第4の未来予報 国境がなくなる
第5の未来予報 学校がなくなる
第6の未来予報 貧困がなくなる
第7の未来予報 生活がなくなる

【楽天ブックスならいつでも送料無料】神話のマネジメント [ 神田昌典 ]
神田昌典「神話のマネジメント」

フォレスト出版

2014年刊




答えのないクイズ・・

≪人生は、予想できない出来事の連続だ。

 今までは成功すれば、毎日が平穏で、落ち着いた日々が続くものだと思っていた。

 金銭的に豊かになれば、うまい酒を飲み、女性からモテモテで、

 そして何の悩みもない日々が続くのだという幻想を何の疑問もなく信じることができた。


 ところが、事実は違った。


 どんなに豊かになっても、問題がなくなることはない。

 それどころか、よりたくさんの問題が、より速いスピードで流れ込んでくる。

 問題がなくなるのは、墓場の中だ。≫





時間を味方につける生き方とそうでない生き方の違い・・

≪結局、「私は10年経験がある」といっても、1年間を10回繰り返しているだけの人間と、

 高いレベルのことに毎年チャレンジしていきた17歳とは、比較にならないわけだ。≫




ミッションの重要性とは何か?

≪なぜ、ミッションがないと会社は変われないのか?


 それはね・・すべての答えは、質問することによってしか得られないからだ。≫


 脳は、お風呂に入っている間も、眠っている間も、求める答えを探知し続ける。

 そして、あなたが必要な情報を見つけてくれる。

≪しかし、質問しないかぎり、あなたの前に答えは現れない。≫

 だから、

≪意識的に、自分に質問してあげる必要がある。

 意識の役割というのは、自分の人生を効率よく生きるために、無意識をコントロールすること

 なのである。≫


≪それじゃ、優れた質問をするにはどうすればいいかと言えば、

 ”目的意識”を持たなければならない。

 そうでしょう?

 目標としているものがなければ、質問はあり得ない。

 すなわち「目的意識=ミッション」がすべての活動のエンジン。

 ミッションがなければ、あなたは走れない。≫





<目次>
――混沌の中から新しい世界を創るマネジメントへようこそ――
第1章 アクセルを踏み続けると、必ず急カーブがやってくる
・アクセルを踏み続ける会社に潜む3つの危険性
・危険性1 営業を強化したばかりに、組織に亀裂が生じる
・危険性2 売上は急に増えている。なのに、気づいた時には銀行口座にカネがない!
・危険性3 収入はどんどん増える。でも家族の心はバラバラ
・顧客獲得から、ダントツ企業へ
・最短距離で、家庭も会社も幸せな経営者になるためには?
・仕組みが完璧であっても、ビジネスは成功するとは限らない
・私は借金で足を踏み外した?
・逆境をプラスに転じる学びの法則
・答えが見えないクイズ
・見たくないと押さえ込んでいた心の闇
・無価値感が作られる土壌
・借金問題の結末

第2章 成長には「落とし穴」も付き物
・複数のプロジェクトを自動操縦できるマネジメント法
・問題が起こるタイミングを予測する「劇場思考」
・問題は「神話パターン」で発生する
・会社組織が崩壊するタイミング
・「桃太郎」に見る組織の人間模様
・4つの役割がうまくいく会社、いかない会社
・「サラリーマン的」ではうまくいかない理由
第1の落とし穴:導入期→品質問題、エネルギー不足
・なぜビジネスの成功は、家庭の危機を生むのか?
第2の落とし穴 成長期前半→家庭問題、夫婦問題
・あなたの問題が、孫まで続く
・「開き直り」が道を拓く?
第3の落とし穴 成長期後半~成熟期→組織の反乱

第3章 組織が安定的に成長するために
・組織の継続成長の鍵を握る「キジ」役
・脳のメカニズムに合った人間改造法
・まとめ役を育てるには?
・「社長のリーダーシップ」は、1人では発揮できない?
・ワープして新規事業を素早く立ち上げる
・“バカを量産する"システムとは?
・マネジャーって、いったい何?
・なぜ『マトリックス』は3部作で終わるのか?
・会社と社員を同時に幸福にするシステムとは?

