【送料無料】功利主義者の読書術

佐藤優「功利主義者の読書術」

新潮社

2009年刊




 「功利主義者の読書術」とは、

 神が人間に何を呼びかけているかを知るための技法である。




多川俊映『はじめての唯識』

 あなたが、国会議員と喧嘩をしたとする。

 次に国会議員とすれ違ったときに、

 その議員が「この前はどうも。俺は気にしていないから」といったとする。

 永田町用語では、「俺は気にしていない」は、

 「お前のほうで気にして、深く反省し、謝りに来い」ということだ。Ӥä




 
綿矢りさ『夢を与える』

≪新自由主義的な競争社会から早く降りてしまえ、

 そうすれば人間を取り戻すことができるという声が、

 この作品の行間から聞こえる。≫



宇野弘蔵『資本論に学ぶ』

≪資本主義の限界についての認識が日本社会で共有されるようなる。

 限界を知る者は強いのだ。≫


≪資本主義自体に限界があることを考えない近代経済学の視座では、
 恐慌や格差問題の本質が見えてこない。≫




カレル・チャペック『山椒魚戦争』

≪人間には「質問されたことには答えなくてはならない」という刷り込みがなされているので、

 都合が悪くなったらうまく質問する側に回って、攻勢をとるのだ。

 攻撃は最大の防御である。≫




高橋和巳『我が心は石にあらず』

 高橋たか子曰く、

 ≪主人は要するに自閉症の狂人であった。≫




東郷和彦『北方領土交渉秘録』

 東郷氏は、
≪・・自分の能力に自信があるので、蓄財などしていなくても、
 何とかなると思っていたのだ。≫




フリードリッヒ・リスト『経済学の国民的体系』

≪精神的資本は、教育によって蓄積される。

 この教育を担保するのが書籍、新聞、雑誌などの活字メディアである。

 従って、活字を読む文化を定着させることが、真に愛国的行動と言えるのである。≫






<目次>
資本主義の本質とは何か
論戦に勝つテクニック
実践的恋愛術を伝授してくれる本
「交渉の達人」になるための参考書
大不況時代を生き抜く智慧
「世直しの罠」に嵌らないために
人間の本性を見抜くテクニック
「沖縄問題」の本質を知るための参考書
再び超大国化を目論むロシアの行方
日本の閉塞状況を打破するための視点


スポンサーサイト

【送料無料】はじめての宗教論(左巻)

佐藤優「はじめての宗教論 左巻―ナショナリズムと神学」(NHK出版新書)

日本放送出版協会

2009年刊




 神学は、エリートの学問である。

 シュライエルマッハーによれば、

 すべての学問は神学から見ると補助学である。

 人間が関わる森羅万象のすべてにおいて神学が成立します。

 つまり、法神学も、経済神学も、医療神学も、数理神学も全部成立する。

 つまり、神学はメタ学問である。





 自分の才能は、

 ベルーフであり、神から授けられたものだから、

 個人的な知的関心や、金儲けのために使ってはいけない。

 自分の才能は、社会のために使わないといけない。

 そうでないと、原罪につながる。




 弁証学と論争学・・

 弁証学は、敵・外道、キリスト教以外の人々との喧嘩のための学問

 一方、

 論争学は、キリスト教の内部、他のキリスト教のグループに対して、
 自分のグループが正しいと証明するもの





 ナチズムは、アンチ・ヒューマニズムであり、

 マルクス主義は、ヒューマニズムである。

 そして、キリスト教は、人間には限界があり、弱いものであり、原罪を持つ、

 と考えるアンチ・ヒューマニズムである。





 啓蒙主義を経験した現代人は、基本的に宗教を信じることはできない。

 だから、まじめに宗教を取り扱うと、必ず宗教批判となる。





<目次>
序章 キリスト教神学は役に立つ―危機の時代を見通す知
第1章 近代とともにキリスト教はどう変わったのか?
第2章 宗教はなぜナショナリズムと結びつくのか?
第3章 キリスト教神学入門1―知の全体像をつかむために
第4章 キリスト教神学入門2―近代の内在的論理を読みとく
第5章 宗教は「戦争の世紀」にどう対峙したのか?
第6章 神は悪に責任があるのか?―危機の時代の倫理


