【楽天ブックスならいつでも送料無料】誕生日大全愛蔵版 [ サッフィ・クロフォード ]
 
 「誕生日大全」が、kindleで100円となっていたので、

 思わず、ポチっと!

 
 「誕生日大全」・・文字通り、お誕生日の運勢が書かれているのですが、

 いくつか読んだものは、どれもとっても前向きな表現になっています。

 自分の誕生日分を、手帳に挟んでおくのがよいと思います・・って、まだしていませんが。


 英語版の方から、ちょっと紹介・・


【楽天ブックスならいつでも送料無料】The Power of Birthdays, Stars & Numbers: The Complete Personology Reference Guide [ Saffi Crawford ]

 Enthusiastic and creative, you are a multitalented Sagittarian with an astute mind

and an optimistic personality.

Your plans may include adventures and extensive travel abroad.

Inspired and ambitious, you can achieve your aims by focusing on your objectives

and persevering until they come to pass.

Although you can be fun-loving and free, with a restless nature,

a desire for stability suggests that you also need to develop a practical and realistic perspective.

スポンサーサイト

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【お買いものパンダ ブックカバープレゼント】マッキンゼー式世界最強の仕事術 [ イーサン・M.ラジエル ]
「マッキンゼー式 世界最強の仕事術」

イーサン・M.ラジエル

訳 嶋本恵美、田代泰子

英治出版

2001年刊



 「19 人生を楽しむためのルール」・・


 目次が気になるのですが、

 はたしてそのルールとは?


 マッキンゼーで生き残るためには、週に80時間働ことが求められる・・たぶん最初の3年くらいは。

 月に320時間(残業160時間)・・そうすると、食べて、寝て、身だしなみに気を配れば、

 他のことをする時間はほとんどなくなります。

 これに対するラジエルさんのアドバイスは、

 1.週に一日は仕事禁止日とする

 2.仕事をうちに持ち帰らない。

 3.前もって(休日の予定を)計画する。

 というもの。

 ・・ちょっと肩透かし(*_*;


 私の残業のMAXは、月に170時間でしたが、平日は午前様でも、土・日どちらか休むことができる
ので、そうしていました。
 しかし、同僚の多くは、早めに切り上げて飲みに行って、土日とも出る方を選んでいたので、個々人の
リズムの方が重要なのかもしれません。

 もちろん、一番いいのは、深夜勤務、休日出勤ないのに決まっています。
 
 が、若い衆の頃は、やったらやった分だけ身につくので、近頃の45時間以上の残業禁止、
というのは、おせっかいながら、ちょっともったいないな~、とも思うのでした。 


<目次>
PART1 マッキンゼー式〈ビジネス問題の考え方〉
1 解決法をどう構築するか
2 アプローチをいかに発見するか
3 問題解決への道を切り拓く重要法則

PART2 マッキンゼー式〈ビジネス問題の解決方法〉
4 プロジェクトの構築方法
5 チームの編成方法
6 階層組織への対処方法
7 リサーチの方法
8 面接調査の進め方
9 ブレーンストーミングの仕方

PART3 マッキンゼー式〈解決策の売り込み方〉
10 プレゼンテーションの真髄
11 データをチャートで示す
12 社内コミュニケーションを管理する
13 クライアントと共同作業する

PART4 マッキンゼーで〈生き抜く方法〉
14 自分だけの師匠を見つける
15 旅から旅の生活を楽しむ
16 つねに三つの物を持っていく
17 よきアシスタントを確保する
18 マッキンゼー式採用プロセスの実態
19 人生を楽しむためのルール

PART5 マッキンゼーの〈伝統〉
20 最も価値ある教訓
21マッキンゼーの思い出
 10日前に利用したイスタンブールのアタテュルク国際空港で、自爆テロ。

 日本からの直行便も毎日出ているので、日本人も多数遭遇されたことと思います。

  イスタンブール・アタテュルク国際空港・・世界最大級のラウンジ

 タイミングによっては、のんきにラウンジを楽しむどころではないし、

 3週間前なら、旅行も取りやめになっていました。 
 

 ところで、

 日本の新聞は、共同通信の短いものですが、欧米の新聞は、署名付きで、精力的です。

 情報量の圧倒的差を見ると、彼我の差を嫌でも感じますね~
 


日経新聞・・といいつつ、共同通信 より


ロビーに閃光、騒然 トルコ空港テロ「男が銃を乱射」

2016/6/29 13:36

 【カイロ=共同】トルコを代表する国際ハブ空港のロビーに突然オレンジ色の閃光が走り、周辺に銃撃音が鳴り響いた。28日夜(現地時間)、イスタンブールのアタチュルク国際空港で起きた自爆テロ。現地からの映像や報道は、爆発の瞬間や銃撃の様子を伝えた。空港には緊急車両が集まり、騒然とした雰囲気に包まれた。

 「ちょうど空港に着いたとき、男が銃を乱射していた」。南アフリカ人の旅行者の男性はロイター通信にこう証言した。男性がカウンターの陰に身を潜めると、2度爆発が続き、しばらくすると3度目の爆発が起きたという。

