東京藝大物語 [ 茂木健一郎 ]
茂木健一郎「東京藝大物語」

講談社

2015年刊



 小説もどきですが、茂木さんが、藝大の講義を頼まれて、

 学生たちと交流したことを表現するためにも、こういうかたちが自然だったのかもしれません。


 つき合ったのは、美術学部の学生たち。

 
 藝大は、二浪三浪四浪が当たり前の世界。

 その理由は、油絵科は、30倍、40倍、50倍だから。
 

 一次試験は、両国の国技館で、テーマを与えられて絵を描く。

 実に7時間!

 二次試験は、上野校地の絵画棟で三日間にわたり、油絵を描く。

 教授たちが、デッサンや油絵をずらりと並べて、これがいい、あれがいいと、

 順番にとっていく。選ばれれば、合格(^^♪

 センター試験は、200点くらいでも受かった人もいる((+_+))




 卒業制作で最優秀の作品は、大学により「買い上げ」となる。

 アーティストしての将来有望のお墨付きでもある。
 
 そのため、卒業制作は、学生たちにとって、アーティストになるという「芸術の夢」を

 ふくらませる、大切な現場となる。




 そんな学生たちに向けた、茂木さんのメッセージ・・

「幸福と、才能は似ているところがありませんか。・・」

「才能が十全に発揮されている状態は、幸福だと言える。

 最も高いパフォーマンスを実現しているフロー、ないしはゾーンの状態においては、

 人間は限りない幸福を感じるのです。・・」

「一方、人間というものは、根拠もなしに、万能感に浸ってしまうものでもあります。

 ダニング=クルーガー効果という言葉を、聞いたことがあるでしょうか?

