上岡伸雄「釜石ラグビー 栄光の日々 - 松尾雄治とくろがねのラガーたち」

中央公論新社

2011年刊


 かつて、ラグビーの日本選手権7連覇(1978年度-1984年度)を成し遂げた

 新日鉄釜石ラグビー部の記録。

 他の社会人ラグビーのチームが大卒であったのに対し、

 当時の釜石ラグビー部は、東北・北海道出身の高卒・高専卒のチームでした。

 そこに、天才・松尾雄二が加わったところから大躍進が始まります。

 
 本書の中で、松尾選手の天才的なテクニックやずば抜けた体力は語られているのですが、

 印象に残ったは、「高橋博行」さんでした。


 秋田高専から入社した高橋さんは、ラグビー部の練習を見ているうちに、自分も部に参加したいと思うようになり、

 研修で一緒になった松尾さんに入部の相談をします。

 しかし、ラグビー部の首脳も、人事部も、断固ノーといいます。

 理由は、高橋さんはラグビー部の推薦で採った社員ではなく、高専卒の技術者として採用したこと。

 すでに、高炉改修という忙しい部署に配属予定だったため。

 それでも、人事課に何度やめるように説得されても、折れなかった。
 
 そして、ついに入部を許可されます。

 でも、懸垂が一回もできない中、初練習はまったくついていけなかった、といいます。

 この高橋さんについたあだ名が「バテノナマリ」。

 練習ですぐにばてるし、秋田弁の訛りが強いから。

≪しかし、この「バテノナマリ」、練習でどんなについていけなくても、部はやめなかった。

 会社に無理を言って入部させてもらった以上、やめるにやめられなかったのだという。

 いつしか高橋が息を切らせて走る姿は、釜石ラグビーの練習に欠かせないものとなる。≫



 そして、V2を果たした1979年・・

 豪州遠征でオーストラリアの南豪州代表のチームと対戦した際、

≪ゴール前に上がったパントを追いかけ、相手の巨大なナンバーエイトを一発のタックルで

 倒したフランカーがいた。このフランカーは脳震盪で退場するが、こぼれ球を千田が拾い、

 右中間にトライ。新日鉄チームはこの試合に勝利をおさめた。

 このフランカーこそ、高専から技術者として入社し、松尾に頼み込んでラグビー部に入った

 高橋博行だった。四年目の春である。

 「高橋のタックルは使える」。このプレーは首脳陣に強烈なアピールとなった。≫


≪特に足が速いわけでも器用なわけでもない。

 そんな彼が活路を見出したのが、180センチ、80キロの体格を生かしたタックルだった。≫  


 ・・当時の試合の状況が頭に浮かんできます(^^♪
 


<目次>
プロローグ―新日鉄釜石ラグビーと松尾雄治
第1章 万年優勝候補―一九七一~七六年
第2章 黄金時代の幕開け
第3章 対トヨタ自工、まさかの敗戦
第4章 王座奪還―V1への道
第5章 負けようのないチーム―V2からV4へ
第6章 薄氷を踏む勝利―V5からV7へ
第7章 松尾なしで勝ちたい!―一九八五年の闘い
エピローグ その後、なぜ敗退していったか
スポンサーサイト

