マンガ狂につける薬(下学上達篇)

呉智英「マンガ狂につける薬 下学上達編」 (ダ・ヴィンチブックス)

メディアファクトリー

2007年刊


 名作マンガ・・品切れ多いですね~

 古本も含めて、順次手に取りたいと思います。


 
○洗練された想像力を持った二人

 杉浦茂『聊斎志異』・・杉浦さんがこの作品を書いたのは、83~84歳にかけてのこと。
 いくつになっても衰えない創造性と意欲、素晴らしいですね~


○人格の統一性を裏切る局部

 田中圭一『神罰』

神罰


○「恋愛強迫症」の流行

 小谷野敦『江戸幻想批判』

江戸幻想批判改訂新版 


○「劇画」に関わった弟と兄

 桜井昌一『ぼくは劇画の仕掛人だった』

≪水木マンガに出てくる眼鏡をかけて出っ歯の男は、桜井昌一がモデルだという。≫

 連ドラの「ゲゲゲの女房」に出てくる梶原善さん扮する戌井慎二のモデルが、

 桜井昌一さんでした!

 
○子供たちの日常を切り取る視点
 
 小田扉『団地ともお』

団地ともお(1) 

 大人からみればどうでもいい日常の出来事が、子どもにとっては、
 
 ≪天が崩落してきたかのように悲しい≫

 そんな子どもの日常を切り取っている作品、とのこと。


 坪田譲治『お化けの世界』・・「風の中の子供」
 


○思弁的な面白さ

 上野顕太郎『夜は千の眼を持つ』『帽子男は眠れない』『朝日のようにさわやかに』

星降る夜は千の眼を持つ


○皮肉と逆説の名銃

 松本仁一『カラシニコフ』

≪兵器を知らなければ平和を語ることもできない。

 このアイロニーの重さを本書で知っておきたい。≫


○被爆の二つの遺書

 白土三平『消えゆく少女』

 こうの史代『夕凪の街 桜の国』

夕凪の街桜の国

○三百年前のキャバ嬢のテク

 もりもと崇『難波鉦異本』

難波鉦異本(上)


○愚かなる青春と倫理

 加藤尚武『現代倫理学入門』

現代倫理学入門

 ・・「愚行権」という概念の提案


<目次>
筋を通し、主義に殉ずる
洗練された想像力を持った二人
衰退する文学状況を打破
血湧き肉踊る面白さ
虫の小世界に意味を見出す
文学論争を読んで文学観を問いなおす
内面の描写は不可欠なのか
人格の統一性を裏切る局部
釣りの悲しみ
世紀末の挿絵と現代の浮世絵師
人間の本性に測鉛を垂らす
「恋愛強迫症」の流行
女の子本来のやさしさとは…
二十世紀の過激さを超えて
女の真実
不気味さと異国趣味
起源への夢
「劇画」に関わった弟と兄
代用品を超えたポルノ
戦後史の逆説、梶原一騎
単純であるが故に力強く
幸福なる不幸な時代の傑作
新しい技術は時代を変えたか
あの頃が見えてくる
子供たちの日常を切り取る視点
思弁的な面白さ
頽廃文化としての探偵小説
人造女性の悲哀と滑稽
「慰霊」の宗教的根拠
マンガ史の黄金伝説
皮肉と逆説の名銃
職人的な持続力
表現の自由の異端として
被爆の二つの遺書
コドモのセックス
反法治思想の危険な魅力
子である不幸、親である不幸
非現実の恋
失踪漂泊への憧れ
三百年前のキャバ嬢のテク
図式に収斂できぬ悲劇
見えているように世界を見た
壮絶の美を描く戦記
マンガでは表現できない小説
肉体の闘争、権力の闘争
性の錯綜
爛熟した文明に出現した「下流」
現代のちょっと手前
愚かなる青春と倫理
青春を遠い昔として

スポンサーサイト
マンガ狂につける薬

マンガ狂につける薬

価格:1,260円(税込、送料別)



呉智英「マンガ狂につける薬」 (ダ・ヴィンチブックス)

リクルート ダヴィンチ編集部

1998年刊


 手に取ったら、マンガも本も読みたくなってうずうずしてしまいます。

 時間もお金も、どれだけ使うことになるでしょうか?



