ザ・プロフェッショナル

大前研一/ザ・プロフェッショナル


21世紀経済は、「見えざる新大陸」。
・ボーダレス経済の空間
・サイバー経済の空間
・マルチブル経済

道なき道、ルールのない世界に対して、
先入観や安易なフレームワークに依存せず
地頭を持って、仮説-検証を粘り強く繰り返し、
果断に決断、実行すること。

それができるパス・ファインダーになるため
に必要な能力として、4つを挙げる。
・先見する力
・構想する力
・議論する力
  ロジカル・シンキング、ロジカル・ディスカッション
・矛盾に適応する力


最後に、左脳偏重から、右脳も活用し、
左右の脳をバランス良く活用することの効用を説かれていたのは、
当然のことと思いつつ、少し不思議な感がしました。

・・と書きつつ、読みながら、
途中は、胸がグサグサときました。

タワーレコードの突然死、
フィルム業界のガリバーだったコダックや富士フィルムの苦戦、
フィルムを駆逐しつつあるデジカメ業界そのもののが携帯電話等の高度化によって、
業界そのものが消滅する可能性・・。

我が身を振り返って、
日常業務の殻、
自身の役割や能力の壁、
自分でビジネスの着想を得、構想し、推進していくマインドの欠如
等など。

パス・ファインダーのための
マインドセットを確認したい方には最適な本だと思います。


スポンサーサイト
昨日から、先日手に入れた
「渥美俊一 講演録」を聴いています。

「昭和編・平成編 完全版」CD20枚組です。


渥美さんのこと・・・実は全然知らなかったのですが、
チェーンストア等流通業のコンサルタントで、
ペガサスクラブを主宰されています。

渥美先生のガンガンとしたお説教・・・いや、講義とともに、
その途中に出てくるダスキンや星電社の社長さんが
経営の上で一番大切だと思うところを一言語るところが、
とても良いです。


最近だと、神田さんのCDシリーズが、
毎回2時間たっぷりで充実していますが、
こちらは、
CD20枚で2万円ぽっきりなのでお得なのでは?!


a-nation’06 BEST HIT SELECTION CD+DVD

a-nationを見に、
味の素スタジアムに行ってきました。

場所は、アリーナ席のD-12。

14時半のオープニング・アクトから、
20時45分のあゆのトリまで、
6時間以上たっぷり・・で充実でした。

個人的には、
大塚愛の5曲「フレンジャー」「ユメクイ」「プラネタリウム」「サクランボ」「スマイリー」
と、
TRF「BOY MEETS GIRL」「EZ DO DANCE」なんかが懐かしかった・・
と思って調べたら、1993~4年の曲。もう12年も経ったんですね~。


行きは1時間ほどで着いたつもりが、
帰りは大渋滞?!で、12時回ってしまいました。


PS
 覚えている限りで・・・

 オープニング・アクトのラスト
  玉木宏

 鈴木亜美
 
  ミハイル
 
 大塚愛

  ソウル

  リンカ

  Do as infinity/伴都美子
 
 BoA

  ごりえ
  
 Every Little Thing

  長州小力

 倖田來未

 TRF

 浜崎あゆみ



フレンジャー●大塚愛“ユメクイ”CD(2006/8/2)【CD】大塚愛/プラネタリウム 《通常盤》<2005/9/21>大塚愛/さくらんぼ     (CCCD)大塚愛 SMILY/ビー玉-CD-

惑星から、冥王星が外されましたね~。

で、連想したタケキンこと、
「ニュートン」の編集長だった
竹内均先生のビデオテープを見ました。

題して、「閃きの源泉」。

理想の人生の条件として
1.好きなことをやる
2.それで食べられる
3.(いささかなりとも)世の人のためになる

これは、
「自己実現」=自分にとっての理想の人生を生きること

この手段として、
1.はっきりした目標を持つ
2.新しいアイデアを出す
3.人様と誠実につきあう


お話聴きながら、
なんか中高生の頃を思い出しました。

PS
 そういうと、昔の「日本沈没」にも出演されてましたね。


日本沈没

宇宙は科学の宝庫 物理学はこうして創られた 現代物理学の扉を開いた人たち

「UDON」オリジナル・サウンドトラック

本番初回稼働日のため、夕方まで自宅待機。

無事の終了連絡後、

「麺通団のうどんを巡る冒険」見るとはなにし見て

さぬきの製麺所巡りも、なかなか風情があってよいなあ・・

そうだ?!「UDON」見にいこうと決める。

19:55分の回ということで、映画館に早めについたので

喫茶店で時間つぶしし、いざ入ろうと思ったら、

が~ん。

19時開演、もう30分もたってるじゃん・・・。

次週以降に出直すことに・・果たして見ることができるであろうか?



しかたがないので・・・

丸善で、大下英治「逆襲」、北岡俊明 「ディベートからみた東京裁判」、加藤周一他「どう拓く日中関係-政冷経熱の現状と「文温」の可能性」を買う。

「逆襲」は、ホリエモンの行動の功罪や判決の行方とは別に、提起した問題の意義と何らかの形での復活を示唆(期待?)したもの。

北岡さんは、A級戦犯とは何か?を踏まえない戦争犯罪人の議論の不毛さや、国家による戦争における個人責任が問えるのか・・等、至極当然の論理。

加藤さんは、日中間二千年の歴史を30分で語ったもの。

太平洋戦争への史観としては、日本の侵略戦争だったとする「東京裁判史観」と、欧米からアジアを解放する戦争だったとするいわゆる「靖国史観」の大きく2つある。前者は世界中の人々の考えであり、後者はほとんど日本国内でのみ通用する論理である。世界中の人と交流して85年間生きてきたが、日本の侵略戦争であったと評価されていること。そのことを受け止めて、日本の再軍備のあり方等を考える必要がある。過去を考えることは未来を考えることになるのだから。