 現場は空港ビルの到着ロビーや、ロビー外のタクシー乗り場周辺と報じられた。到着ロビーで知人を待っていたという男性は「とてつもない爆発音だった。天井が落ちた。被害が大きくて、ここが空港とは分からないほどだった」と振り返る。

 空港の床にはカラシニコフ銃とみられる銃器が残されていたと写真付きで報じられた。空港の外には多くの利用客が座り込み、途方に暮れた様子だった。被害者が運ばれた病院では、涙を流す家族の姿もあった。〔共同〕



The NewYork Times より・・

Attack at Istanbul Airport Leaves at Least 36 Dead

By TIM ARANGO, SABRINA TAVERNISE and CEYLAN YEGINSUJUNE 28, 2016

ISTANBUL — Three suicide attackers killed at least 36 people and wounded dozens more at Istanbul’s main airport on Tuesday night, in the latest in a string of terrorist attacks in Turkey, a NATO ally once seen as a bastion of stability but now increasingly consumed by the chaos of the Middle East.

Hours after the assault, Prime Minister Binali Yildirim of Turkey said that early indications pointed to an operation carried out by the Islamic State, but as of early Wednesday, the group had not claimed responsibility for the attack.

The attack began shortly before 10 p.m. Tuesday, Turkish officials said, when two gunmen opened fire with automatic weapons at a security checkpoint outside Istanbul’s Ataturk airport, one of Europe’s busiest. They then detonated their explosives, setting off two fireballs. A third attacker set off explosives in the parking lot.

Turkey has faced a string of terrorist attacks over the past year, including several in Istanbul, as it confronts threats from both the Islamic State and Kurdish militants fighting a war with the Turkish state in the southeast.

Mr. Yildirim said that the three attackers killed at least 36 people, and Justice Minister Bekir Bozdag said that 147 people were wounded.

Most of the dead were Turks, although some were foreigners, Mr. Yildirim said. The three attackers were killed when they detonated their explosives, he said.

Outside the terminal on Tuesday night, as calls went out on local news channels for blood donors and the Turkish authorities imposed a ban on publishing images of the scene of the attack, ambulances streamed in, while hundreds of dazed and scared travelers sat on the sidewalk waiting for information. And more travelers, many in tears, were streaming out of the airport.

“There were blood splatters everywhere,” said Eylul Kaya, 37, sitting outside with her 1-year-old son. “I covered my boy’s eyes and we ran out.”

As Turkey has faced several deadly terrorist attacks over the past year, Ms. Kaya said, she never thought she would find herself in the middle of one. “We’ve watched these attacks on TV for months, but I never imagined it would happen with so much security in an airport,” she said.

President Recep Tayyip Erdogan noted that the bombing came during the Muslim holy month of Ramadan, and he called for global unity in the fight against terrorism.

“Despite paying a heavy price, Turkey has the power, determination and capacity to continue the fight against terrorism until the end,” Mr. Erdogan said in a statement.

Mr. Erdogan added: “The bombs that exploded in Istanbul today could have gone off at any airport in any city around the world. Make no mistake: For terrorist organizations, there is no difference between Istanbul and London, Ankara and Berlin, Izmir and Chicago, or Antalya and Rome.”

Turkey has held itself up as an exemplar of a Muslim democracy and has sought to influence the region by reaching out to its Muslim neighbors. Early on, when Syria slipped into civil war in 2011, Turkey pushed for the ouster of President Bashar al-Assad and began helping Syrian rebel groups, allowing the transit of fighters and weapons across its territory.

Turkey’s Western allies, including the United States, blamed the country’s open-border policy for allowing extremist groups like the Islamic State to become powerful inside Syria, and the chaos has increasingly spilled over into Turkey, with terrorist attacks and waves of refugees.

Turkey, a NATO member, has often been at odds with its Western allies over its approach to the region. The United States and others believe that Turkey’s early policy on Syria enabled the growth of the Islamic State, and they have long felt that Turkey was a reluctant partner in fighting the terrorist group. Turkey, in turn, has grown angry over American support for Syrian Kurdish rebels that it sees as terrorists because of links to Kurdish militants inside Turkey.

Some of the recent terrorist attacks in Turkey — including a car bombing in Ankara, the capital, in February — have been attributed to Kurdish militants, which has heightened tensions between Ankara and Washington over the support the United States has given to Syrian Kurdish militants fighting the Islamic State.

The attack on Tuesday evoked the bombing of the Brussels airport several months ago and highlighted the conundrum security officials face in minimizing casualties from terrorist attacks. In Brussels, the attackers managed to get inside the terminal and detonate their explosives. But at the Istanbul airport, the first security check is in a vestibule at the entrance to the terminal, which theoretically adds a layer of security. But even so, people have to line up there and, as the attack demonstrated, it is an easy target for terrorists.

Judith Favish, a South African who was heading home, said she was at the counter checking in for her flight when she heard gunfire and then an explosion.

“So I jumped across and hid under the counter and then someone told us to run, so I ran and hid in a cafeteria,” she said, standing outside the terminal. “We waited there for an hour and then we were told to get out, but no one has given us any information. I have no clothes, phone, money, nothing. Haven’t called my family. No one is telling me anything.”

She paused, and then said that she had seen blood everywhere near the entranceway.

