失敗学の法則

畑村洋太郎「決定版・失敗学の法則」


 第一章「失敗学の基礎知識」の続き・・


6.「課題設定」がすべての始まり

「課題とはすなわち、「自分はいま何をすべきか」という、

 行動を起こすときのテーマです。・・


 この「課題設定」こそが、

 失敗に直面したときの判断力を、そして新たなチャレンジをしよう
 というときの企画力を鍛えるのです。・・


 課題設定のメリットは、自分と課題を持つ他人を観察することによって、
 自分がやったのと同じだけの経験を得られるということです。

 同じ課題を持つ人が、先にその課題を解決しようとしていたら、
 その行動をサンプルにして、そこから失敗の対処法や予防策を考えることができ、
 また、成功への道筋を学ぶことができます。」 
 

7.「仮想演習」がすべてを決める

「新たな創造のための第一歩である「課題設定」が済めば、
 その後は、「仮想演習」でその課題をいかに解決すればいいのかを思考することが重要です。」

 仮想演習によって、

「つねに自分の周囲を観察し、自分の守備範囲以外の課題を4つ5つと設定して

 シミュレートしている人は、少なくとも人の5倍、成長することができます。」

 
 もし、「仮想演習」を日々繰り返すことにより、

 様々な物事に対する対処能力を、

 5年で5倍の成長が見込めるとすると、

 切磋琢磨し続けることにより、

 25歳から60歳になったとき、

 25歳の自分に比べて、

 なんと!

 5の7乗=78125倍

 も成長することができる。
 
  
 5年で5倍の前提を置く・・という前提の妥当性はありますが、

 5年で2倍でも、2の7乗=128倍です。

 
 自分よりも、よくできる人・・っていうと、

 イメージ的に10倍ぐらいかな~、
 
 と思っていたら、大間違い。

 100倍から1000倍以上も差がついている可能性があること。

 たとえ40歳からでも、目標を70歳にすれば、

 6乗するチャンスがあります。
 
 
 したがって、

「一日も早く課題設定して、

 それに向けて徹底的に仮想演習をすべきだ」

 という言葉・・とっても響きました!
 


スポンサーサイト

失敗学の法則

畑村洋太郎「決定版・失敗学の法則」


 第一章「失敗学の基礎知識」の続き・・

4.失敗は拡大再生産される

「失敗の《要因》《からくり》をきちんと解明し、

 《要因》《からくり》を変えるなどの対策を打たなければ、

 同じ《要因》が同じ《からくり》を通って、
 
 同じ失敗《結果》が起こるのは当然です。

 そして、

 同じ「失敗の脈絡」で失敗が繰り返されると、

 らせん状に悪循環を起こし、その打撃はどんどんと深刻化していくのです。

 これを「失敗の拡大総生産」と呼びます。」


「失敗から目を背け、隠そうとしたり、なかったことにしようとしているうちは、

 同じ失敗を繰り返します。そして新たにまた別の失敗を生んでしまう。

 これを防ぐには、「大変な失敗をしてしまった」と必要以上に臆病にならないことです。

 そして、失敗をしまっても、目を背けたり隠そうとせずに、

 冷静に「逆演算」をして、《要因》と《からくり》をきちんと解明し、

 同じ失敗を二度と起さないように対策を考え、それを実行することが重要なのです」


5.“千三つ(せんみつ)”の法則

 日本にも「千三つ」という言葉があるように、 

 畑村さんの経験によると、

 何か新しいことや未知な分野に挑戦しようとするとき、99.7%は失敗する、という。


 新規事業において、

  企画内容、技術、事業を興す本人の資質、資金、設備、場所、人材、流行、社会の経済状況、人脈

 といった10の要素がある場合、

 全ての成功率の掛け算の結果となる。

 たとえば、各々の成功率が「2分の1」の場合、トータルだと2の10乗分の1=1024分の1

 になる・・・これは「千三つ」よりも、確率が低い。

 しかし、失敗を恐れてチャレンジしないと、それは失敗である。


 でも、成功確率を上げる方法はある。

 自分にとって未知でも、自社・業界・・誰かが成功していれば、どうやれば成功できるか、

 また、失敗しているのであれば、どういう場合に失敗するのかを確認すること。

 他の失敗を手本にした「逆演算」と「類推」が重要になるのだ、と。





失敗学の法則

畑村洋太郎「決定版・失敗学の法則」


 宮田さんのマネジメント論が、

 イノベーションのためのマネジメント・・

 プラス志向のものであれば、

 こちらは、マイナス・・特に、致命的なマイナスをいかに防ぐか、

 に焦点をあてたマネジメント。

 ・・ということで、しばらく畑村さんの本、読んでみようと思っています。


 個人レベルでない、組織レベルの知恵・・

 一時期、いやいまも新しい課題である、ナレッジ・マネジメントのテーマである

 過去の豊かな「失敗」経験の知の共有の仕組みに対する考察です。

 