 
○常識的ジャーナリズム論への懐疑

 土田世紀『編集王』

 【中古】B6コミック 1)編集王 / 土田世紀

 大宅壮一『「無思想人」宣言』

≪ジャーナリズムの倫理だの正義だの理想だの、
 そんなものはありはしないということだ。
 ・・
 そして、ないと断言した後で、いややはりあるはずだとの確信も湧いてくるだろう。≫
 ・・それこそ、≪どんな職業にも共通する職業倫理、職業上の理想があるのだ。

 それは簡単なことである。商品には責任を持つこと。

 営利の範囲内で客のニーズに応えること。ただこれだけである。≫
 

○生命の不思議を前にして

 シュレーディンガー『生命とは何か』

生命とは何か

≪動いている物質の中には、必ず物理的・化学的”落差”が存在している。
 ・・
 この高低差や電位差がなくなったとき、動いていた物質は止まる。
 すなわち、落差は平衡状態になったのである。これをエントロピー最大状態という。

 ところが、生命体だけは他の物質とはちがって、容易には平衡状態にならない。
 これを古代から神秘的な”生命力”と呼んできた。≫
 

○性の常識への挑戦者たち

 ジョン・マネー他『性の署名』

≪『性の署名』は副題に、「問い直される男と女の意味」とあるように、我々が常識的に
 先天的なものだと思ってきた男女の性差が実は後天的に文化によって決定されたもので
 あることを明らかにした性心理学の基本書である。≫

 男の子が割礼の失敗後、女の子として育ち、女性となって結婚までする様子は、
 衝撃です!



○富の不平等、性の不平等

 倉塚平『ユートピアと性』


≪人間は、貧困や愛欲から解放されたとしても、人間であるという悲劇からは

 解放されないのである。≫



○良き老人はどこにいる

 深沢七郎『楢山節考』

 三島由紀夫曰く、『楢山節考』は、不快な傑作である。

≪我々が良識だと信じている老人観、親子観、さらには福祉観をくつがえすような
 
 「不快な傑作」だと言うのだ。≫


○自我の不思議、人間の不思議

 梅図かずお『洗礼』


○擬制的な絆としての天皇制

 永井豪『永井豪怪奇短編集1 鬼』
 
 永井豪『永井豪怪奇短編集2 霧の扉』
  

○幕末維新期の空気を体験してみたい

 篠田鉱造『増補 幕末百話』 (岩波文庫)

幕末百話増補 
 篠田鉱造『明治百話 (上)』 (岩波文庫)

明治百話(上)
 篠田鉱造『明治百話 (下)』 (岩波文庫)

明治百話(下)
 篠田鉱造『幕末明治女百話 (上)』 (岩波文庫)
 篠田鉱造『幕末明治女百話 (下)』 (岩波文庫)


○ブラックユーモアもお涙ちょうだいも

 J・スウィフト『貧家の子女・・・についての考察』 『奴婢訓』に収録


○社会主義崩壊後のスパイもの

 末松正博『奥様火の用心!』


○今なら書けない狂気を描いた笑い

 東海林さだお『新漫画文学全集』

 坂口安吾『総理大臣が貰った手紙の話』『盗まれた手紙の話』

 
○民族の常識と逆説

 坂口尚『石の花』

 小熊英二『単一民族神話の起源<日本人>の自画像の系譜』

 戦前日本は、多民族帝国であり、
 
 戦後、単一民族の神話が生まれた、という逆説


○文学という魔性の継承

 伊藤整『日本文壇史』

 ・・全18巻、読みたいですね~




<目次>
常識的ジャーナリズム論への懐疑
農民運動の理解のしかた
ヒューマニズムの向こうに
歴史的事実と良識
生命の不思議を前にして
市民とヤクザと国家権力
やさしさを超えるために
性の常識への挑戦者たち
富の不平等、性の不平等
良き老人はどこにいる〔ほか〕