【送料無料】はじめての宗教論(右巻)

佐藤優「はじめての宗教論 右巻 見えない世界の逆襲」(生活人新書)

日本放送出版協会

2009年刊





 「見える世界」と「見えない世界」・・

 この二つの世界を結びつけるもの、それが宗教。


 近代においては、「見えない世界」は捨象され、

 「見える世界」を中心に、物事が扱われるようになった。

 「見えない世界」を論理的に考える習慣、訓練が減った結果、

 宗教を名乗らない宗教(自己啓発、マルチ、前世や霊視など)に
 たやすくひっかかってしまうようになった。

 一方、無神論者も、宗教を否定して科学を信奉する宗教といえる。
 
 本書は、「見える世界」と「見えない世界」との関係を

 再度結び付け直そうとする試み、といいます。




≪人間は神学を研究すると、必ず変容していきます。

 テキストを読むことは、テキストによって自分自身が読まれていくことです。

 テキストと自分の間で融合と対話が起きてくるわけです。≫




 ソクラテスはなぜ毒杯を飲んだのか?

 彼が死を恐れていなかったのは、

 プシュケー、魂は、内面から外側に移動することが可能だと思っていたから。

 肉体が滅びることで、プシュケーがそこから自由になると思っていたから。





 千年王国・・

 重要なのは、圧倒的な権力に対して、革命を起こして理想的な社会を作ることではなく、

 忍耐すること、信仰を維持することにある。

 そうしていると、向こう側・神の方から、救済がやってくる。




 キリスト教における人間と動物の違い・・
  
 神は、塵から人型を作り、その鼻にふっと息を吹き入れた。

 プネウマ(スピリット)、霊を吹き入れた。

 一方、動物を作るとき、この空気を入れなかった。




 京都学派・・

 日本の思想家、哲学者は、当時の精神科学の最先端をふまえて、
 世界の構造をもう一回変えようとした。
 それが、大東亜共栄圏の思想につながっていった。
 西田幾多郎、田邊元、高山岩男といったレベルの高い京都学派の哲学者たちが、
 大東亜共栄圏の思想に関与したのは、時局に迎合したわけではなく、
 内発的なものだった。
 それゆえに、問題の本質は深刻です。


<目次>
序章:「見える世界」と「見えない世界」
   ――なぜ、宗教について考えるのか?
第1章:宗教と政治
   ――神話はいかに作られるのか?
第2章:聖書の正しい読み方
   ――何のために神学を学ぶのか?
第3章:プネウマとプシュケー
   ――キリスト教は霊魂をどう捉えたのか?
第4章:キリスト教と国家
   ――啓示とは何か?
第5章:人間と原罪
   ――現代人に要請される倫理とは?
第6章:宗教と類型
   ――日本人にとって神学とは何か?


【送料無料】野蛮人の図書室

佐藤優「野蛮人の図書室」

講談社

2011年刊


≪読書をする人は、しない人と比べて人生が4~5倍豊かになる

 と評者は信じている。≫





≪「どうしたらいいか?」て問いには、

 答えを出さずに不安な状況に耐えることが大事だと思う。


 ・・

 回答を急がない。

 不安のままぶら下がって、それに耐える力こそが
 「教養」だと思うんですよ。≫








松本清張「随筆 黒い手帖」より
≪「(ヒントが)浮かんできたら、その場で、ただちに、持ち合わせた手帳になり
  何なりにメモしておきます。
  突然湧いたものだけに、すぐ記憶からうすれるということが非常に多く、
  あとで考えても、一体あれは何だったのかなと、
  思いだそうとしても出てこないことがあるほどです。
  だから、なるべく、いつもノートを用意しておいて、思いついたら、
  すぐに一語でも二語でも簡単にメモしておくことが大切であります。」≫