Flights out of Istanbul were immediately canceled Tuesday night, and ones on their way were diverted. The airport, the third busiest in Europe and the 11th busiest in the world, was closed after the attack, but Mr. Yildirim, the prime minister, said early Wednesday that it had reopened. The Federal Aviation Administration grounded flights between the United States and Ataturk airport after the attack, but lifted the order late Tuesday.

Although no group claimed responsibility for the attack, initial speculation centered on Turkey’s two main enemies: the Islamic State, also known as ISIS or ISIL, and Kurdish militants linked to the Kurdistan Workers’ Party, or P.K.K., which has waged war with Turkey for more than three decades. Last year, peace talks with the P.K.K. broke down, and the two sides have been at war since. But hours after the attack, Turkish officials turned their attention toward the Islamic State.

“The terrorists arrived at the airport in a taxi,” Mr. Yildirim said. “We will share more details about the attack later. There was no security lapse at the airport.”

Turkey has been rocked by a series of bombings since 2014, and the attacks have been increasing in frequency. In some cases, Kurdish militants have claimed responsibility, but in others, including ones this year in Istanbul’s old city and on its main pedestrian boulevard, Turkish officials have blamed the Islamic State.

Michael S. Smith II, an analyst who closely tracks the Islamic State’s propaganda online, said on Tuesday that there had been a noticeable uptick in the group’s statements regarding Turkey, especially after the announcement last year that the United States had gained access to the Incirlik Air Base.

“Official claims of responsibility for most attacks the Islamic State has been accused of executing in Turkey have been notable by their absence,” Mr. Smith said in an email. “However, during the past year, a significant increase in focus on the Erdogan government’s policies within Islamic State propaganda has been used to build expectations the group will expand its terrorism operations into Turkey.”

Almost immediately after the attack on Tuesday, there was speculation that it might have been a response by the Islamic State to the recent reconciliation between Turkey and Israel, which announced a wide-ranging deal this week to restore diplomatic relations. The two countries had been estranged for six years, after an episode in 2010 in which Israeli commandos stormed a flotilla carrying humanitarian aid for the Gaza Strip in defiance of an Israeli blockade; several Turkish activists were killed.

Mustafa Akyol, a prominent Turkish columnist, wrote on Twitter on Tuesday evening, “The fact that the attack came right after the Turkish-Israeli deal might be not an accident — if ISIS is that fast in response.”

Other analysts, though, noted that attacks involving multiple suicide bombers take time to prepare and are not typically attempted on very short notice.

“Unfortunately, we see the side effects of a disastrous Syria policy that has brought terrorism into the heart of Istanbul and Ankara,” said Suat Kiniklioglu, a former lawmaker who is now chairman of the Center for Strategic Communication, a research organization, in Ankara. “This is obviously intended to create an atmosphere of chaos and hit the economy and tourism.”

When the attack happened, Asli Aydintasbas, an analyst and writer on Turkish affairs, was on a plane bound for Istanbul but was rerouted to Ankara, where the airport was filled with stranded and confused tourists, double-checking with airport workers that they had in fact landed elsewhere.

“Our world is turned upside down,” said Ms. Aydintasbas, who has chronicled Turkey’s descent in to chaos in recent years in her columns.

Referring to Istanbul, and the stature it attained in recent years as a global tourist destination, she said: “It was a happening town, cutting edge in arts and culture. It’s the kind of place that Condé Nast would write about. Now this is a Middle Eastern country where these things happen.”


Correction: June 28, 2016

A previous version of this article included a death toll number attributed to The Associated Press that was incorrect. At least 36 people have been killed in the attack, not 50.


*****

The Washington Post

Death toll rises to 41 in Istanbul airport attack



According to Turkish officials, three attackers with suicide vests detonated their explosives at Istanbul’s Ataturk International Airport, killing at least 41 people and wounding 147 more. Editor's note: This video contains graphic content. (TWP)

By Erin Cunningham

June 29 at 8:35 AM 

ISTANBUL — Turkish authorities combed through video clips and witness accounts Wednesday seeking to reconstruct how three suicide bombers laid siege to the country's largest airport, killing at least 41 people and raising questions over whether Turkey could step up its fight against the Islamic State.

At least 13 foreigners were killed in the late Tuesday attack, including five from Saudi Arabia and others from China, Iran, Iraq, Jordan, Ukraine and Uzbekistan. At least 239 people were wounded, and a national day of mourning was declared on Wednesday, officials said.

There has been no claim of responsibility. But Turkish Prime Minister Binali Yildirim said the government believed the Islamic State was behind the assault at the international arrivals terminal of Istanbul's Ataturk Airport.

[What we know so far after Istanbul attack]

Analysts also said the attack bore the hallmarks of an Islamic State operation, including the use of multiple suicide bombers and an attack on a major transportation hub serving international passengers.

Istanbul's Ataturk Airport handles more than 60 million passengers each year, and is one of the busiest in the world. The attack — the fifth in Istanbul this year — also was another potential blow to Turkey's vital dollar tourism industry.

Turkey had long avoided direct confrontation with the Islamic State, which had used Turkey has a critical route for recruits and supplies. But in the past year, the two sides have exchanged fire along the frontier, and Islamic State bombers have hit targets in Istanbul and other Turkish cities.