 これは、成績下位者の学生の方が、かえって、自分の相対的順位は高いと勘違いし、

 逆に、成績上位者は、自分のパフォーマンスについて、控えめな評価しかしないということです。・・」


「まとめれば、幸福には、二種類ある、ということです。

 自分の才能を、最大限に発揮している、フロー、ないしはゾーンの幸福。

 一方で、自分の足りないところを直視せず、これで大丈夫だと勘違いしてしまう、

 偽りの幸福。

 みなさんには、ぜひ、前者の幸福を、目指して欲しいと思います。

 才能のフルスイングによってしか、到達できない至高の幸福と、

 才能を小出しにして、送りバントを繰り返すことで、達成される幸福と。

 君たちは、どっちを選ぶのだろう。」
スポンサーサイト

ドーダの人、小林秀雄 [ 鹿島茂 ]
鹿島茂「ドーダの人、小林秀雄 わからなさの理由を求めて」

朝日新聞出版

2016年刊



 「ドーダ」とは、漫画家の東海林さだおさんが提起された用語で、

 「ドーダ、おれ(わたし)はすごいだろう。ドーダ、マイッタか!」

 という自己愛の表出である。


 
 そして、小林秀雄。


 小林秀雄は、この「ドーダのデパート」である。

 小林秀雄の著作には、ありとあらゆるタイプのドーダが出てくる。

 「外ドーダ」とは、ドーダの根拠を「外」、外国に求めて、

 その外国の思想や事象を参照しながら、それに比べると日本の思想や事象はいかにダメか、を示す。

 フランス思想に依拠した小林秀雄の得意とするところ。

 一方、「内ドーダ」も、日本の職人や市井の常識人の知性といった「内」なる力によるものであり。

 西欧かぶれした日本の知識人に対して小林秀雄が依拠したもの。


 初期の評論では、自分の頭の良さをこれでもかとみせつける、わかりやすい「陽ドーダ」。

 後期のエッセイでは、枯淡ともいえるが自己愛が隠されている「陰ドーダ」。

 そして、わざとわかりにくい単語や文章をならべ、論理も紛糾させることで

 読者を煙に巻く「難ドーダ」。

 最後に、自分がいかにピュアであるかを強調し、純粋で混じりけのない文学や芸術を仮構し、

 それに比べると自分は不純だとする「純ドーダ」がある。





 小林秀雄的ドーダが、有効に機能したのは、

 大正末期から戦後の高度成長期に至る時代、1920年代から1980年代まで。

 この期間、「今日では想像するのさえ難しい」ほど、小林秀雄的ドーダが猛威をふるう。 

 かつて小林秀雄が、「実生活にとつて芸術とは屁の様なものだ」といったが、

 それは、日本のインテリ層が信じていた「生活と芸術とは放電する二つの異質」という

 前提があったからこそ有効であった。

 でも、1980年代にはそんな前提は崩壊する。

 それは、サブカルチャーという怪物が出現したから。

≪この怪物が次第に肥大して日本全体を覆いつくし、実生活と芸術とが峻別されない

 ノッペラボーな一元論の世界が現出したのである。≫





「批評するとは自己を語る事である。

 他人の作品をダシに使って自己を語る事である」といった言葉は、

 小林秀雄の本音であり、小林秀雄はドーダをしたいがために、ランボーやヴァレリーを

 翻訳し、批評を書いた。
 
 その裏返しとして、当時のフランス文学の中で、小林秀雄は、

 ユーゴーやマラルメを語ることはなかった、という指摘は、実に面白いです(^^♪




<目次>
小林秀雄の難解ドーダ
小林秀雄のフランス語と翻訳
小林秀雄と長谷川泰子
ドーダと人口の関係性
小林秀雄と父親
アーサー・シモンズの影響
小林秀雄とランボー
小林秀雄と河上徹太郎
ヤンキー小林秀雄
小林秀雄とアモック
小林秀雄の純ドーダ

世界一わかりやすい哲学の授業【電子書籍】[ 小川仁志 ]
小川仁志「世界一わかりやすい哲学の授業」

PHPエディターズグループ

2010年刊




ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』・・

【送料無料】 アナーキー・国家・ユートピア 国家の正当性とその限界 / ロバート・ノージック 【単行本】

 ノージック・・リバタリアンの代表格。

 リバタリアニズムとは、個人の自由を最大に、国家の強制を最小というのが共通するスローガンである。

 自由至上主義とも訳される。

 
 国家は、あくまで治安・防衛・司法といった最小限の国家機能にとどめるべきだ、という

 「最小国家論」が、ノージックの立場である。



 リバタリアンは、必ずしも自由放任主義的な資本主義を万能視しているわけではない。

 個人の私的領域における自由こそが第一義的な意味を持っているのであり、

 自由主義と最小国家は、それを確保・維持するためのすぐれた手段にすぎない。


 自分の自由さえ守られていれば、ライフスタイルや共同体のあり方を禁止するわけでも

 奨励するわけでもない。




「最小国家は正当とみなされる。

 それ以上の拡張国家はすべて、人々の権利を侵害し、不当であるとみなされる」

 
 
 最小国家が、一種の「ユートピアの枠」として機能することを指摘する。

 自発的な交換や合意に基づく多様なユートピアの建設の試みを許容する「枠」を提供するのが、

 最小国家の役割である。


 ノージックによる、ロールズへの批判・・

 ロールズの原初状態にいる人が、格差原理を採用するとは限らない。

 彼はむしろ最低限の生活保証付きの平均的功利主義を選ぶだろうといった批判。

 ロールズの配分的正義論は、社会の中の財を、あたかも無主物のように扱っている。




<目次>
アリストテレス『ニコマコス倫理学』―幸福な毎日を送るための生き方とは?
デカルト『方法序説』―どうしたら自信がもてるようになるの?
ロック『人間知性論』―なぜ経験が大事なの?
ルソー『社会契約論』―みんなで物事を決めるにはどうすればいい?
カント『純粋理性批判』―自分の判断に迷ったときは?
キルケゴール『死に至る病』―絶望は克服できる?
マルクス『経済学・哲学草稿』―競争社会に疲れたら?
サルトル『実存主義とは何か』―自由に生きるってどういうこと?
レヴィナス『全体性と無限』―どうすれば他人を理解できる?
メルロ=ポンティ『知覚の現象学』―なぜ身体を大事にしなければならないの?
フーコー『監獄の誕生』―人から操られるのが嫌なら?
アーレント『人間の条件』―毎日を生き生きと過ごすためには?
ロールズ『正義論』―どうすれば人と分かち合える?
ノージック『アナーキー・国家・ユートピア―国はなんのためにあるの?
サンデル『リベラリズムと正義の限界』―結局一人では生きられないの?

世界一わかりやすい哲学の授業【電子書籍】[ 小川仁志 ]
小川仁志「世界一わかりやすい哲学の授業」

PHPエディターズグループ

2010年刊




ロールズ『正義論』・・

【送料無料】 正義論 / ジョン・ロールズ 【単行本】

 どうすれば公正な分配を行うことができるか?