マンガで鍛える読書力

本山勝寛「マンガで鍛える読書力」

PHP研究所

2009年刊


 当然のことながら、マンガも、本である。

 専門書の入り口に、入門書があり一般書があるように、マンガがあってもよい。


 呉智英さんであれば、・・あってもよいなんてレベルはなく、

 マンガ大国日本においては、本では表現しきれず、

 マンガにのみ表現される世界があり、そこに凄味がある、ということだと思います。



 マンガの紹介を読みながら、類書を読みたくなり、

 本の紹介を読みながら、マンガを手に取りたくなります。



 本宮ひろし『国が燃える』

 【中古】B6コミック 1)国が燃える / 本宮ひろ志

 石原莞爾『最終戦争論』

最終戦争論 

 石橋湛山『石橋湛山評論集』・・小日本主義

石橋湛山評論集

 福田和也『地をひらく - 石原莞爾と昭和の夢』


 安彦良和『虹色のトロツキー』

虹色のトロツキー(1)

 安彦良和『ナムジ - 大国王』『神武』

ナムジー大國主ー(2)

神武(1)

神武(1)

価格:340円(税込、送料別)



 安彦良和『アレクサンドロス - 世界帝国への夢』
アレクサンドロス完全版

アレクサンドロス完全版

価格:1,365円(税込、送料別)



 安彦良和『イエス』

 安彦良和『我が名はネロ』

我が名はネロ(1)






<目次>
1章 「歴史モノ」は本好きになる王道
2章 国際関係を読み解く土台「世界史」
3章 「政治」は現代の歴史モノ
4章 「ビジネス・経済書」を仕事に生かせ

ボブ・ラングレー「北壁の死闘」 (創元ノヴェルズ)

訳は、海津正彦



 この2日ほどは、頭は、「北壁の死闘」で一杯でした(>_<)

 
 さすがに名作だけあります。

 最後の50ページはしびれました。

 

 1936年7月に起こった、「アイガー北壁」での悲劇・・
 
 トニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサーにアイガーへのチャレンジを

 強く勧めたのが、主人公のエーリッヒ・シュペングラーだった、という設定です。

 あの日、友人二人の死を目撃し、トラウマとなるシュペングラーでした。

 しかし、このシュペングラーにも、自由に登山する権利はなく、

 ドイツの栄光を背負うことになります。



 「世間になど、何ほどの価値もありません」という老婦人の言葉・・

 その謎が分かる時、圧倒的な感動があります


北壁の死闘


 映画「アイガー北壁」・・トニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサーの死闘

 これから読みたい山岳小説

Tim Vicary - The Everest Story: 1000 Headwords (Oxford Bookworms Factfiles)

2010年刊


 エベレストを目指した人たち・・


 やっぱり、エベレストの謎というと、

 消えたマロリー・・・マロリーのカメラでした。

 果たしてマロリーは何を見たのか?
 

 マロリーの最後の姿を目撃したノエルに残した手紙・・


Dear Noel,

We'll probably start early tomorrow(8th) in order to have clear weather.

It won't be too early to start looking out for us either crossing

the rock band under the pyramid or going up skyline at 8.0 p.m.

Yours ever, G.Mallory



 Jon Krakauer - Into Thin Air: A Personal Account of the Mt. Everest Disaster ジョン・クラカワー「空へ」

 夢枕獏「神々の山嶺」〈上〉 (集英社文庫)

 夢枕獏「神々の山嶺」〈下〉 (集英社文庫)

 朝、宅配便を受け取ったり、クリーニング屋さんへスーツを渡してから、出発・・

 埼玉スーパーアリーナへ着いたのは、11時20分頃(>_<)

 株主総会は、11時開始なので、会社側の説明はほぼ終えるところでした。

 いつものように、12時半までの1時間は、質問タイム・・

 お家騒動以降、松浦社長とトリオ?!を組んでいた、荒木専務と小林常務が

 退任されていました・・なぜ???



 シークレットライブは、13時半スタート・・

 ICONIQ
 MOUMOON  ・・Sunshine Girl
 GIRL NEXT DOOR
 alan  ・・風に向かう花
 AAA
 小室哲也
 trf
 
 15時25分終了、1時間55分
 
 昨年4時間、
 一昨年3時間半だったので、今回はとってもあっさりしていました。

 個人的には、alanの歌声が聞けて、満足でした。

 小室さんのピアノはサプライズでしたが、

 さすがにエリカ様は登場しませんでしたね!Ф


 会場を出た途端、人ごみからは、
 「AAA以外ダメ~」「知らない人ばっかりだった!」
 「これで徹夜したら怒るよ・・」等と、過去に聞いたことのない言葉(>_<)

