カンの正体 「直勘力」で逆境に強くなる
桜井章一「カンの正体 「直勘力」で逆境に強くなる」(文庫ぎんが堂)

イースト・プレス

2014年刊




 直感力・・五感だけでは感じられないものを感じ取る力のこと。

≪頭で考える力ではなく、身体で感じる力が重要なのである。≫


≪運やツキといった流れを感じる力、

 感性、つまり「直観力」があれば、・・逆境であっても

 生き抜くことができるのだ。≫




≪世の中で言われている正しいものにとらわれない-

 それは、まさしく「消す」という行為にほかならない。

 知識や学問、常識、権力、お金、愛というものも、

 すべて消してしまえばいい。

 「努力しないといけない」「成功しないと意味がない」といった観念も

 消すべきものだ。≫

≪素のままの状態で生きる。

 そのような何も持たない状態に身を置くと、生きる自信が湧いてくる。

 そうすれば、もう何も怖くない。最強の状態になれる。≫



≪社会の常識という看板を下ろしたとき、何を基準に選ぶか。

 それは、「おもしろいかどうか」である。≫

 「おもしろい」ことを選べば、自然と笑顔が出る。

 笑顔を基準にして、良いこと・悪いことを自分で感じていけばよい。


≪不安は「なくならないもの」として受け入れる≫

≪「不安はあってもよし、なくてもよし」という状態になれば、

 不安でしょうがないような精神状態から解放される。

 不安をなくすためにムダな努力をするようなこともなくなる。≫



≪ピンチのとき、何をすればいいか-。≫

≪・・ピンチのときは、ジタバタしないで、まわりをじっくり見る。

 そうすれば、ポーンと脱出口が見えてくる。≫

 それに加えて、

 ミスを怖がらないこと。

≪ミスをせずに何かができるよりも、ミスをしてから修正して達成できたほうがいい。≫




≪誰に対しても態度を変えない≫

≪私は才能というもので人を区別しない。

 能力や立場というものでも区別しない≫




<目次>
はじめに 「直勘力」を取り戻せば、どんな状況でも打破できる
第一章 「勝ち負け」を捨てれば、カンは鋭くなる
第二章 「自然の本能」に帰れば、カンは鋭くなる
第三章 「子どもの感覚」に戻れば、カンは鋭くなる
第四章 「譲る力」を持てば、カンは鋭くなる
スポンサーサイト
【送料無料】精神力

【送料無料】精神力
価格:872円(税込、送料別)



桜井章一「精神力 強くなる迷い方」 (青春新書)

2009年刊





≪私に悩みがないというのは、問題に直面したとき、
 あわてず逃げず、その本質を見極め、素早く次の行動に移るから。

 だから”困難”はたくさんあっても、”悩み”はないんだよ。≫



≪たとえば、100個の行動を起こして10個を失敗した人と、
 10個の行動を起こして一つしか失敗しなかった人がいるとする。≫

 失敗を恐れて頭でっかちの1個の失敗の人間よりも、
 10個の失敗の人間のほうが、すばらしい人生を送っていると思う。

 
 

<目次>
第1章 勝ちを求めず強さを育め
(本当の強さを知る
勝負強さとは何か ほか)
第2章 捨てる勇気、拾う努力
(「温」「破」「立」の人間関係
いま必要な勇気とは ほか)
第3章 揺れない心
(「心温」を適温に保つ
プレッシャーに強い人間の秘密 ほか)
第4章 人間とは矛盾でできた粘土である
(答えがないから面白い
豊かさのなかにある危機 ほか)
第5章 瞬間は愛なり
(「愛」に近づくということ
溺れる愛と深まる愛 ほか)



【送料無料】この世の掟をぶち破れ!