・・・加藤さん、大好きなのだが、最近は、北岡さんの論理の方が、日本として主張すべき考え方なのでは、と考えています。

逆襲

ディベートからみた東京裁判

どう拓く日中関係

久しぶりに、稲盛和夫さんのCD
「敬天愛人」~今に生きる西郷南洲の言葉~

を聴く。 

 「振り向けばいつも、西郷南洲翁の教えがあった--。
今日の京セラをつくったとも言える西郷南洲の思想「敬天愛人」について、自らの経験と西郷南洲遺訓集をもとに紐解く稲盛経営哲学の原点。」

第二電々(現・KDDI)の設立の際、

半年間、就寝前に

「動機善なりや、私心なかりしか」

と問い続けたことのくだりは、何度聴いても偉いなあ、と思ってしまいます。

 

稲盛さんについては、新人の頃に読んだ

ハルバースタムの「ネクスト・センチュリー」の姿・・・

独立後、海外の企業と提携しようと考えていたら、既に欧米企業の技術を凌駕していたこと、

憧れのアメリカに飛んだものの実績がなく、けんもほろろの対応され、工場のフェンス越しに

眺めたこと(・・・数年後、その企業を凌駕した)、

などに感動したことを思い出しました。

 

 



新商品開発に関するビジネス・ケーススタディを読んでいたら、

小林製薬の話がありました。

その中で、
「小林製薬の求める人材像」として、

「ごんたの10箇条」がありました。

同社のHPには、
「ごんたとは、関西の言葉でやんちゃな子供といった意味」

とありましたが、

「やんちゃ」?!

という感じ。少しく疑問。

もっと粗暴な感じがするねんけどなあ???



小林製薬:ごんたの10箇条

1. 新しいものが好き
2. 負けず嫌い
3. 明快な自己主張
4. 本音で話す
5. ねばり強い
6. 行動力がある
7. 仕事の虫
8. 摩擦や失敗を恐れない
9. 意外性がある
10. 愛嬌があり、人に好かれる


昨日、ららぽーとに行ったついでに、

「メーカーズシャツ鎌倉」で、ワイシャツを購入。

今朝、早速着て、家を出ようとしたら、

胸ポケットがない!!!!


定期と携帯電話・・・と、
場合によっては、mp3プレイヤーを
常時胸に入れているのに・・

入れる場所がない。


もう少し涼しくなれば、スーツの上着に入れることも可能だが、
この暑さ、上着は手に持って移動するだけ。


で、朝の出掛けにモタモタして、

・・・会社について見たら、鍵を一式忘れていました。

おかげで
会社で自分のロッカーを開けることもできないし、
家族が帰るまで家には帰れないし、

携帯電話を携行できないし、

でした。

胸ポケットがこんなに大切だったなんて、
ということに気づかされた一日でした。

残りのワイシャツは11月ぐらいまでおあづけ・・です。


「司馬遼太郎が語る」CD、
第五集「日本人と合理主義」を聴いています。


豊臣秀吉以前は、日本の政権は「お米」を基盤としたものだったのに対し、
秀吉は、貿易を基盤とした「お金」の政権であった。

徳川家康が220万石、加賀100万石に対して、
秀吉の直轄領は220万石しかなかったにもかかわらず、
贅沢三昧を可能にしたのは、
全国の金山・銀山を押さえた上で、貿易による収益をあげていたことによる、と。

戦国時代の城の築城にあたっては、通常、民百姓から搾取することが多かったようだが、
大阪城の築城にあたっては、一日あたり一升程度の給金を出したため、
近在から人があっというまに集まった。

大阪夏の陣で落城の際も、場内に数十万トンの金のインゴットがうなっていた。
徳川政権は、再び「お米」の政権に戻ったが、
江戸幕府の中期までは、この時に接収した金が下支えしていた。

・・・などと、なんだか中高生のようなお話。

でも、合理主義とはリアリズムがベースであり、それが可能となったのは、
商品経済が成立していたから、という話。


金・・・については、
牛久大仏でも金箔を貼り付けてたこと、思い出しました。

この前、携帯に金箔貼り付けてる人いたので、調べたら売ってました。

■金蒔絵シール[蝶(大)]携帯電話デコレーションに人気♪和風豪華な携帯シールでデコ電に挑戦... ■金蒔絵シール[ふくろう]携帯電話デコレーションに人気♪和風豪華な携帯シールでデコ電に挑戦... ■金蒔絵シール[猫]携帯電話デコレーションに人気♪和風豪華な携帯シールでデコ電に挑戦!【送...


1週間ぶりに保有株みたら、
全面高になっていて、びっくり。


今日、コカコーラウエストより、近畿コカコーラとの
「株式交換に伴う割当株式数のご通知」が届きました。

近畿コカコーラ100株につき、コカコーラウエスト45株と交換。

すでに7月1日以降売買できなくなっていたので、
古新聞ですが。

コカコーラウエストが、結構上がっているので、
プラスマイナスなし、の状態。


2つのRFPへの提案書&概算見積りもひとまず出来。
・・と思ったのもつかの間、
また2案件の大規模レベルアップの見積り依頼が降ってきました。

嬉しい悲鳴?!
まあ、商売商売と思っています・・・・

・・けど、暑くてだんだん正常な思考ができなくなってたりして。


PAGETOP