阿刀田高「獅子王アレクサンドロス」


 アレキサンダー大王の物語。

 トロイア戦争につづいた阿刀田高さんの力作です。





 読み始めて、ちょっと弱ったのが、
 
 以前見た、映画「アレキサンダー」の影響がとっても強く、

 登場人物の容姿や言動のイメージ、そのまま頭に残っていたこと。

 アレクサンドロス役は、コリン・ファレル、

 父王フィリッポス役は、ヴァル・キルマー、

 母役のアンジェリーナ・ジョリー、

 ・・・もちろん、おかげでとても読みやすかったのですが、
 
 その副作用のような状態でした。


 しかし、映画も2時間を過ぎたあたりから、

 いったいどこまで進軍するのだ???

 と、驚きでしたが、ギリシア連合の宿願だったペルシア討伐の夢の達成は、

 全体の2分の1。

 その後は、探検家・アレクサンドロスでした。


 アリストテレスが、世界を自然学の分野で極めようとしたのに対し、

 アレクサンドロスは、政治の分野で極めようとしたのだ、

 と阿刀田さんが、繰り返し語られています。

 ・・・というものの、アレクサンドロスの行動は圧倒的でした。



 アリストテレスの教え・・

 「衆愚というのはな、王子よ、

  民衆が多数集まって愚かな事をいたすのではない。

  多勢が集まること自体が愚かなのだ」


 傳育者(ふいくしゃ)レオニダスの教え・・

 「レオニダスが私に立派な料理人を付けてくれた。

  おいしい朝食のためには夜の行軍、

  夕食をおいしく食べるには軽い朝食、

  これ以外によい料理人など必要がない」


 ミエザの学舎は、アレキサンドロスにとっての学術と武芸の学びの場であると

 ともに、ここでの友が一生涯の仲間になった。

 しかし、この仲間との勝負に一喜一憂するアレキサンドロスに対する

 リュシマコスが言った言葉。

 「世間には強い敵はいくらでもおる。

  だから身近な所で誰が一番、誰が二番と決めてみても、大した意味はない。

  所詮は仮の順番でしかない。

  狭い所での優劣でしかないんだ。

  世間を広く見回してみれば、ミエザの腕較べなんか、

  椎の実の背較べと同じことじゃ。

  むしろ強い仲間が傍にいることを喜べ、

  その仲間を、いつまでも自分の仲間としておくことを考えなされ。

  本当の戦いはミエザにあるのではなく、世界を相手にするときだ・・」

  この仲間が、ヘパイスティオンであり、クラテロスであり、プトレマイオスであった。



スポンサーサイト


西村ときわ法律事務所「新しいファイナンス手法」

編は、西村ときわ法律事務所。


 
 最近、提案活動していてユーザ部門の方が口にするのは・・・

 AML、金商法、知産・・対応など。


 最初、ALM・・・Asset liability management(「資産・負債の総合管理」)

 の聞き間違えか、と思いましたが、

 AMLは、・・アンチ・マネーロンダリング(「疑わしい取引」への備え)のこと。

  アンチ・マネーロンダリング・・・おどろおどろしい名称ですが、

  日々の取引の管理・モニタリングのために、

  フィルタリング、プロファイリング、KYC (Know Your Customer:顧客確認) などを

  従来の顧客管理システムへの機能追加する必要があります。

 
 金商法は、日本版SOX法対応・・金融商品取引法の改正対応。

 
 知産対応は、知的財産権ファイナンスのこと。


 システムもそうですが、金融関連も、略語が多くて、毎度のことながら、

 慣れるまでとまどいの日々です。


 ところで、上記の制度対応的な観点ではなく、

 金融商品として急激に伸びているのが、この本で紹介されている

 プロジェクトファイナンス、ストラクチャード・ファイナンス、

 シンジケートローンなど。

 リテール向けが数百万から数件万件のオーダーなのに対して、

 これらの取引件数は、数千件から数万件。

 まだまだデータ量が数桁小さいのですが、取り扱う金額は、文字通り桁違い!


 遅ればせながら、要注目です。


<目次>
第1章 プロジェクトファイナンス
第2章 シンジケートローン
第3章 知的財産権ファイナンス



スリーエフ

 優待券いただいてから1年ほどそのままにしていましたが、

 コンビニのスリーエフでお買い物。


 といっても、お腹もいっぱいなので、

 備蓄?!できるハーゲンダッツのアイスクリームと、

 なぜか?

 シリーズ一式が平積みされていた
 
 松下幸之助さんの文庫から、

 「道をひらく」を買いました。




 でも、再読すると、どのページもよいですね~!