桜井章一「この世の掟(ルール)をぶち破れ!」

フォレスト出版

2010年刊





≪あきらめるとは、しがみつくことではなく、
 本来の自分を取り戻すために必要な勇気である。≫




≪多くの情報から引き出すという作業は、40歳くらいまでで十分だ。
 本当に必要なのは、頭で考えることよりも感覚を取り戻すことだ。≫

≪体の感覚を取り戻すこと。
 これは心の動きをも左右する大切なものだということを忘れてはならない。≫

≪体がやわらければ、頭の中はもっとやわらないといっていい。≫





≪損得勘定とは、結果的に自分のことしか考えられなくなる生き方だ。

 そこには、世の中はつながっているという感覚がなくなってしまう。≫

 ・・自然界は、損得ではできていない。
 地震、台風、雷などの災害の理不尽さの一方、太陽の恵みと雨による恵みを
 享受して生きている。




  未来を考えても、予想通りにいかない。

  「今、目の前のことをこなす」こと。



≪プライドを捨てる簡単な方法は、自分がバカになることだ。

 努力で得られることは、たかが知れている。≫






【送料無料】壁をブチ破る最強の言葉

桜井章一「壁をブチ破る 最強の言葉」

ゴマブックス

2006年刊





≪幸福は、誰かに求めるのではなく、
 誰かにあげるものです。≫




≪心が強ければ、自分がどんなに不利なときでも汚いことをせずにすむ≫





≪「勘に頼るな」というが、
 「知識」より「勘」のほうがあてになる。≫




≪「心構え」ができるには、
 「カラダ構え」をキチンとする。≫

 ・・心も身体も柔軟であれば、多少のことでは折れない。




≪人間は進化していない。≫





≪おカネを借りることはそれ自体、
 基本的に罪である。≫





<目次>
第1章 人生の超常識
(常識
 自分
 幸福 ほか)
第2章 仕事の超常識
(力
 結果主義
 グローバル ほか)
第3章 社会の超常識
(進化
 知識
 情報 ほか)



【送料無料】運に選ばれる人選ばれない人

桜井章一「運に選ばれる人 選ばれない人」

東洋経済新報社

2004年刊



 「運」は見えない。

 ゆえに感じなければならない。

 

 運はどこかへいけばあるというものではない。

 でも、感じられる人にとっては、すでに運はそこらじゅうにある。

 感性があれば、いたるところに「運」を見つけられる。


 
 違和感のあるものを外していく。
 
 本来持っている自然の感性を取り戻すと、
 理性を超えたひらめきや行動ができるようになる。


 ピンチは小さな「気づき」から突破できる。

 小さなことにも気づく人は、そのきっかけを見つけやすい。


 迷った時は、最初に感じた方を選ぶ。

 
 不安には、時間をかけてはいけない。
 不安から逃げても消えない。
 一つ一つの不安に真正面っから向かっていくこと、
 時間をかけないでスピーディーに動いて不安と闘い、
 不安を解消すること。


 ストレスをなくすにはどうするか?

 目の前にあるものを一緒くたにせず、
 一つ一つに順位をつけて片づければ、ストレスは消えていく。




<目次>
第1章 運をとらえる
(「運」にも個性がある。その違いを感じると「運」は変わる
「運命」は変えられるのか?
「天の運」、「地の運」、「人の運」、「時の運」とは何か ほか)
第2章 運の流れにのる
(すべてを「始まり」にすると、「運」が始まる
あげまんには、目に見えないパワーがある
楽しければ、「運」が来る ほか)
第3章 運に選ばれる
(大ばかりでなく、小を大事にすることで「運」がくる
集中力は、無限の円である
考えを固定するとモロい ほか)
**
桜井章一「努力しない生き方」(集英社新書)

集英社

2010年刊


 柔軟性・・
 
 柔らかければ、どんな状況になっても素早く対応できる。
 
 ミスをしても、修正できる。

 柔らかければ、それだけ変化していく可能性を秘めている。


 力を抜くと逆に筋肉で出す以上のとんでもない力が出てくる。
 力を抜いたとき、体は体のすべてをフルに使っている状態になる。



 急がない・・ゆったりすると物事を鋭くつかめる





 意味をもとめない・・意味のないところに可能性がある

 人はもともと、意味をもたない不合理な存在としてこの世に現れた。
 だから、どんなに合理的な意味をたくさん自分に持たせても、
 根っこには不合理なものを抱えている存在である。

 意味を求める姿勢だけだと、人は意味に縛られて窒息してくる。
 でも、意味のないところでは、もっと深い呼吸ができる。

 不合理や無駄は、合理的に意味を求めるのでは決して得ることのできない
 大切な可能性を人に与えてくれる。

≪身も蓋もない言い方だが、
 意味もなければ答えもないからこそ人生は面白いと思う。≫


 

<目次>
第1章 「努力しない」から、いい結果になる
(努力しない―力が入ったら疑え
持たない―持つほどに不自由になる ほか)
第2章 「何もない」から、満たされる
(満たさない―「何もない状態」は豊かである
才能を磨かない―「生きる」という才能があれば十分だ ほか)
第3章 「求めない」から、上手くいく
(求めない―求めると願いはかなわない
目標を前に置かない―目標は横に置くといい ほか)
第4章 「つくらない」から、いいものが生まれる
(つくらない―つくると嘘が入る
「裏のない人間」にならない―表だけで生きるとおかしくなる ほか)
第5章 「計算しない」から、負けない
(計算しない―計算しないほうが勝つ
テクニックに頼らない―テクニックだけだと行き詰まる ほか)

PAGETOP