休みにこそ読むべき本・・

ヘーゲル「歴史哲学講義」(上・下) 長谷川宏訳

≪ほかのひとの訳ではちんぷんかんぷんでも、長谷川訳で読めば
 ヘーゲルはようわかる。≫




山口二郎「政治を語る言葉」

≪既存のメディアの受け売りでない、自分の言葉で政治を語るようになれば、
 必ず未来は変えられる。
 まじめに働き、社会に参画している人間が、自らの抱える問題を公共的空間に
 提起することを何ら遠慮する必要はない。≫







<目次>
第一章 人生を豊かにする書棚 
1読書の仕方がわかる本 
2猫のことがわかる本 
3京都がわかる本 
4就活がわかる本 
5詐欺がわかる本 
6蕎麦がわかる本 
7ビールがわかる本 
8草食系男子のための本 
9婚活がわかる本 
10不倫がわかる本 
11フーゾクがわかる本 
第二章 日本という国がわかる書棚
1格差を理解するための本 
2政治家を理解するための本 
3政権交代がわかる本 
4プロレスについて考える本 
5テロを理解するための本 ほか
第三章 世界情勢がわかる書棚
1恐慌を理解するための本 
2アメリカ大統領を知るための本 
3プーチンがわかる本 
4北朝鮮がわかる本
5パールハーバーについて考える本 ほか


【送料無料】まじめの罠

勝間和代「まじめの罠」(光文社新書)

2011年刊




「まじめの罠」にはまると、

 「仕事も家庭も120%のまじめさで取り組むと、必ず破綻する」


「まじめの罠」に陥る「まじめな人」とは?

 「与えられた課題設定に疑いを持たない人」
 
 「与えられたものに対して逆らわない人」



「まじめの罠」に陥る「まじめな人」が不足しているスキル


 1.ランク主義に染まり、価値観、視野に「多様な視点」がない

   まじめな人は、異質なものを排除する

 2.「決まり」を疑うような、問題設定能力がない

   決まりは、天から降ってくるものだと考えて、自分が決めない

   ルールを守っていれば、責任はないと思っている

 3.自分自身を客観視できるようなメタ認知能力がない



 「遊ばないヤツにマーケティングは無理」・・

 様々な状況にうまく対応して、自由なものの見方ができないから。





<目次>
はじめに
第1章 「まじめの罠」とは何か、そして、なぜ「まじめの罠」はあなたにとって危険なのか
1-1  「まじめの罠」とは何か
1-2  「まじめに生きる人生」は「幸せな人生」か?
第2章 あなたが「まじめの罠」にハマってしまうメカニズムを理解しよう
2-1  「まじめの罠」を生む外部要因――日本社会式エコシステムの存在
2-2  「まじめの罠」を生む内部要因――「まじめ」に特化したことによる大局観不足
第3章 「まじめの罠」の害毒
3-1  「まじめの罠」が当事者に与える害毒
3-2  「まじめの罠」が社会に与える害毒
第4章 「まじめの罠」に対する処方箋
1 失敗を恐れるな
2 問題設定そのものを疑え
3 動物的な勘、身体感覚を養え
4 独立した経済力を持て
5 自分のまじめさや常識を疑え
6 正しい自己認識を持て
おわりに

ステキな金縛り

三谷作品の特徴である豪華?なキャスト・・ぜいたくな俳優の使い方、

ちょっとやりすぎ感ありました。

ベテランになった深津絵里さんが、最初から最後まで頑張った作品でした(^_^;)

ステキな金縛り



【送料無料】ステキな金縛り スタンダード・エディション

ナイロビの蜂

This is the best political thriller in recent years.

Ralph Fiennes and Rachel Weisz deliver powerful performances.

Rachel Weisz is young activist, and Fiennes is a shy and timid diplomat.

As the old word is said, opposites attract and they fall in love.

When she is found murdered in road in Africa,
Fiennes begins to suspect that more is going on that people want him to believe.

He goes on a quest to not only discover what has happen to his wife
but to find out what is really going on.

In a harrowing adventure, he goes from source to source,
determined to do justice to his dead wife's memory.

Finally, he succeeds, but at a terrible cost.

He knows the cospiracy of government, sponsored pharmacological corporations, great conglomerates
using the medicine starved Africans as guinea pigs for their experimental drugs.