 でも、なんだかこれまでと違って、小さなミス・・たわいないと言えばたわいない・・
 ・アリーナ席の後ろが無視される
 ・alanが水を飲んで一息ついている間に、次の曲始まる「はやっ!」
 ・TRFのユーキがこける
 ・大物不在

 が目についたライブでしたね~

藤野駅

 午前10時半、JR藤野駅に到着・・

 駅の観光案内所で、受付のお姉さんに地図とルートの説明を伺う。

 無料レンタルの杖の利用も勧められました。とっても親切でした。

藤野駅 

 13時まで、バスはないので、
 陣馬登山口まで、約30分ほど歩く。

陣馬山 

 一ノ屋根コースを歩く。

陣馬山

陣馬山

陣馬山

陣馬山

陣馬山
 
 

 標準コースタイム通り、1時間40分で、山頂に到着する。

 山頂には、シンボルの白馬・・

陣馬山

陣馬山

陣馬山


小雨で、ガスが出ていたため、視界は不良・・でした。

陣馬山

陣馬山

陣馬山


 富士見茶屋さんで、休憩・・

 35歳のフランス人のお父さんが、4歳の娘さんを背中に背負って来られていました。
 偉い!

 おでんとうどん・・
富士見茶屋

 うどんのシイタケは味が沁みていて美味しい・・

富士見茶屋


 ついでに?!、カキ氷も・・シャリシャリしていて美味ڤ

富士見茶屋


 下りは、ナラコ尾根コース・・

陣馬山

陣馬山

陣馬山

陣馬山 
 


 陣馬の湯には、3つの温泉宿がありますが、
 今回は、岩風呂と露天風呂のある姫谷旅館さんにしました。

 岩苔の風情のあるお風呂を堪能・・

姫谷旅館


 入浴中に用意していただいた
 少し早い夕食・・

姫谷旅館

 栃谷川の上流で採れたイワナと、
 タケノコがふんだんに使われた釜飯定食でしたڤ


 旬のタケノコ・・柔らかくておいしかったです。


 
 食後、闖入してきた5月に生まれたばかりのワンちゃんに
 手を甘噛みされるままにして、30分ほど遊んだ後、
 帰宅しました。

Cliffhanger

Cliffhanger - Jacqueline Wilson

 小学校低学年のティムくんが体験する冒険キャンプのお話・・


 キャンプ場では、「アブセイル・・懸垂下降」が好き、という女の子がいます。

 そして、崖の上に連れていかれて、
 
 「さあ、やってみよう!」

 当然、「ぼく、できない」というのですが、説得されます。

 "We all get scared, especially the first time."

 "But you'll see it's easy, Tim.

Trust me. Now. Into the harness."

 ・・まあ、こんな信頼なんて、あてになりません?!




Cliffhanger

Cliffhanger

価格:1,344円(税込、送料別)




実況liveコンサルティング実践講座

須藤実和「実況LIVEコンサルティング実践講座―戦略思考による課題解決とアクションプラン」

ダイヤモンド社

2009年刊



≪戦略思考とは、企業が持続的競争優位を保つための最適解を、
 必要十分な事実と情報をもとに理論的に導き出す方法です。≫

 コンサル活動に必要なスキル・・

 (1)答えを出す・・課題解決力

 (2)答えに共感してもらう・・プレゼンテーション力

 (3)答えを実行に移す・・プロジェクトマネジメント力

 

○課題解決力

 課題解決の進め方・・

 1.課題の本質をあぶりだす

 2.課題解決の糸口を探す
 
 ・・”インサイト(洞察力)”を持って、”視点”や”切り口”を導出する。

 ”インサイト”は、
 ・「なるほど」と腑に落ちる
 ・多面的にみても「そのとおり!」と納得できる
 ・次のアクションを示唆する

 3.課題解決にあたっての仮説を構築する

 ”仮説のセンス”の分かれ目・・

 ・感度 ・・小さな現象や変化を感知する
 ・客観性
 ・行動力


 4.仮説を検証し、軌道修正する

 

○プレゼンテーション力

 プレゼンテーション・スキル・・

 ・腑に落ちる説得力
 ・わかりやすさ
  ・簡潔
  ・論理的
  ・聞き手目線
 ・インパクト
  ・意外性
  ・不可避性
  ・伝導性
 ・行動を喚起
  ・場の高揚感
 