Turkey backs the U.S.-led coalition waging airstrikes against the Islamic State in neighboring Syria, but has so far held back from deploying warplanes to join the attacks. Turkey allows U.S. aircraft to use Incirlik Air Base to fly bombing raids.

If a link to the Islamic State is confirmed, it would mark the group’s deadliest attack in Turkey so far. But other factions, including Kurdish rebels, have waged even bloodier attacks in Turkey in recent years, including a bombing last October that killed nearly 100 people at a peace rally in the capital, Ankara.

Among the questions now is whether Turkey, a NATO member and key U.S. ally, could escalate its role in the campaign in Syria against the Islamic State, also known as ISIS. Turkey is also a main supporter of Syrian rebels battling the government of President Bashar al-Assad.

“For a very long time the relationship between the Islamic state and Turkey looked like a Cold War, with both sides avoiding fighting each other," said Soner Cagaptay, director of the Turkish Research Program at the Washington Institute for Near East Policy.

If the group is behind the attack, "this would represent a significant escalation by the Islamic State toward Turkey," he said. “This is a symbolic attack against the heart" of the country.

A Turkish security official, who spoke on the condition of anonymity, said that “our first assessments of the attacks make it look like this was an ISIS attack. The target and modus operandi are similar to what we’ve seen during the Brussels airport attacks.”

On Wednesday, the international arrivals terminal was empty and littered with debris and broken glass from the explosions. A flight board showed arrivals from across the globe were either cancelled or delayed. Turkish officials said that the airport had reopened, and that flights had resumed as normal.

According to a Turkish official, the three bombers detonated at separate points in and around the terminal. One of the attackers detonated his explosives inside the terminal, after a policeman shot at and tackled the suspect. Another bomber triggered his explosives in the nearby parking lot, the official said.

Ercan Ceyhan had just picked up relatives returning from their religious pilgrimage to Saudi Arabia when gunfire rang out. He saw police officers running toward the parking lot, and urged his relatives to get into his car as quickly as possible. He relayed his story to CNN Turk, the news network's Turkish-language channel.

"Just as we got in and started the car, there was a huge blast. It was a very big blast. The windows shattered," Ceyhan said. "Then as we started to move the car, there was a second blast. It was very chaotic. People were screaming."

Iran on Wednesday said it had suspended all flights to Ataturk Airport, the Reuters news agency reported. Flights by U.S. carriers were temporarily halted in the immediate aftermath of the attacks.

Like some airports in the region, bags and people are screened at the entrance to airport buildings as well as additional times inside.

There was “no security lapse at the airport,” Yildirim said at a news conference at the airport after the attack. He said that the attackers arrived at the airport in a taxi and that police officers and foreign nationals were among the dead.

“We urge the world, especially Western countries, to take a firm stand against terrorism,” Turkish President Recep Tayyip Erdogan said. “Despite paying a heavy price, Turkey has the power, determination and capacity to continue the fight against terrorism until the end.”

The attack on the airport “should serve as a turning point in the fight against terrorism around the world, and especially in Western countries,” he said.

Outside the airport Tuesday night, stranded passengers hauled their luggage as they were evacuated from the terminal. Some travelers cried and embraced one another. One woman stood outside with a sign bearing the name of a missing passenger. Ambulances raced in and out of the area, sirens wailing.

Turkey’s tourism industry has been crippled by the wave of violence, which has included blasts in some of Istanbul’s most popular spots for visitors. In April, the country suffered its steepest decline in tourism arrivals in 17 years, according to government data. Trading Economics, a global research firm, says tourism accounts for 8 percent of employment in Turkey. The airport is the hub of Turkish Airlines, the country’s official carrier.

On Monday, the U.S. Embassy in Ankara had issued a travel advisory for Turkey, warning U.S. citizens of increased threats. The U.S. Consulate in Istanbul said it was working to determine whether U.S. citizens are among the victims.

“We stand in solidarity with our NATO ally Turkey in combating the threat of terrorism,” said State Department deputy spokesman Mark Toner. “Sadly, this murderous attack is only the latest in a series of attacks aimed at killing and maiming innocent civilians.”

Presumptive Democratic presidential nominee Hillary Clinton said in a statement: “Terrorists have struck again in the heart of one of our NATO allies — and all Americans stand united with the people of Turkey against this campaign of hatred and violence.”

Speaking at a campaign rally in Ohio, Donald Trump, the presumptive GOP nominee, said: “Folks, there’s something going on that’s really, really bad.”

In a statement, he said, “The terrorist threat has never been greater. . . . We must take steps now to protect America from terrorists, and do everything in our power to improve our security to keep America safe.”

Zeynep Karatas in Istanbul and Souad Mekhennet in Frankfurt contributed to this report.

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【お買いものパンダ ブックカバープレゼント】マッキンゼー式世界最強の仕事術 [ イーサン・M.ラジエル ]
「マッキンゼー式 世界最強の仕事術」

イーサン・M.ラジエル

訳 嶋本恵美、田代泰子

英治出版

2001年刊




 
 先日以来、「すぐやる」ことの効用を謳った本ばかり手に取っていましたが、

 「すぐやる」ことは良いことばかりではないこと、

 「ちょっと待った」をかける考え方を示したものも、合わせて探しています。

 本書のその一つ。


 問題解決にあたって気をつけるべきこと・・

≪その問題は本当に解決すべき問題なのか≫

 ビジネス上の様々な問題の解決を求められた時、

 どうすればよいか?