This movie teach us to never give up in the quest for truth and justice.


We can't help but share Fiennes's grief and admire his wife's courage.

This is a really really beautiful love story.


The exquisite scenery and horrific warfare of Kenya and the Sudan
make this mystery even more thrilling.

It was a joy to see this film.



【メール便発送可】【中古】DVD▼ナイロビの蜂▽レンタル落ち【10P25May12】

シックス・センス

It's a 1999 films.

This is one of the best films I've seen in quite some time.

I'm not a fan of scary movies,
but this movie was wonderfully horrifying!


Main actors are Bruce Willis & Haley Joel Osment.

Bruce plays Malcolm, an emotionally wounded psychologist,

and Haley plays Cole, a little boy with a remarkable gift,

and he sight, smell, taste, touch, sound, and seeing dead people.

Philadelphia is best place to set a ghost story, in US.

Every building has a history behind it including young Cole's school.

"They don't know they're dead," says Cole.
"They think they're alive. They see what they want to see."

Malcolm is determined to help him.


The ending was a great twist.

This film is one of the few movies that I have ever seen that you can only experience once.
You can watch it as many times as you like, but the experience of the first viewing can never be repeated.


 【中古】文庫 シックス・センス 生存者【b_2sp1102】【画】

世界最速のインディアン


I wathed a movie , 'The World's Fastest Indian' on DVD.
It's a 2006 films.


This is rare and so memorable movie.
During this movie, it will get you emotional!

This movie deals with aging, purpose in life, our dreams.

Main actor is Anthony Hopkins.
He is different from Dr.Lecter.

He plays Burt Munro, Kiwi from far south New Zealand.
He loves women, and motorcysle, and everyone who know him love him, he is lovable.


He has been building and rebuilding his motorcycle.

And Burt's lifelong dream is to get to America for Speed Week at the Bonneville Salt Flats of Utah.

He doesn't stop dreaming, for the last 40 years.

This is most impressive scene.

Bart says,
"If you don't take any risks in life, Thomas, you might as well be a vegetable."

And neighbour's child says,
"A vegetable? What kind of vegetable?"

Ans Bart says,
"I don't know. Let's say a cabbage. You'd be a cabbage. Yes, that's it. A cabbage."


Finally he stands on Bonneville Salt Flats of Utah.

he became the rider of The World's Fastest Indian.


As Burt says about riding fast,
"You live more in five minutes going flat out in one of these things than most live in a lifetime."


This movie so good, it's worth seeing over and over again.

世界最速のインディアン


【25%OFF】[DVD] 世界最速のインディアン(スマイルBEST)

グラン・トリノ

I wathed a movie , 'Gran torino' again on DVD.
It's a 2008 films.

This was an amazing movie, but in the end it will get you emotional!

This movie deals with sensitive subjects
like aging, death, racism, religion and a re-evaluation of a person's values.

And this movie is Clint Eastwoods best, I think.

Clint Eastwoods was born in 1930, and so he is 82 years old,
but I found the Clint Eastwood is getting better and better.


In the movie,
Clint Eastwood was awesome as Walt Kowalski,
a Korean War veteran who is very cranky, grumpy, and racist.
The situation is that, his wife having died and his sons alienated,
he is wondering what to do with himself.

His neighbour is poor Asian immigrants from Vietnam.
One of the immigrant's family is a young boy, Thao.
He infested with a boys-gang.
Walt hates That & his neighbours because he is racist.
But he finally be friends Thao & Thao's family, and tries to help Thao become a man,
and learn responsibility.

When a gang threatens the Thao's family, Walt knows what he must do.

He decided he saves Thao's family instead of his life.
The gang killed Walt, and they all are under arrest,
they are life imprisonment.

This movie has beautiful message on human sacrifice;
understanding and foregiveness.

By the way,
Clint Eastwoods is not racist.
Becase his present wife is a half‐African & half Japanese.


By the way,
'Gran torino' is a car produced by Ford Motor Company in 1972.
I think old Americans have the most "mad love" for cars!


グラン・トリノ


グラン・トリノ(BD) ◆20%OFF!

PAGETOP