「賢人の勉強術 時間は作るもの!大人になってから真の知識は得られる!」

和田秀樹・竹中平蔵・藤原和博・池谷裕二・伊藤真

幻冬舎

2012年刊



 伊藤真・・・

≪スランプに悩んでいる人へ


 たいして努力していない人にはスランプさえない。

 スランプは努力している証。

 
 スランプだと思ったら、

 不安や悩みをすべて紙に書き出してみること。≫





 和田秀樹・・・

 社会人にとっての「知的体力」とは?

 1.仮説を立てられる能力

  仮説を立てるには、勉強や経験の積み重ねによる知識が必要


 2.思いついたことを実行する試行力

  頭で考えただけでは、何も生まれない。
  一歩踏み出す力が必要。  


 3.あきらめない精神力

  たった一回の失敗であきらめては、成功はない。
  挑み続ける力が必要。




 藤原和博・・

 一万時間の練習や勉強を通して、自分の可能性を広げる。

 目指すべきは、一流でなくてもよい。

 一流を目指して、燃え尽き、挫折するのではなく、

 二流の一番で十分だというやわらかい発想を持つ。

 1日3時間作るとすると、

 3時間 × 365日 = 1095時間

 1095時間 × 10年 = 10950時間

 つまり、

 一日3時阿を10年間続ければ、1万時間を達成できる。 






<目次>
1 なぜか結果を出す人の共通点―「頭」と「時間」の使い方
(目標は未来が求める“頭のよさ”
頭がよくなる3つのプロセス ほか)
2 世界で勝負できる武器を持て―将来を約束する「勉強科目」
(マトリクス勉強法が成功への第一歩
武器となる勉強で人生を切り開く ほか)
3 これまでの方程式は通用しない―「やわらか頭」で生き抜く法
(時間が求めるのは組織内自営業者
正解主義から修正主義へ ほか)
4 脳科学から見た効率学習メソッド―大人のための「記憶勉強法」
(コンピュータと脳はどう記憶するのか?
命にかかわる情報以外は消去される!? ほか)
5 司法試験界のカリスマが語った「試験突破」の大事なルール
(試験勉強を成功させるには「合格後を考える」
敵を知り最短ルートをとれ(ゴールからの発想) ほか)
スポンサーサイト


佐々淳行「私を通りすぎた政治家たち」

文藝春秋

2014年刊




佐々淳行さんの祖父は、佐々友房。

佐々友房は、西南戦争で西郷方について戦い、後、熊本済々黌を創設し、
国権党の領袖だった。

父の佐々弘雄は、九州帝大教授から朝日新聞論説主幹を勤め、
戦後は参議院議員、緑風会のメンバーだった。

佐々さんへ、政治家になる誘いは再三あったが、すべて断ってきた、といいます。





ニーチェは『ツァラトゥストラはかく語りき』で、

「権力意思の持ち主」と「権力欲の持ち主」という表現をしている。

「権力意思の持ち主」とは、「強烈な責任感を持って、公益・国益のために身を挺して、

 実行すること」、ステーツマン、「政治家」を指す。

「権力欲の持ち主」とは、「権力に付随する利益や享楽を追い求める者」のことで、

 ポリティシャン、「政治屋」を指す。


あらまほしきリーダーとは、権力意思を持っている人物でなくてはならない。



そういう目線で政治家を評価してみると・・

田中角栄は、「すぐれたポリティシャンではあるが、ステーツマンに不可欠な

 「ノーブレス・オブリージュ」がなかった。」


国を滅ぼす愛国心のない似非政治家・・「そうしたおよそ尊敬できない人士の中で、

 つい最近まで現役だったのが民主党の石井一氏だ。」



「どうも自民党リベラルに連なる政治家は、国益に反することを重ねてきた。」


「自民党リベラルには親中派が多かったことも不幸だった。

 国民にはハト派のイメージを振りまいて選挙では一定の勢力を保ち続けた。

 理想を述べるのは一見、きれいでスマートだが、内実はなんのことはない。

 国防や島嶼防衛の重要性など念頭になく、派閥争い、権力争いばかりしてきたわけである。」




<目次>
序章 私の政治家観の原点
第1章 戦後、そして現代を築いた大物政治家たち
第2章 国益を損なう政治家たち
第3章 憎めない政治家たち
第4章 海外からの賓客、外国の大物たち
第5章 政治家にならなかった私と、同志たる思いを託した政治家たち
第6章 将来を期待したい政治家たち
後書 滅びゆく士族の末裔として未来の政治家に遺す
築地場外にある魚四季(うおしき)さんで、歓迎会・・
imagexx.jpg

image (6)


image (2)

鮭のベーコン巻・・
image (5)

焼き明太子・・
image (3)


ノドグロ・・
image (1)

クエ鍋・・コラーゲンたっぷりでした。
image (4)

美味しいもの食べよう・・とのことで、ノドグロとクエも
頼みました(^o^)/
一昨日夜の中州の「ひでちゃんラーメン」にて・・

image.jpg
image (1)
image (3)