 いま選挙速報中なので・・・

 「国の道」の一節。


 人それぞれの道の困難さを語った後、

 「しかし、もっと容易でないのは、いわゆる国として、

 国家としての道をきりひらいてゆくことではなかろうか。

  いかにわが道をひらく精進を重ねても、国としての道がひらけていなければ、

 所詮は砂上の楼閣。誰かが何とかしてくれるだろうでは、誰も何ともしてくれない。

  人の歩む道も国の歩む道も結局同じことではなかろうか。ボンヤリしていては

 道はひらけぬ。他人まかせでは道はひらけぬ。つまりは、われ他人とともに

 懸命に考えて、わが道をひらく如くに、国の道をひらかねればなるまい。

  そうしなければならないのが民主主義で、またそれができるのも民主主義なのである。

 おたがいに三省してみたい。」



7544 (株)スリーエフ
権利確定月 8月末日
100株以上 買物優待券(500円券)4枚
チェーン全店で使用可


幸楽苑

 ほぼ1年ぶり・・・幸楽苑さんへ。


 いただいた優待券を使いに行きましたが、

 今日も、満席!

 6組ほどの待ち行列。

 食事中も、ぞくぞくとお客さんが来ていました。


 こってりラーメン、野菜ギョウザと半チャーハン、

 お腹いっぱいになりました。

幸楽苑


  幸楽苑・・お昼時は満席でした



7554 (株)幸楽苑
権利確定月 3月末日
500円の優待食事券
100株以上 4枚
500株以上 20枚
1,000株以上 40枚


 参院選挙速報中ですね!

 今回は珍しく、投票直前まで、ちょっと迷いました。

 投票前から、与党の敗北は決まったようなものなのでしょうが、

 後はその程度・・・ということで。

 今夜は、寝るまで、選挙速報に釘付け、ですね。



 午前、選挙へ投票に行った後、

 近くの和み亭で、ちょっと早めの昼食。


 今年は、明日7月30日が、土用の丑の日にあたるようですが、

 一日早めで、「鰻の卵とじ煮セット」を食べました。

和み亭


積読中ですが、
渡邊社長のこのマインド、素晴らしいですね!





7522 ワタミ(株)
権利確定月 3月末日・9月末日
優待券(1,000円)
100株以上 6枚
500株以上 12枚
1,000株以上 15枚



 日本海庄やで、夕食。


 席について、何にしようかな~、と思っていると、

 隣の席が先に注文を開始。

 開口一番、「にほんかいかいせん!」


 ん?・・・日本海海戦・・・なわけはなく、

 「日本海海鮮」でした。


日本海海鮮 

 
  昨年の様子・・「日本海庄や」と「みやび」のパン



9979 (株)大庄
権利確定月 8月末日・2月末日
優待飲食券(500円券)または産地直送の特産品
100株以上 5枚
500株以上 10枚
1,000株以上 20枚


きになる野菜


ヤクルトさんから、

3月優待で選択した「きになる野菜」が届きました。


ところで、

9月優待では、神宮球場での野球観戦が2試合できます。

 4月~6月で1試合と、

 7月以降で1試合。


 6月10日のヤクルト対楽天戦を観戦しました。

 株主優待到着 ヤクルト 野菜ジュース&神宮球場野球観戦

 最初、ライト側で見ていましたが、レフト側がガラガラだったので、途中で移動したのでした。

 次回の狙い目は、9月22日(土)か、23日(日)のヤクルト対阪神戦。
 
 消化試合になるかもな~、と思っていましたが、ここにきてクライマックス・シリーズ争いが

 最後の最後までもつれるそうなので、いまから楽しみかも、です。 



2267 (株)ヤクルト本社
権利確定月 3月末日・9月末日
3月末株主
100株以上 自社「化粧品」と「ジュース詰め合わせ」のいずれかを選択
※1,000株以上の株主とは商品内容が異なります。

9月末株主
神宮球場の東京ヤクルトスワローズ野球観戦
「株主優待証(外野自由席)の提供」
※1試合につき外野自由席の入場券2枚まで引換可
100株以上 年間2試合まで(4~6月で1試合+7月以降で1試合)。
1,000株以上 対戦するセ・リーグ5チームにつき2試合ずつ計10試合、プラス交流試合2試合で計12試合まで。



ポプラ

 ポプラさんから、優待品到着しました。

 5月後半に、1000円分の優待券をいただいたものの、

 近くにポプラのコンビニがないので、返送したもの。


 「珍味詰合せAセット」・・

 というとおり、酒の肴でした!