第4章 ビジネスのライフサイクルを考える
・世界のライフサイクル
・クルーたちが命を失ったわけ
・トレンドを現金化するタイミング
・古いライフサイクルから、新しいライフサイクルに乗り換えるには?
・戦略と戦術は、両輪で動く
・ズバリ、言おう
・自分の位置付けをライフサイクルで確認する
・ビジネスを新しい成長に持っていくタイミング
・新しい成長カーブを作る

第5章 あなた自身のライフサイクルを知る
・逃げるが、勝ち
・自分の人生をコントロールできないという不幸
・一生懸命やっているからこそ言いたい。今から準備をしよう
・何のために会社に何十年も通う?
・衰退業界に身を置くのは辛いけど、使命を担うヒーローもいる
・使命感で取り組む商売vs打算で取り組む商売
・あなたの12年間を予測する
・やるべきことをやるべきタイミングで
・舵取りが一番難しい時期は?
・これからが冬の時代
・最近の若い奴は……
・どうして私は、毎回ベストセラーを飛ばせるのか?
・日本はフィリピン化する?

第6章 人生をマネジメントする成功法則
・今後5年間、楽しく働き、財を残すには?
・自分を催眠術にかける
・実際に、あなたのミッションを作ってみよう
・セルフイメージで、一瞬で自分を変える!
・半年後は、今この瞬間に決まっている
・あなたには先頭に立つ義務がある

神田昌典・最後のニュースレター
・70代の大経営者の知恵を活用

巻末特別付録「個人と会社の成長をリンクさせるための目標設定・実績評価シート」


神田昌典「2022―これから10年、活躍できる人の条件」(PHPビジネス新書)

2012年刊



 まずは、とってもマクロなお話・・



 ある国の趨勢を決めるものは何か?


 それは、「人口動態」「人口ピラミッド」にある。



 ハリー・デントによれば、

 景気は、46~50歳の人口の増減によって決まる。

 この年代は、人生で最もお金を使う世代であり、節約したくても、
 出費を抑えられない。
 この年代が多くなる場合、景気は良くなり、少なくなる場合、景気は悪くなる。


 そうして各国の「人口ピラミッド」をみた場合、

 ・日本は2020年まではまだいいが、その後は一気に下り坂。

 ・中国の勢いは、2020~2025年頃まで続く。

 ・韓国の勢いは、これからますます加速する。2025年頃まで続く。

 ・東南アジア諸国が勢いづくのは、2030年頃から。

 ・インドは2050~2060には、世界最大のGDP国に。


 ただし、
 
 中国は、第二次ベビーブーマー世代が50歳を超える2020~2025年頃

 に経済はピークアウト。

 2025年には、50歳以上の中国人が3億人を超え、高齢化社会が急速に進む。 


 
 ・・といわれていますが、足元の「韓国の勢い」なるものも怪しいし、

 東南アジア諸国、インドにいたっては、先の話すぎますね~




 次に、神田さんの大胆な予測を一つ・・

 2024年頃には、「会社」はなくなる。

 これまでのコンセプトの「会社」は寿命を終える。


 その理由は、

 1.会社では社員が育たないから。

 ≪社員が育つ前に、事業が歳をとってしまう。≫

 ≪これだけ事業スピードが速くなってくると、業務マニュアルも、

  ナレッジマネジメントも、意味がなくなってしまった。≫

 一方、優秀なビジネスパースンは、人の育つ必要のない仕組みを創ってしまう。


 2.会社では、無から有を生み出す経験が積めないから

 事業のライフサイクルが短くなってくると、大企業のビジネスパースンは、

 事業立ち上げの経験が積みにくくなる。

 しかも、事業リスクを最小限にするために、結果ではなくプロセスを重視

 しなければならない環境にある。

 アクセルとブレーキを同時に踏まなければならないような状況にある。


 3.一部の仕事をしている社員が抜けると、会社には何も残らないから

 ≪事業立ち上げ経験を通して、手足ではなく、頭として活躍できるようになった

  社員は、その気になれば、いつでもフリーエージェントとして働きはじめられる。≫

  もし会社が、価値ある経験を積ませることができなかったら、

  頭と手足しかない組織で、頭は逃げ、手足だけが残る。  


 以上が、未来に向かうために「会社」が乗り越えるべき3つの壁である。





<目次>
第1章 先が見えない世の中って言うけれど、それは天気予報があるのに知らないようなもんだ
第2章 平成「ええじゃないか」が、なぜ必要か?
第3章 踊る中国沈む日本
第4章 二〇二四年、会社はなくなる!?
第5章 イン・フォメーションから、エクス・フォメーションへ
第6章 四〇代が、時代のはざまに架ける橋
第7章 二〇二二年―再びページを開くとき

PAGETOP