・・やけ酒をあおる?!タイガースファンも多数いました(T_T)

長谷川 慶太郎「日本はこう激変する: 2014‐15 長谷川慶太郎の大局を読む」

李白社

2014年刊





 2020年の東京オリンピックは、日本全体の経済成長と結びつかない。

 高度成長期と異なり、投資は、東京圏に限定される。

 たとえば、首都高速道路の改修で、約1兆円。

 選手村のベイエリアと都心とを結ぶ少なくも3本の橋の建設で、約2000億円。

 開かずの踏切を全部なくすのに、約1兆円。

 その他もろもろのインフラ整備費用で、約8兆円ほどの公共投資が必要になる。

 さらに、羽田・成田間の新幹線を地下に建設すれば、2兆円でできる。


 また、道路やトンネルの補修だけで、2兆3千億円、

 橋梁の架け替えにいたっては、10兆円かかる。

 問題は、これに対応する専門の技術者が不足していること。





 
 ユーロ圏の経済停滞・・

 銀行の保有している資産が目減りしているため、資金供給力が大きく阻害され、

 そのため、銀行は、自動車ローンも住宅ローンも提供できていない。

 失業率も依然として高い。

 オランド政権は、財政再建の消極的で、大企業のリストラも拒否し、

 フランス経済を破滅させようとしている、といっても過言ではない。

 メルケルは、「ドイツ第四帝国の女帝」と呼ばれるようになった。

 ドイツによって、ユーロ圏の財政も金融も司法も一本化されたなら、

 ドイツによるヨーロッパ制覇が完成する。

 まさにこれこそ名実ともに第四帝国である。







<目次>
第1章 日本―大転換するこの国のかたち
(TPP参加と日本農業と水産業の今後
二〇二〇年東京オリンピックでインフレは起こらない
長期政権となる安倍政権の来し方行く末
日本企業が担うシェールガス革命)
第2章 アメリカ―好調経済に水差すレイムダック・オバマ
(量的緩和縮小への転換
混迷するアメリカ政治
オバマケアとリベラル政治の限界)
第3章 中国&新興国―量的緩和縮小で波乱要素一杯
(揺らいできた中国の内部
シャドーバンキングを経営する人民解放軍
中国経済が破綻したら日本経済はどうなる?
経済が落ち込む新興国)
第4章 ユーロ―メルケル功成りて他国は枯れる
(ユーロ圏の経済停滞の現状と今後の展開
ヨーロッパに君臨する第四帝国)
2014102618030000 (3)

 乃木坂の国立新美術館へ・・

 目的は、「チューリヒ美術館展」だったのですが、

 15時から、館長の青木保さんによるトークイベントがあったので、

先に聴きました。

2014102618030000 (1)

 松永美穂(早稲田大学教授)×後藤文子(慶應義塾大学准教授)×青木保(当館館長)

のお三人による鼎談で、

 テーマは、「ヨーロッパの文化と美術 ~中欧ドイツ語圏を中心に~」

でした。


 今回の「チューリヒ美術館展」のあるスイスは、

 多民族国家・多民族言語なのに、一つによくまとまっている珍しい国の一つ。

 EUは一つに見えるけれども、言語圏によって大きく異なる。

 フランス語は、ベルギーそして、アフリカ。米国でも、フランス語ができると尊敬される。

 ドイツ語は、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン、旧ハプスブルク家のチェコからウクライナまで。

  スイスも4分の3はドイツ語圏。

  でも、ドイツ人のドイツ語はガンガンくるが、スイス人のドイツ語は、ゆったりとスローモーで全く異なる。

 英語は、イギリスとアイルランドのみ。米国が植民地だったので、誰もが話せるが、

  EU内での影響力は大きくない。


 ドイツは、統一が遅れたため、遅れた近代国家である。

 そのためか、

 ドイツ美術の特徴は、

 「ドイとは何か?」を常に問うている。

 そして、そのドイツ的な何かは、時代によって変わる。

 ドイツは、フランス印象派のようなものが嫌いで、ドイツ表現主義を生み出した。
 
 しかし、ベックマンなどの表現主義は、退廃芸術としてナチズムによって否定される。


 イギリス美術を一望するためには、大英博物館。

 フランスなら、ルーブルに行けばひととおりわかる。

 一方、ドイツは、北と南で大きく異なり、ベルリン、ミュンヘン、ドレスデン、ハイデルベルク

などを訪ねてみるべき。

 とっておきは、ヴォルプスヴェーデ(Worpswede)・・ブレーメンの東にある芸術家村


 ところで、

 松永美穂さん訳出されている
  
 ライナー・マリア・リルケ『マルテの手記』光文社古典新訳文庫

 ミーシャ・アスター『第三帝国のオーケストラ ベルリン・フィルとナチスの影』佐藤英共訳 早川書房

 ベルンハルト・シュリンク『朗読者』新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉

読んでみようと思います。

2014102618020000 (1)

2014102618020000.jpg


奈良本辰也「吉田松陰著作選 留魂録・幽囚録・回顧録」(講談社学術文庫)