 いままで断片的にしか「失敗学」に触れてきませんでしたが、

 「決定版」と名が付いているように、

 これまでの作品の集大成にあたるようです。


 第一章に「失敗学の基礎知識」として、

 失敗学の根本的な考え方を紹介されています。

 非常にコンパクトにまとまっているので、少しご紹介。


 1.「逆演算」で失敗の《からくり》がわかる

  目に見えている《結果》から、まだ見えていない「原因」を辿っていくこと・・

 このことを失敗学では、「逆演算」と呼ぶ。


 この際、失敗の「原因」を、「原因」-「結果」の2要素のみで考えるのではなく、

 失敗の構造を《要因》《からくり》《結果》の3つの要素で構成されていると考えよ、と。

 
 失敗学における「逆演算」を性格に記せば、

 「《結果》から《要因》と《からくり》という見えない2つのものを逆に辿って

  探っていく」ということになる。


 2.「失敗の脈略」分析で失敗を予測せよ

  逆演算によって一般化した失敗の《要因》《からくり》《結果》の関係のことを、

  失敗学では「失敗の脈略」と呼ぶ。


  「失敗の脈略」を使って類推すれば、別の分野でも、

  どんな失敗がどういう経緯で起こるかを、予測することができる。

  ex.2001年の狂牛病騒動と農水省の行動の関係は、
    薬害エイズの厚生省の対応と類似


 3.失敗は確率現象である
 
  事故や災害について調査した結果確立した法則・・「ハインリッヒの法則」

  1件の重大災害の裏には、
  29件のかすり傷程度の軽微な災害があり、
  さらにその後ろには、
  ヒヤリとしたハッとして冷や汗が流れるような事例が300件潜んでいる

  ・・・329件の事象を軽視・黙認した結果が、

  1件の重大事故である・・・

  とすると、あらゆる組織のトップは、

  マネジメントの責任は免れることはないのだ、と思います。


  また、この逆の理論として、

  失敗を隠した結果、判明した場合、

 「ツケの大きさはだいたい、予兆や事実を無視したり、

  隠したりして「得をしたつもりになっている」金額の300倍くらいになる」

 のではないか、と畑村さん。


 ・・・つい先日復活した「白い恋人」や、いまだ謹慎中の赤福さんは、

 300倍ではきかないダメージを受けている、と思います。

 
 ・・以下、続く?!
 


<目次>
第1章 失敗学の基礎知識
(「逆演算」で失敗の“からくり”がわかる
 「失敗の脈絡」分析で失敗を予測せよ ほか)
第2章 失敗の理解に不可欠な知識
(「暗黙知」を生かせ;質的変化を見落とすな ほか)
第3章 失敗から身を守る―組織の中の個人編
(精神的ショックへの対応を考えろ
 「被害最小の原理」が身を守る ほか)
第4章 失敗から身を守る―組織運営編
(「責任追及」と「原因究明」を分けろ
 当事者の視点からでしか正確に伝わらない ほか)
第5章 失敗から創造へ
(日本の再生は失敗の直視から
 創造に潜む失敗
 失敗に学ぶ組織「畑村塾の実践」
 明るい未来への失敗学)




アメリカズカップのテクノロジー

宮田秀明「アメリカズカップのテクノロジー」

 
○3S+S

 これからの技術における、重要なキーワードとして、

 3つのSと、もう一つのSを指摘されています。

 Science  サイエンス

 Synthesis シンセンス

 Society  社会   

 これに、

 Spirit   情熱 

 
「科学的な発見や進歩は、一番根本的な進歩をもたらす。

 もし科学的な進歩がなくても、構想力による総合化(シンセンス)によって

 新しいシステムが創出されてくることも多い。

 そして、どの場合も、それらが社会(ソサエティー)にとって有益なものかを

 吟味し、社会のニーズから発生するものを常に追求しなければならない。

 最後に、情熱(スピリット)は、すべてを動かす原動力である」と。 
 

 シンセンス・・・一番大切だと思いますが、

 サイエンス・・要素技術をマスターした上でのお話しなので、

 道険し、の心境です。




ウェブ時代をゆく


 11月14日水曜日19時から、東京・丸の内の丸善本店で

 梅田望夫さんの「ウェブ時代をゆく」の出版記念の講演会がありましたが、

 その講演記事が、全文アップされていました・・・って、

 16日にすでにアップ済みなので、すでに10日以上経ちますが^_^;


 
 この本のタイトル「ウェブ時代をゆく」・・・を英語にするとしたら、


 “Web Revolution for the Rest of Us”

 (残された自分たちのためのウェブ革命)