 昨今の格差社会を巡って、改めて注目されている『正義論』は、

 リベラリズムの議論の基軸となっている。

 
 リベラリズム・・「善に対する正の優位性」

 大多数の人々が抱く強い信念であったとしても、それが正義の諸原理に基づかず、
 単なる選好にすぎないとすれば、社会制度い対する批判的要求という意味では
 何の重要性も持たない。

 それまでの「功利主義」=「最大多数の最大幸福」に代わる正義の議論を提示した。


 社会において利益を分かち合う方法について考えてみる。

 「原初状態」=「そこで得られる基礎的な合意が公正であることを保証してくれる、

  適切な初期状態」のこと。

 この状態を作り出すためには、私たちは「無知のヴェール」に覆われる必要がある、という。

 一種の思考実験であるが、私たちは自らの差異を知らないと仮定して、

 人々は等しく合理的で、同じ状況にあるとする。
 
 こうすることではじめて、他人のことについても同じ条件で正義を考えることができるようになる。



 「正義の二原理」・・正義を判断するための公式。

 第一原理は、「各人は基本的な自由の最も広い体系に対する平等な権利を持つべきであるが、

 このような自由の体系は他者の同様の体系を両立しなくてはならない」

 つまり、第一原理は、「平等な自由の原理」のこと。

 第二原理(a)は、「機会の公正な均等原理」。

 第二原理(b)は、「格差原理」。
 
 まずは、自由。次に、機会均等。最後に、格差是正。


 不平等が許されるのは、最も恵まれない人が最大の便益を得るような形でなされる場合に限る。

 才能に恵まれた人は、偶然にそのような才能を与えられたにすぎないのだから、

 不遇な立場にある人に自らの便益を与えるべきだ、という発想である。



 



<目次>
アリストテレス『ニコマコス倫理学』―幸福な毎日を送るための生き方とは?
デカルト『方法序説』―どうしたら自信がもてるようになるの?
ロック『人間知性論』―なぜ経験が大事なの?
ルソー『社会契約論』―みんなで物事を決めるにはどうすればいい?
カント『純粋理性批判』―自分の判断に迷ったときは?
キルケゴール『死に至る病』―絶望は克服できる?
マルクス『経済学・哲学草稿』―競争社会に疲れたら?
サルトル『実存主義とは何か』―自由に生きるってどういうこと?
レヴィナス『全体性と無限』―どうすれば他人を理解できる?
メルロ=ポンティ『知覚の現象学』―なぜ身体を大事にしなければならないの?
フーコー『監獄の誕生』―人から操られるのが嫌なら?
アーレント『人間の条件』―毎日を生き生きと過ごすためには?
ロールズ『正義論』―どうすれば人と分かち合える?
ノージック『アナーキー・国家・ユートピア―国はなんのためにあるの?
サンデル『リベラリズムと正義の限界』―結局一人では生きられないの?

キヨミズ准教授の法学入門 [ 木村草太 ]
木村草太「キヨミズ准教授の法学入門」(星海社新書)

2012年刊



 キヨミズ准教授による「法学入門」・・

 講義のテーマは、

 『法的思考の構造 - 法的三段論法・法命題・法源論』



・法的三段論法

 大前提:Aという要件を充たした場合には、Bという効果が発生する 法命題

 小前提:この事実Cは、Aという要件を充たす 事実へのあてはめ

 結論 :従って、事実Cから、Bという効果を発生させるべきだ 具体的な規範



・「裸の価値判断」と「法的三段論法」

「裸の価値判断」・・
 
 事実 →(直観)→ 価値判断(こうすべき)

「法的三段論法」・・

 大前提(一般的要件・効果)→小前提(事実の包摂)→価値判断(こうすべき)


 
・「裸の価値判断」と「法的三段論法」の違い

 直観による「個人的感情や別件の悪行」などを遮断して判断する。 




 日本の法体系が依拠する「近代法の野望」・・

「近代とは、世界を意味づける

 単一・絶対の視点を想定する時代である」

 逆に言うと、

 近代以前は、世界を意味づける視点が社会に複数あって良い、とされていた。

 たとえば、貴族には貴族の世界、商人には商人の世界、奴隷には奴隷の世界。
 
 所属する身分によって、世界観そのものが異なり、使う言語も異なった。


 近代は、「全員が共通のルールの下に」という発想に基づいている。
 
 近代法とは、すべての人間を同じ原理・ルールで規律しようとする思想である。

 

 
・法解釈とは?