『留魂録』・・

≪僕はこのたびのことでははじめから生きるための工夫もしなければ、

 死を必然だとも思っていなかった。

 唯だ、誠が通じるか通じないかということを以て、

 天が指示する運命のなりゆきにゆだねたのである。≫


≪僕は年を数えて三十歳になる。

 一事をもなすことなくして死ぬのは、あたかも農事で稲まで成長もせず、

 実もつかず、という状態に似ているのだから、残念だと思わないではない。

 ・・・

 必ずしもこの身を悲しむことはいらないだろう。
 
 何故ならば、人間の寿命は定めなきものである。

 農業における収穫の必ず四季を経過しなければならないのとは違っている。

 十歳で死ぬる者には、おのずから十歳の中の四季がそなわっており、

 二十歳には二十歳の、三十歳には三十歳のおのずからなる四季があるのだ。

 五十、百になれば、また五十、百の四季があり、

 十歳では短すぎるというのは、数日しか生きない夏蝉の運命をして、

 百年も千年も経過した椿の木の寿命にひきのばそうというものである。・・

 義卿は三十、四季はもう備わっている。≫

 義卿・・松陰自身のこと





<目次>
解説 松陰の人と思想
留魂録
要駕策主意
幽囚録
対策一道・愚論・続愚論
回顧録
急務四条
書簡

齋藤孝「”ちょっと尊敬”される人になる本」

三笠書房

2014年刊



 ”ちょっと尊敬”とは、「魅力的」な人であること・・


≪かつて向上心を持っていて、いまは向上心がなくなった人というのは、

 ”知的好奇心の矢”が飛び終わった人である。≫


≪人は未知のものにぶつかるドキドキしてくる。

 このドキドキ感がないと老けこむのも早い。

 いつでも新鮮なドキドキ感を得られるような、

 新しいことにチャレンジする心を持ちたい。≫




 中高年へのお勧めは、

 習い事をしてみること。


≪センスがないために、ていねいに一つずつ学ばなくてはいけないのは、

 勉強になる。

 先生から直接学ぶ面白さもある。≫

 下手な自分を、丁寧に根気よく教えてくれる先生に接していると、

 部下や周りの人へ優しくなれる。




≪人の相談に乗ることで自分も成長できる≫

≪相談に乗るというのは、すごく人の心を成長させるものだと思う。

 
 相談を受けたときの上手な距離感がある。

 姿勢としては傾聴といって、耳を傾けて聴く。

 身体全体が傾聴の構えになるように練習する。≫

 その際、相手に「何をしろ」と指示をしないノンディレクティブなカウンセリング

 を心がけてみる。
 



ところで、

≪的確な人間理解をするためには量的に「人馴れ」していくことが肝心である。≫

 意識的に、場馴れ・人馴れしていくこと。




<目次>
1章 「ちょっと尊敬される」のはどんな人か
2章 好奇心の数だけ人は魅力的になる
3章 自分だけでなく、他人も楽しませることができる人
4章 人間として成熟しているか
5章 上ばかり見ている“ひらめ人間”は嫌われる
6章 仕事で信用される人に共通すること
7章 異性にもちょっと尊敬されたい
8章 人の心をつかむのは「広い心」

齋藤孝「前向き力: 脱力すれば、うまくいく」(ちくま文庫)




≪生き物は「負けない」ことで生きている≫

≪人間は過剰に勝とうとするから、力みが生まれておかしなことになっていく。

 本来、生き物は「勝つ」ではなく「負けない」ということで生きている≫


 「負けない」という気持ちは、

 守りに入ることとは違う。「守ろう、守ろう」という気持ちは、後ろ向きになる。

 そうではなく、守るときも、「攻める」気持ちで臨む。

 
 苦手なものや弱点に対して、攻める気持ちで、集中的にエネルギーを投下して
 
 対応できるようにする。そうすれば、逆に、そこが得意分野になる。






≪人生をはかなむのは。お腹がすいた時に決まっている≫

 だから何となく人生に後ろ向きな気分になってくると、

 とりあえずメシをたらふく食べれば、人生に対してあまり虚しいと思えなくなる。
 





<目次>
第1章 前向き力をつけるものの考え方
(「後悔」はしないで、「反省」する
「シミュレーション」はするが、「とり越し苦労」はしない
「考える」>「気分」の法則 ほか)
第2章 前向き力をつける仕事のやり方
(多少粗くてもいいから、一歩を踏み出してみる
まずは「六割主義」で最初のゴールを設定する
最低限のノルマを決めて、残りをオマケの時間にする ほか)
第3章 落ち込んだ時の脱出法
(優れた芸術作品にふれることで、気分を浄化する
もっとすごいつらさを見ることで、気分を浄化する
自分で表現して、気分を浄化させる「カラオケ方式」 ほか)
「トミィ」さんの後、「喫茶ニット」さんへ・・

2014102515280000 (1)

2014102515280000.jpg

こちらのパンケーキは、ボリューム満点でした(^o^)/
2014102515270000.jpg

PAGETOP