≪いずれかの方向めがけては走り出す前に、本当にその問題が解決すべき問題なのか、

 はっきりさせなければならない。

 解決すべきは、与えられた問題ではないのかもしれないのだ。≫


 ビジネス上の問題の解決は有機的で、複雑で、さながら医療のようである、

といいます。

 たとえ患者が、インフルエンザに罹ったようだ、といってきて、

様々な症状を訴えたとしても、それだけで、医者は結論に飛びつくことはない。

病歴を尋ね、問題のありかを探るための質問をいくつかして、それからようやく判断をくだす。

つまり、医者は患者の自己診断を鵜呑みにすることはない。

にもかかわらず、ビジネスの現場では、顧客の言うがまままで問題を捉えてしまう、

ということが往々にして起こりうる。

≪与えられた問題が本当の問題かどうかを判断するには、

 深く掘り下げるしか方法はない。

 事実を手に入れる。

 質問する。

 あたりを探り回る。

 向かっているのが正しい方向かどうか判断がつくまでに、

 ふつうはそれほど時間はかからないし、事前に時間がかかったとしても、

 それはあとになって浪費しないですむ時間を補って余りあるだろう。≫

 調査の結果、まちがった問題だと確信した時は、

 顧客に対して、さらなる調査を行うことを提案する。

 それが、急がば回れで、顧客の利益にもなる。


 
≪解決策に事実をあてはめるな≫

≪当初仮説を解答とみなしたり、問題解決プロセスを仮説の立証作業と

 考えたくなる誘惑を退けること。

 つねにオープンで、柔軟でいなければならない。

 当初仮説が盤石であることを口実に、精神的硬直状態に陥ってはならない。≫


≪あなたの立てた当初仮説がどんなにみごとで、洞察に富み、独創的だと思っても、

 事実によってそのまちがいが証明されることもありうることも覚悟していなくては

 ならない。≫

 そんな時は、その事実に合わせること。

 事実を無理やり都合のいい枠組みに合わすようなことをしてはいけない。


 

 壁にぶかった時の解決法・・

≪あまりにむずかしくて、どうしても解決できない問題にぶつかったときには

 どうするか?≫

 まず、問題を再定義する。

 それから、少しずつ改善しながら前進する。

 さらには、政治にめげずに仕事をする。

≪政治にめげずに仕事をするためには、あなたの出す解決策が組織内の関係者に

 どのように作用するかを考える。

 それから、政治を動かしているさまざまな刺激材料や組織的要因を

 斟酌しながら、変化に向けてのコンセンサスを形成する努力をする。≫





<目次>
PART1 マッキンゼー式〈ビジネス問題の考え方〉
1 解決法をどう構築するか
2 アプローチをいかに発見するか
3 問題解決への道を切り拓く重要法則

PART2 マッキンゼー式〈ビジネス問題の解決方法〉
4 プロジェクトの構築方法
5 チームの編成方法
6 階層組織への対処方法
7 リサーチの方法
8 面接調査の進め方
9 ブレーンストーミングの仕方

PART3 マッキンゼー式〈解決策の売り込み方〉
10 プレゼンテーションの真髄
11 データをチャートで示す
12 社内コミュニケーションを管理する
13 クライアントと共同作業する

PART4 マッキンゼーで〈生き抜く方法〉
14 自分だけの師匠を見つける
15 旅から旅の生活を楽しむ
16 つねに三つの物を持っていく
17 よきアシスタントを確保する
18 マッキンゼー式採用プロセスの実態
19 人生を楽しむためのルール

PART5 マッキンゼーの〈伝統〉
20 最も価値ある教訓
21マッキンゼーの思い出
160627001.jpg

 第一興商さんの優待券の期限も、6月末なので、

 数寄屋橋の交差点のところにある「銀座珈琲店」で利用しました。

160627002.jpg

≪バリスタが淹れるハンドドリップ本格コーヒー パティシエによる手作りパンケーキ

  店内は静かで落ち着いた上質な空間 ご商談にもおすすめです♪≫ 

160627003.jpg
160627004.jpg
160627005.jpg

 これまでこのあたりで打ち合わせのとき利用していたのは、

 お隣の「星乃珈琲」でしたが、次回からはこちらを利用しようと思います。

160627006.jpg

160627007.jpg

【7458】(株)第一興商
権利確定月 3月末日
優待券(1,000円券)
100株以上 10枚
1,000株以上 25枚
・直営店舗、子会社のカラオケ・飲食店舗にて有効
・優待チケット全額との引き換えを条件に、CDチョイス(音楽ソフト子会社レーベル限定)に替えることが可能
 (100株以上CD交換1枚、1,000株以上CD交換2枚 )
160626001.jpg