7601 (株)ポプラ
権利確定月 2月末日・8月末日
100株以上 お買い物優待券1,000円分または
 ポプラオリジナル菓子珍味詰合せAセット(1,000円相当分)
500株以上 お買い物優待券1,500円分または
 ポプラオリジナル菓子珍味詰合せBセット(1,500円相当分)
1,000株以上 お買い物優待券2,000円分または
 ポプラオリジナル菓子珍味詰合せCセット(2,000円相当分)

 G-7ホールディングスさんから、隠れ優待の品が到着。

 G-7ホールディングスさんの公式の優待は、

 オートバックスの割引券ですが・・・

G-7ホールディングス

7508 (株)G-7ホールディングス
権利確定月 3月末日・9月末日
100株以上 優待券(300円) 8枚
500株以上 優待券(300円) 25枚
1,000株以上 優待券(300円) 50枚
1,000円以上の買い物につき、1,000円ごとに1枚使用可



 株主アンケートに回答すると・・・

 レトルトカレー10個いただけます。

 ・・・って、10個で780円相当・・1個78円・・安すぎっ?!

 でも、気持ちが嬉しい。

G-7ホールディングス

【カレー専門店のこだわりのカレー10個パック】
東証・大証一部上場記念としてお送りいたしました業務スーパーオリジナル商品「カレー専門店のこだわりのカレー10個パック(販売価格780円相当)」を、今年度より株主アンケートにお応えいただいた株主様全員にプレゼントいたしております(辛口、中辛、甘口の3種類からお選びいただけます)。

PMI東京より、8月セミナーの案内。

 今回のテーマは、

「オフショア開発・製造を成功に導く勘所
 ~プロジェクトにおけるインド活用に必要な鍵は何か~」

 インドのオフショアについて、成功のための勘所を聴くことができます。

講師は、エターナル・テクノロジーズの竹田孝治さん。

これまでも、HPで何度か記事を拝見・・・「NEKKEI NET 竹田孝治のインドIT見聞録」

していたので、いまから楽しみです。

 
以下、PMI東京の案内ページより。

オフショア開発・製造を成功に導く勘所
~プロジェクトにおけるインド活用に必要な鍵は何か~


PMI東京支部主催の2007年第6回月例セミナーを8月24日(金)に開催致します。

ITを中心にオフショアを利用する企業が急増していますが、思うような成果を上げられずに試行錯誤を繰り返している企業が多いと聞きます。また、コスト低減化のためにオフショア開発の検討はするものの、実際にはなかなか踏み切れないという企業も多いようです。IT業界ではコストの低減のみならず、開発体力の確保のためにもオフショアを活用したいと考える企業が増えてきており、オフショアの活用は事業拡大、業績向上のためには必要不可欠なものになる日も近いのではないでしょうか。

今回は日本企業向けの技術者研修をインドにて手掛けられている竹田孝治氏を講師としてお招きし、オフショア開発をうまく活用するためにプロジェクト・マネジャーが知っておきたい勘所を講演して頂きます。

【 講演要旨 】

IT産業を先頭にインド経済の発展は著しいものがある。ITに続き、自動車産業、携帯電話が飛躍的に伸び、今後は半導体産業に大きな期待がもたれている。しかし、日本の産業界にとってインドはまだまだ遠い存在である。ITでのインドの活用という面では、外資系企業を除いてほとんど活用できていない。欧米との比較でなくても、同じ漢字圏である中国企業によるインド活用にも負けているのが現状である。IT以外ではどうか。自動車産業ではスズキに代表されるように日本勢はインドで大きな地歩を築くことが出来た。しかし携帯電話、家電等ではインドで日本の商品を見かけることは無い。インドの社会がいくら変わり、経済がいくら発展して「中間層」が増えても、一人一人のインド人はこの10年においても変わらない。欧米風のビルが立ち並びインド人の頭の良さと経済の発展、マスコミによるインド礼賛の報道を信じてインドに進出しても、現実は10年前と同じ問題にぶつかってしまう。

今回はこの問題とは何か、問題を解決するための鍵が何であるかを解き明かし、インドにおいてプロジェクトを推進していくにあたり異文化のなかでどのようにマネジメントをすれば良いのかを考えていきたい。

セミナー講演内容

日本企業のインド進出の事例から学ぶ成功例/失敗例
オフショア活用成功のための異文化コミュニケーション
オフショア活用のためのリスクマネジメント
オフショア活用におけるインドと中国の違い
なお、本セミナーは「PM教育受講証明発行対象 (2PDU)」となっています。

1. 日時
 2007年8月24日 (金)
 講演 18:20 ~ 20:20
 ネットワーキング 20:25 ~ 21:20


PAGETOP