 になるんだそうです。


 「Rest of us」(残された自分たち)・・・


 梅田さん自身、過去45年余の半生を振り返って

 イチローや羽生のような天才でなく、

 専攻したコンピュータ・サイエンスにおいて、愛情も能力もあるハッカーではなく、

 事業としたコンサルタントでは、大前さんの境地まで達せず・・

 「残念な気持ち」になった。

 しかし、この気持ち・・・9割9分の人たちの心境です。

 ・・いや、9割9分9厘9毛・・・の人たちかも。


 その人たち向けに、「新しい生き方」・・「けもの道」という生き方を示した。


 梅田さんの話を読みながら、

 生き方を変えるには、意識よりも行動を変えることが大切なことを

 改めて感じましたが、

 そのためには「時間の使い方」を変えること・・

 「時間の使い方の優先順位」を変えること、

 「やめることを先に決め」よ。


 「何かを捨てなければこの本を読んだことにならない」と。



 梅田望夫氏講演「リアルの世界に生きる人は、ウェブ時代をどう生きたらいいのか」




理系の経営学


宮田秀明「理系の経営学」


○トップガンの組織形態


「最も活力ある組織を作って経営し、その活動を最大出力にする能力を

 リーダーシップという。

 人と物的資源と知的資源の選択、

 人と時間と資金の配分が任務の大変を占める。

 なかでも人の選択と配分は最重要課題である。

 能力ある人を集め、その能力を最大限発揮させるだけでなく

 仕事を通して大きく成長させなければならない。

 仕事の内容が進歩したり、いろいろなシステムが生まれ変わったり、

 技術革新が成功したりしたとき、その担当者も同時に成長しているものだ。

 このように組織のメンバーの能力が伸びつつ、組織の成果が得られるときは、

 その組織のキャパシティが最大出力に向っているといえる。」



 ここでは、通常のマネジメントではなく、

 イノベーションのためのマネジメントを対象にする組織に対して、

 スカンクワークスの形態を提案します。


「すべての組織が創造的で、仕事がすべてプロジェクト的に行われるなら、

 その組織は10~15人のスカンクワークスを基本単位にするのがいいだろう。

 スカンクワークスは、能力差の少ない優秀なメンバーによって構成された

 小規模のプロジェクトチームである。」

 スカンクワークス・・もともとは、ボーイング社の新型の軍事戦闘機・・

 ステルスを開発したプロジェクトチームが起源であるが、

 現在は、新商品・新サービスの開発チームにもお勧め。


 スカンクワークスのチーム構造の利点

 1.運用効率

 2.相互啓発

 3.全体像の共有

 4.ハーモニー

 5.柔軟さ

 6.変化と成長


 スカンクワークスには、「少数だからこそ精鋭化する」という言葉が

 そのままあてはまっています。
  


お台場

今週末は、いい天気でしたね~。

お台場へお買い物・・
帰り、観覧車に、久しぶりに乗りました。

ヴィーナスフォート

ヴィーナスフォート・・・

17時過ぎると、クリスマスのイルミネーションが始まりました。

帰ろうとしていたのですが足が止まり、

グリーンアベニューとオレンジアベニューをいったりきたり・・


理系の経営学

宮田秀明「理系の経営学」


○ITと経営の関係

「ITが経営を助けてくれる - といったように、

 ITを単なるツール以上にしか見ないと、経営改革は成功しない。

 ITは経営システムを根本的に変えるものだと理解しなければならない。

 
 CIOが経営にどのように関与するかは重要なポイントである。

 メインフレーム・コンピュータの導入が始まった25年前の電算化推進担当役員

 と現在のCIOを同じ位置づけで考えるのは、間違いである。

 この間にITの能力と可能性は少なくとも1万倍は拡大しているのである。

 ITは有機体として組織のインフラを根底から変えてこそ

 価値のあるものになる。」



「技術は単に経営を助けるものではない。

 経営を技術とが一体化して有機体としての組織に活力を生み出さなければならない。

 場合によっては技術をITと読み替えてもいいだろう。

 ITは単に経営を助けるものではない。

 ITは経営そのものをシステムとして変革する技術である。」
 

ユニカフェ

 ユニカフェさんから、優待品到着。

1.新豆コーヒー コロンビア・ウィラ地域産
2.トラベルカフェ 12:00メキシコアルツラ
3.炭焼焙煎・ドリップコーヒー 8杯分
4.石焼仕上げ・ドリップコーヒー 8杯分

 コーヒー豆の種類は、人によって異なるようですね。

 一足先に届いたバジリスクさんのブログで、

 希望者にもれなく、来年発売の新製品がプレゼントされる「隠れ優待」

 があるとのことでしたので、楽しみにしていましたが、ちゃんと希望ハガキが

 ついていました!


2597 (株)ユニカフェ
権利確定月 9月末日・3月末日
100株以上 2,000円相当の自社製品

 <2007年3月時>株主優待到着 ユニカフェ&キーコーヒー

カゴメ

 カゴメさんから、優待品到着。
 
 1000円分ですが、いつものことながら充実しています。

1.ロールキャベツ用ソース
2.パエリア(レトルト)
3.黄色の野菜
4.赤の野菜
5.基本のトマトソース
6.トマトケチャプ


2811 カゴメ(株)
権利確定月 3月末日・9月末日
100株以上   1,000円相当の自社商品
1,000株以上 3,000円相当の自社商品

 <2007年3月時>株主優待到着 カゴメ

PAGETOP