 マルシェ(株)さんからの優待券の期限が、6月末に迫っているので、

 本八幡の「居心伝」で食事・・

160626002.jpg

160626003.jpg
160626004.jpg
160626005.jpg
160626006.jpg
160626007.jpg

マルシェのグループの中のコンテストで、ここの焼きそば・・正確には、塩焼きそばが3位に入賞されていました。
160626008.jpg

160626009.jpg

【7524】マルシェ(株)
権利確定月 3月末日・9月末日
株主優待の内容
優待券および株主優待品を贈呈(1回の贈呈枚数)
100株以上 3,000円(1,000円券 3枚)の優待券
500株以上 15,000円(1,000円券 15枚)の優待券
1,000株以上 25,000円(1,000円券 25枚)の優待券及び株主優待品

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【お買いものパンダ ブックカバープレゼント】人間の土地改版 [ アントアーヌ・ド・サン・テグジュペリ ]
サン=テグジュペリ「人間の土地」(新潮文庫)

訳 堀口 大学

1955年刊




7.砂漠のまん中で


 前半は、僚友であるメルモスとギヨメの挑戦と、遭難からの帰還でしたが、

 後半は、サン=テグジュペリ自身の体験です。

 1935年、インドシナへの長距離飛行の途中、

 エジプトで、リビア砂漠の境に近い奥地に不時着します。

 『星の王子さま』のもとになったものです。


 サハラ砂漠よりも乾いたリビア砂漠での彷徨・・

 サハラ砂漠で40%の湿度があるのに、

 ここには18%の湿度しかない。


≪ぼくには、妻の目が見えている。

 ぼくにはこの目以外のものは何も見えない。

 その目は質問する。

 ぼくには、ともすればぼくに関心をもつかもしれないあらゆる人々の目が

 見えてくる。≫

 彼らは、

≪ぼくの沈黙を責める。

 ぼくは答えているよ!

 ぼくは答えているよ!

 ぼくは力のかぎり答えているよ、ぼくは、夜の中にこれ以上輝かしい炎を

 上げることはできないよ!≫

 ほとんど飲まずに60キロを歩いた。


≪待っていてくれる、あの数々の目が見えてくるたび、ぼくは火傷のような

 痛さを感じる。・・≫

≪我慢しろ・・・ぼくらが駆けつけてやる!

 ・・ぼくらのほうから駆けつけてやる!

 ぼくらこそが救援隊だ!≫



≪ぼくは、自分の職業の中で幸福だ。

 ぼくは、自分を、空港を耕す農夫だと思っている。・・


 ぼくには、何の後悔もない。

 ぼくは賭けた。ぼくは負けた。

 これはぼくの職業の当然の秩序だ。≫


 そして、通りかかったリビア遊牧民に助けられ、

 の奇跡の生還を果たします。




8.人間


 もし、アンデス山中に遭難したメルモスに対して、

≪あなたは間違った考え方をしている、

 商人たちの金儲けのための通信文なんか、生命を賭してまで、

 守り通す値打ちはなさそうだ、と言って注意してやったとしたら、

 メルモスはきみを一生に付したはずだ。

 アンデス山にかかったとき、彼の中に生まれた人間、

 それこそが彼の本然だったのだから。≫


≪たとえ、どんなにそれが小さかろうと、ぼくらが、自分たちの役割を認識

 したとき、はじめてぼくらは、幸福になりうる。・・

 なぜかというに、生命に意味を与えるものは、

 また死にも意味を与えるはずだから。≫



≪精神の風が、粘土の上を吹いてこそ、はじめて人間は創られる。≫

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【お買いものパンダ ブックカバープレゼント】人間の土地改版 [ アントアーヌ・ド・サン・テグジュペリ ]
サン=テグジュペリ「人間の土地」(新潮文庫)