 1枚のスライドで提言内容のエッセンスを伝えられるもの・・
 「100万ドルのスライド」

 それは・・その場のキーパーソンの意思決定を促す威力を持つ





<目次>
コンサルティングの目的とその手法
課題解決の進め方
情報分析のツール
傾向分析
要因分析
差異分析
因果分析
もれ分析
勝敗分析
フレームワークの活用
3C分析
ファイブフォース分析
バリューチェーン分析
4P分析
7S
SWOT
仮説の構築と判断
課題解決の事例:無印良品と花王
課題解決リーダーに求められること
プレゼンテーション・スライドの作り方
100万ドルのスライド(キヤノンの事例)
ストーリー展開の方法結論先行型と結論誘導型
プレゼンテーションの進め方
組織の行動を喚起するコツ


ソフトウェア開発はなぜ難しいのか

大槻繁「ソフトウェア開発はなぜ難しいのか ~「人月の神話」を超えて」(技評SE選書)

技術評論社

2009年刊

 


 ソフトウェアエンジニアリングの難しさは、

 ≪実世界≫
 ≪コンピュータ世界≫
 ≪人間世界≫
 の3つの世界が複雑に絡み合っていることによる。


 ≪ソフトウェアが実世界に接続され、実世界が複雑であることが困難の要因である。≫
 ・・実世界の変化、認識の変化の影響を受ける。


 
 ソフトウェアエンジニアリングとは、
 複合的な≪記述≫活動に関する知識体系である。

 ≪記述によって、抽象的な機械としてのソフトウェアが生み出され、
  それが計算や情報処理を行い、人々に便利な機能やサービスを提供していきます。≫
 ・・『人月の神話』によると、複雑なものを分析するために、階層化や構造化をし、
 抽象化を図る。
 しかし、抽象化することにより、必要情報も捨象されてしまうため、
 うまく抽象化をし、可視化することは不可能である。




 ソフトウェアの4つの本質的困難とは、

 「複雑性」 大きくて複雑なことそのもの
 「同調性」 ソフトウェアは、ハ―ドウェア、ネットワーク、他システム等と
       関係し、順応し続けていなければならない。
 「可変性」 常に変化しし続けなければならない。
 「不可視性」ソフトウェアは目に見えない

 にある。



≪ソフトウェア開発がハードウェア生産と決定的に異なるのは、≪製造≫がないこと≫にある。


 人間の管理限界・・優秀なプログラマでも、1万ステップ程度

 1000万ステップのシステムならば、最低1000名が必要。


 ≪一般に、趣味と製品との間の工数の差異は10倍程度と言われています。≫

 ・・大人数のプロジェクトとなる難しさがある。

 ≪規模が大きくなると、コミュニケーションオーバーヘッド工数が増大する。≫

 100Kステップの場合で、コミュニケーション工数比率は、約37%。
 1Mステップで、50%に達する。

 ≪・・ソフトウェアは、プロダクトとプロセスとの複合的な依存関係に
  よって複雑なものになっていくます。≫


 段取りだけではうまくいかない。

 その理由の一つは、最初からWBSを明確に定義することができないことであり、
 もう一つは、そもそもプロジェクトを定義することが難しいことにある。



<目次>
はじめに
なくならない苦労
人月の神話
本書の構成

第1章 普遍的な問題
プロフェッショナルとしてのソフトウェア開発
ソフトウェアエンジニアリングとは
人月という考え方の根源
組み合わせの爆発
火に油を注ぐ
労働価値説

第2章 本質的困難
本質と偶有
本質的困難の普遍性
複雑性とは
同調性とは
可変性とは
不可視性とは

第3章 人月との戦い
ソフトウェアエンジニアリングは何を解決してきたのか
時代背景と本質的困難の関係
ソフトウェアエンジニアリングと本質的困難

第4章 これからのソフトウェアづくり
抽象化・自動化・モジュール化
抽象化
仕様化と実現の関係
進化型ソフトウェア
新しい世界観
一様から多様へ
操作から生命へ
可視から不可視へ
本質的困難再考

おわりに―人月の神話を超えて

読書案内

PAGETOP