 法解釈 = 法律の文書(法源)から「法規範を導く作業」

     = 法律の文書を「別の言葉に置き換える作業」


 ・法文の適用対象がとても広い(抽象的)

 ・法文をそのまま適用すると、あまりにも不都合

 → 「法文」を「別の言葉」に置き換える

   = これが「解釈」という作業



・目的論的解釈

 ・条件の目的を画定する

 ・その目的を達成するためにもっとも適切な言葉を探し、条文の言葉と置き換える

 「法文をそのまま適用するだけが、法律家の仕事ではない!」



・法解釈と裁判所の権限

 法律の文章 → 解釈はいろいろ意見が分かれる

 → どの解釈を選ぶべきかを確定するのが「司法権=裁判所の権限」 


・良い法解釈の条件

 ・理論性
 ・射程の適切性
 ・言語的自然さ
 ・整合性

 理論的、矛盾がない、日本語として自然、
 射程が考えつくされている
 = その解釈を他のケースに適用した場合の妥当性

 → 良い法解釈とは何かを判定するには、専門的な訓練が必要 
 
 = 過去の解釈をよく学び、自分の才能を使って考える!




<目次>
Prologue 疲れる通学路から始まる物語
1 赤ひげ小人のハン社会人たち
2 急坂の上の動物園で社会科学を語る
3 清かにわたる風の学校に、現代日本法の講義が来る
4 青春の文化祭に、法解釈の神髄を見た
5 サマーナイトオープンキャンパスで法学教育を語る
6 話は古代ローマにさかのぼる
Epilogue 重力の存在を忘れるほど楽しい

テレビが伝えない憲法の話 [ 木村草太 ]
木村草太「テレビが伝えない憲法の話」(PHP新書)

2014年刊



 「テレビが伝えないこと」とは何か?

 ・・答えは最後。


 憲法の持つ3つの側面・・

1.国内最高法規

2.外交宣言

 憲法典は、外国の人に対するメッセージである。

3.歴史物語の象徴

 憲法典は、戦争や革命など重大な歴史的事件の中で作られる。

 そのため、他の法律と異なり、熱烈な愛着や激しい憎悪の対象となりうる。



 主権国家の必要性・・

 近世欧州の最大の悩みは、宗教戦争であった。

 宗教とは「検証不能な事実に基づく、本質的に無根拠な前提」である。

 たとえば、「この世界は、世界の外にいる神が創った」という命題は、立証しようがない。

 宗教は無根拠な前提であるから、科学が全ての人に共通するただ一つの真理を求めるようには、

 統一することができない。

 このため、宗教対立は、それが深刻であるにもかかわらず、解消が極めて困難である。


 そのため、16世紀当時の政治学者や哲学者が提唱した、ある国家構想は、

 1.世俗的で、

 2.統一的な権力主体

というコンセプトを考えだした。

 その結果、主権国家が成立し、権力の独占が進み、次第に中小規模の武装集団による権力闘争は

解消する。

 しかし、この主権国家により、2つの新たな大きな課題が生じた。

 一つは、主権国家同士の紛争、「戦争」。

 もう一つは、国内での権力濫用である。


 そこで、権力の暴走を防ぐための、主権国家を成り立たせるルール・・「立憲主義」が構想される、
 
 たとえば、国家が国民から奪ってはならない権利が盛り込まれる。

 つまり、「憲法は国家を縛るものだ」という定義が成立する。


 
 憲法を巡る議論の中で、しばしば、「権利ばかりで、義務がないのはおかしい」という

 素朴な感情から、「公益を尊重する義務」を導入する改憲案が提案されたりする。

 しかし、そんな無限定で抽象的な義務を規定すれば、時の権力者が自由にあらゆる権利を

 制限できてしまうことになり、個人の尊重は雲散霧消してしまう。

 


 「押し付け憲法論」について・・

 現行憲法は、GHQの意向をそのまま採用したわけではない。

 「翻訳」や「整合性の確保」を図る中で、日本政府の要望も実現された。

 たとえば、GHQは一院制を採用していたが、日本政府の要望により二院制となる。

 
 「押し付け憲法論」を主張する人は、

 天皇が明治憲法を日本国民に押し付けたことは問題にしない。

 現行憲法は、普通選挙で選ばれた議員の集う衆議院が関与しているのに対し、

 明治憲法は、日本国民は全く関与していない。 


 しかし、制定過程だけを問題にするということは、

 内容に不満がないということの裏返しでもある。


 今時の憲法改正には、GHQに「押し付けられた」という「屈辱の物語」などを

 読み込まず、それ自体を読み、十分に納得できる合理的な内容かどうかを判断すべきである。




 最後に、木村さんのいう「テレビが伝えないこと」とは・・
 
 「憲法学の楽しさ」でした(^^♪



<目次>
序章   日本国憲法の三つの顔
第1章  憲法の価値を噛みしめるー国家を縛るとはどういうことか?
第2章  日本国憲法の内容を掘り下げてみるーいわゆる三大原理とは何を語っているのか?
第3章  理屈で戦う人権訴訟ー憲法上の権利はどうやって使うのか?
第4章  憲法9条とシマウマの檻ーどのように憲法9条改正論議に臨むべきか?
第5章  国民の理性と知性ー何のための憲法96条改正なのか?
終章   日本国憲法の物語ー事を正して罪をとふ、ことわりなきにあらず。されどいかにせん
161029001.jpg
161029002.jpg