訳 堀口 大学

1955年刊



 もう10回以上は繰り返し手にとっていますが、

 今回のクロアチアにも持参した一冊。




≪ぼくら人間について、大地が、万巻の書より多くを教える。

 理由は、大地が人間に抵抗するがためだ。

 人間というものは、障害物に対して戦う場合に、はじめて実力を発揮するものなのだ。≫


 最初の夜間飛行の際に見た光景・・

≪それは、星かげのように、平野のそこここに、ともしびばからが輝く暗夜だった。


 あのともしびの一つ一つは、見わたすかぎり一面の闇の大海原の中にも、

 なお人間の心という奇蹟が存在することを示していた。≫



≪努めなければならないのは、自分を完成することだ。

 試みなければならないのは、山野のあいだに、ぽつりぽつりと光っている

 あのともしびたちと、心を通じあうことだ。≫


2.僚友

 メルモスのアンデスへの挑戦・・

≪メルモスは他の者のために<ためし>てみたわけだった。

 とうとうある日のこと、<ためし>つづけているうちに、

 彼は自分がアンデス山脈に捕われとなっているのに気がついた。≫

 四千メートルの高所にある絶壁に取り囲まれた盆地に不時着する。

 この危機から脱すると、日をおかずに、また出発した。

≪このようにメルモスは、砂漠を、山岳を、夜間を、海洋を、開発した。

 彼は一度ならず砂の中、山の中、海の中に落ち込んだ。

 しかも彼が帰ってくるのは、いつもきまってふたたびまた出発するがためだった。≫

≪最後に十二年間の勤務ののち、またしても南大西洋を飛行中、彼は

 (後部右発動機を止める)と、きわめて簡単な報告をよこした。

 ついで、そのあとには沈黙が届いた。≫



≪ある一つの職業の偉大さは、もしかすると、

 まず第一に、それが人と人を親和させる点にあるかもしれない。

 真の贅沢というものは、ただ一つしかない、

 それは人間関係の贅沢だ。≫


 バラバラに仕事をいていたとしても、

≪ところがいったん危険に直面する、するとたちまち、人はおたがいにしっかりと

 肩を組みあう。人は発見する、おたがいに発見する、

 おたがいにある一つの協同体の一員だと。

 他人の心を発見することによって、人は自らを豊富にする。≫



 そして、メルモスに続いて、ギヨメの挑戦・・

 冬のアンデス山脈横断の途中で行方不明となる。

 7千メートルにも達する高峰を含む巨大な山岳地帯を捜索することは困難であり、

 捜索の中止が勧告される。

 しかし、遭難から一週間後、無事が確認される。

 生還したギヨメから聞いたこと・・

 アンデス山中、4500メートルの高い峠において、

 氷点下四十度の寒気の中、ピッケルもザイルも食糧も持たずに、

 足も、膝も、手も、血まみれにして歩いている。

≪<・・二日三日四日と歩きつづけていると、人はただもう睡眠だけしか望まなくなる。

 ぼくも眠りたかった。

 だがぼくは、自分に言い聞かせた、

 ぼくの妻がもし、ぼくがまだ生きているものだと思っているとしたら、

 必ず、ぼくが歩いていると信じているに相違ない。

 ぼくの僚友たちも、ぼくが歩いていると信じている。

 みんながぼくを信頼していてくれるのだ。

 それなのに歩いていなかったりしたら、ぼくは意気地なしだということになる>≫



≪<ぼくは自分の妻のことを考えた。

 ぼくの保険証書は、彼女を窮乏から救ってくれるだろう。・・>≫

 失踪の場合、法律上の死亡宣告は4年・・・日本なら7年。

 そして、三日二夜、歩き続ける。


≪<救いは一歩踏み出すことだ。

 さてもう一歩。

 そしてこの同じ一歩を繰り返すことだ・・>≫


 ギヨメの美質・・ 

≪彼の真の美質はそれではない。

 彼の偉大さは、自分に責任を感ずるところにある、
 
 自分に対する、郵便物に対する、待っている僚友たちに対する責任、

 彼はその手中に彼らの歓喜も、彼らの悲嘆も握っていた。≫


 極端な言い方をすれば・・

≪人間であるということは、とりもなおさず責任を持つことだ。

 人間であるということは、自分には関係がないと思われるような

 不幸な出来事に対して忸怩たることだ。

 人間であるということは、自分の僚友が勝ち得た勝利を誇りとすることだ。

 人間であるということは、自分の石をそこに据えながら、
 世界の建設に加担していると感じることだ。≫



『戦う操縦士』・・

「建築成った伽藍内の堂守や貸椅子係の職に就こうと考えるような人間は、

 すでにその瞬間から敗北者であると。

 それに反して、何人であれ、その胸中に建造すべき伽藍を抱いている者は、

 すでに勝利者なのである。

 勝利は愛情の結果だ。

 ・・知能は愛情に奉仕する場合にだけ役立つのである。」


『城砦』・・


「きみは人生に意義をもとめているが、人生の意義とは自分自身になることだ」

「大切なのは、どこかを指して行くことなので、到着することではないのだ、

 というのも、死、以外に到着というものはあり得ないのだから」



 ・・続く。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】「図解」ビジネスの現場で活きる思考力と対人力 [ 船川淳志 ]
船川淳志「図解 ビジネスの現場で活きる 思考力と対人力」

日本経済新聞社

2004年刊



「思考力がなければ仕事を始められないし、
 
 対人力がなければ人を動かせない」

だから、求められるのは、

 「対人思考力」なるもの。



 思考力が高くても、対人力が低いのは、「単なるキレ者」で、

 人は動かない。

 一方、

 対人力が高くても、思考力が低ければ、「単なるいい人」で、

 影響力がない。

 目指すべきは、 

 思考力が高く、対人力も高い、

 「プロフェッショナルの思考力と対人力」を兼ね備えた人となること。



 対人思考力を高める前に、改善すべきこと・・

 アタマの生活習慣病にならないこと。

1.思考の放棄症

 自ら考えることを放棄、言い訳志向、
 「考えるの苦手なんですよ」といういじけ型、
 「考えたって仕方がない」という居直り型

2.思考の依存症

 「先生が言っている」「社長が言っている」「お客さんが言っている」
 言葉への依存症・・耳心地の良いテクニカルタームでわかった気になる

3.思考の歪み

 推論の過程にムラや無理がある。

4.思考の偏り

 特定のことについては効果的に推論できるが、
 ちょっと専門分野をそれると思考力が機能しなくなるタイプ。

 これらの放棄症と依存症を放置しておくと、
 「思考停止」状況になる。

 「アタマも(心と身体同様、)習慣によってつくられる」


 頭にある「メンタルブロック」と「ソーシャルブロック」の2つの壁を

 ぶち破れ!

 メンタルブロック・・知・情・意

 知覚と知性・・知覚のカベ、知識の欠如

 感情・・恐怖心

 意欲・・あせり

 ソーシャルブロック・・

 文化的価値観・・恥・遠慮

 社会的規範・・常識、「そんなことは常識だ」を疑う



 思考を活性化する7つのヒント・・

1.思考力に限界はない=考え抜けば、答えは出る

2.一問十答、一問百答

 一問一答の呪縛を捨てる

3.ものごとの両面を見る=両面志向のすすめ

4.言葉を研ぎ澄ませ・・一人連想ゲーム

 言葉を因数分解してみる

5.思考モードをシフトする

 ・スピードとしつこさ
 ・拡散と絞り込み
 ・抽象性と具体性

6.いつも心に氷山を・・見えない問題を考える3つの質問

 ・Why?Why?Why?
 
 ・So What?(それがどうした? ポイントは何か?)
 
 ・What if?(もし仮に~なら?)
 
7.汝を知れ・・自己認知力を高める
 
 色眼鏡を外すためには、

 自分の思考を突き放してみる「メタ思考」が大切



 「習慣は才能をしのぐ」

 「ことビジネスプロフェッショナルになる程度の対人思考力は、

  才能よりも習慣の問題である」



 ポスト「論理思考」は、「対人思考力」である。

 対人思考力を伸ばすためのステップ・・

1.自分の頭でものごとを組み立てることができる

2.自分の頭の中で組み立てたことを相手に分かりやすく伝えることができる

3.相手の話を聞きながら、相手が頭の中で組み立てたことを理解することができる

4.複数の相手とそれぞれの考えを交換・共有しながら、
  問題解決や新たな考えの共創ができる
 
 これができて初めて、「ビジネスの知的付加価値が生まれる」

 そのため、「チームの対人思考力も求められる」
 




<目次>
特別対談 武術研究・甲野善紀家VS.格闘系コンサルタント・船川淳志―ビジネスの極意は身体感覚にあり
第1章 まず思考の仕組みを知っておこう
第2章 思考を活性化する7つのヒント
第3章 思考の「型」を学ぶ
第4章 問題解決のためのアタマの使い方
第5章 対人力を鍛えよう
第6章 対人力向上のための4つのレッスン
第7章 チームの問題解決能力を高める

【楽天ブックスならいつでも送料無料】クラウドビジネス成功教本 [ 河津誠一 ]
河津誠一「クラウドビジネス成功教本-競争優位を確保するための事業化方法」

日刊工業新聞社

2015年刊



○クラウドビジネスの特徴・・

1、クラウドビジネスは、サービス提供のストックビジネス

 ○サービス利用料を基軸とするストックビジネス
 ×製品販売を中心とするフロービジネス

2.多くの利害関係者との互恵(ウィン-ウィン)関係が重要

3.顧客の満足要件を理解し、それを継続的に満足させることが重要

 SLAとして、顧客にサービスレベルを保証することが求められる
 
 ex.セキュリティ、拡張性、信頼性(稼働率)、性能、統合連携、
    カスタマイゼーション、課金方式の柔軟性(従量制・定額制)

4.業種別サービスでは企業間連携が重要

5.サービスの絶え間ない進化が重要

6.集合知を最大限に活用することが重要

7.関連サービスにより売上を増大させることが可能



○クラウドビジネスの成功とは

 ・ビジネス立ち上げの成功

 ・類似サービスによる競合出現時にも、競争優位性を確保し事業を継続
 
 ・模倣サービスによる競合出現時にも、持続可能な競争優位性を確保し事業を継続


○クラウドビジネスの6つの成功要因

1.ビジネスモデル優位

  ビジネスモデル創造または革新

2.技術優位

 機能・性能・拡張性・信頼性・操作性等の技術的要素で、
 他サービスに比べて著しい優位性がある

3.支援・維持管理・品質保証等(オペレーション)優位

4.クラウドプラットフォーム活用または提供優位

5.価格(費用対効果)優位 

6.成功促進要因優位

 先行優位、ブランド優位、顧客基盤保有、業過標準確保、
 業務プロセス革新効果優位 等々


○成功の基本3原則

・基本原則1

 ビジネスモデル優位(ランク5:業界でトップクラス)と、
 技術優位(ランク5)の両要因で、顧客価値を充足し、
 競争優位を確保している。

・基本原則2

 成功促進要因優位(ランク5)、
 オペレーション優位(ランク4:競合に差別化できるレベル)、
 費用対効果優位(ランク4)で、
 顧客価値を充足し、競争優位を確保している。

・基本原則3

 成功要因のスパイラル進化が行われ、さらにこのための仕組みが
 確立している。





<目次>
第1章 クラウドビジネスとは何か
第2章 クラウドビジネスでの成功と成功要因
第3章 クラウドビジネス成功事例―ビジネスモデル優位と技術優位の事例
第4章 クラウドビジネスにおけるビジネスモデルとその評価・進化
第5章 クラウドビジネスにおける競争優位の創出―競争戦略の創造
第6章 クラウドビジネスにおけるイノベーション創出―持続可能な競争優位の確保
第7章 競争優位なビジョン主導型ビジネスモデルの創造とイノベーション創出
第8章 競争優位なビジネスモデル事例
第9章 クラウドビジネス成功の基本原則
第10章 問題意識に対する回答

PAGETOP