 札幌から1時間のところにある、ゴルフ5カントリー美唄コースへ。

≪高低差3Mの平坦なフラットコースです。
 ピート&ペリー・ダイ設計によるスコティッシュ・アメリカンスタイルのコースです。
 フェアウェイには 独特なアンジュレーションと7つの湖を巧みに利用したホール、アンジュレーションの大きいグリーンに待ち受けるバンカーなどが配置され、中途半端なショットは許されませんが、いずれも美しくタフなコースとしてプレーヤーの挑戦意欲を刺激することでしょう。
 LPGA トーナメント「ゴルフ5レディス」を過去4回(2004・2006・2007・2013)開催しているトーナメントコースです。 ≫

161029003.jpg
161029004.jpg
161029005.jpg
161029006.jpg
161029007.jpg
161029008.jpg
161029009.jpg

 中コース⇒東コースでした。

 中コース・・
161029010.jpg
161029011.jpg
161029012.jpg
161029013.jpg
161029014.jpg

161029015.jpg
161029016.jpg
161029017.jpg
161029018.jpg
161029019.jpg
161029020.jpg
161029021.jpg
161029022.jpg
161029023.jpg
161029024.jpg
161029025.jpg

 東コース・・
161029030.jpg
161029031.jpg
161029032.jpg
161029033.jpg
161029034.jpg
161029035.jpg
161029036.jpg
161029037.jpg

名物の浮島のホール・・
161029040.jpg
161029041.jpg
161029042.jpg

 今日は、気温4度。
 途中、雪がちらつく時もありましたが、風はほとんどなく(ここでは珍しいそうな)、
 太陽が見えると、心地よかったです。

 前半2時間、10分の休憩を挟んで、後半2時間20分でした。

 15時には、新千歳空港に到着することができました(^^♪

 前夜午前様だったこともありますが、
 この平坦なコースで、一人グランドゴルフをしていました(>_<)
 プレーばっかりじゃなくて、ちゃんと練習しないといけませんね~(+_+)

 ところで、ロッカールームには、女性の名前が・・?
161029050.jpg

松原由美
三ヶ島かな
茂木宏美
森美穂
森井菖
森田遥
・・

 9月の「ゴルフ5レディス」のものが残っていました。

 私が利用したのは、森美穂さんのところ・・
161029051.jpg

 同僚のロッカーの近くには、イ・ボミさんの名前がありました。

 でも、通常より一回り小さいロッカーだったので、プロの方だと荷物が入らないのでは?
と疑問は残りました。

モノ食う人々・・ジンギスカン定食。わさびが付いているのが珍しいですが、美味しかったです(^^♪
161029054.jpg
161029053.jpg
セミナー後に、参加してくれたメンバー一同と、懇親会をしました。

161028201.jpg

場所は、「北の宗右衛門 ゆうや」さん?!
161028202.jpg

廊下には、大阪ミナミの大きなパネル・・
161028203.jpg

≪『北の宗右衛門 ゆうや』の本店は大阪ミナミにあります。
 宗右衛門町では『旬彩 ゆうや』として、
 心斎橋では『炭火処 ゆうや』として
 北海道網走産のキンキを使った料理をメインとした本格割烹料理店として、大阪の皆様に親しまれています。≫

 なぜに、札幌で、大阪料理???

 でも、北海道の食材が使われていました(^^♪

161028204.jpg
161028205.jpg
161028206.jpg
161028207.jpg
161028208.jpg
161028209.jpg
161028210.jpg
161028010.jpg
新千歳空港・・

161028011.jpg
161028012.jpg
161028012x.jpg

モノ食う人々・・いつもと同じ「どんぶり茶屋」さんにて
161028013.jpg
161028014.jpg
 札幌出張。 

 いつもANAのビジネスリピートを利用していますが、  
 年度の初めにいただくプレミアムポイントを使う機会がなかなかないため、 
 このままいくと昨年同様、余ってしまうため、アップルグレードしました。 

 プレミアムクラスの機内食・・
 羽田→新千歳の「プレミアムGOZEN」
161028001.jpg
161028002.jpg

 新千歳→羽田の「プレミアムSABO」
161028003.jpg
161028004.jpg
161028005.jpg

PAGETOP