山崎武也「セレブのための豪華客船の愉しみ方」

学習研究社

2009年刊



 山崎武也さんの本を、新入社員の頃以来、手に取っています。

 今回の海外赴任への精神安定剤のようなものです(^^♪

 豪華客船の旅は、当面予定にありませんが、10年後を目途に一度乗ってみたいですね~
 



○動くホテル

 豪華客船は・・

≪宿泊姿勢が自分の行く先々にまでついてきてくれるといってもいいし、

 交通手段がそのまま宿泊施設になっているといってもいい。

 いわば船が「動くホテル」となっているのである。

 そのホテルの中にいて、好きな本を読んでいたり、移り変わっている景色を眺めていたり

 してもいいし、観光に出掛けたいと思えば、簡単に身支度をして出掛けて行って帰ってくればいい。≫




○日常と切り離し、思い切って豪華に

≪豪華客船に乗るのであるから、中途半端はことはしないで、部屋のタイプの選択についても、

 思いきり「豪華」にしてみるのも一策であろう。

 それは少なくとも極上の思い出になることは間違いない。

 長期にわたるクルーズであれば出費もかさむが、一週間以内であれば、

 何とかなるのではないか。≫

 ちなみに、山崎さんは、セミスイートというタイプの部屋を選ぶのを原則としている、

とのこと。また、そうでなくても、バルコニーとバスタブ付きが良い、と。




○船旅の長短の長短

≪旅の長さに対する好みは、人それぞれによって異なる。≫

≪一日がいくらの計算になるから得をしたとか考えるのは、いずれにしてもあまり意味がない。

 要は、どれだけ愉しかったかが問題である。

 クルーズの何日間があっという間に過ぎたと思えば、愉しかった証拠であって得をしたのである。

 旅がやっと終わったと考えるときは、それほど愉しくはなかった証拠であり、

 ちょっとぐらいは損をしている。


 ただ、そのような場合でも、知らない土地を訪ねた分だけ自分の世界が広くなり、

 船上での生活をすることによって、人生の異なった部分を発見したと思えば、

 それは大いに得をしていることになる。≫






<目次>
第1章 いざ、大海原へ
(気宇壮大な解放感
憧れのクルーズ ほか)
第2章 覚えておきたい基本的なこと
(ドレスコード
フォーマルウエア ほか)
第3章 船上の生活を快適に送るために
(船長主催のパーティー
ウエイターたちへのチップ ほか)
第4章 品格ある旅の心得
(陸地との通信
安全とリスク ほか)
資料
(五大人気コース(日本/世界)
日本の三大客船 ほか)

山崎武也「上品な人、下品な人」(PHP新書)

2005年刊




○忙しがる

 
「私だって」は上司の禁句!

≪部下が忙しいことを訴えると、「自分だって忙しい」などといって、部下の言葉をはねつけようとする人がいる。

 部下の悩みに耳を傾け、その問題を解決する手助けをするのは、上司の役目の一つである。

 その役目を果たさないで、自分も同じ状態にあると相手にいうのは、上司の地位を返上したり

 捨てたりするのと同様である。≫


≪私もできるだけ「忙しい」という言葉は使わないようにしている。

 だが、ただ一つ例外がある。

 押し売りの電話は、「お忙しいところを」といった前置きの言葉から始まる。

 それに対して、間髪を入れず「そのとおりで忙しいので」といって話を聞くことを拒否している。≫






○人の収入についての質問


 そもそも、人に収入を聞く、などということは下種の極み・・

でも、もし聞かれたらどう答えればばよいか?

≪聞かれた側としては、「食べていくくらいは稼いでいる」などといっておけばよい。

 軽くかわして相手にしないことだ。

 そこで逆襲よろしく相手の収入について聞いたりしたのでは、同じ穴のむじなになってしまう。

 いずれにしても、相手も情報をくれるはずはないので、気まずい雰囲気になるだけである。≫
















<目次>
第1章 とてもつきあい切れない下品な人
第2章 上品な上司、下品な上司
第3章 こんなに困った「品のない客」
第4章 「なぜかモテない人」には品がない
第5章 若者にシカトされる下品なオヤジ
第6章 渡る世間に品はなし

山崎武也の<超>仕事法

三笠書房

1996年刊



○「予定どおりに仕事が進まない」というときの対処法

 
「締め切りに間に合わせればいい」と考える人は二流!

≪仕事の場においては、自分のところに仕事が回ってきたら、すぐに手を着ける。

 期限が定められていても、それは最悪の場合はそのときまでという意味であることが多

い。

 その仕上がりはできるだけ早いほうがよい場合がほとんどである。≫


≪今日できることを明日に延ばすな、というのは、特に仕事に秀でようと思ったら、

 鉄則である。

 明日でもできる時間が十分にあると思っていても、明日になったら突発的な事態が発生

 するかもしれない。さらに急を要する仕事が出てくるかもしれない。

 それまでに時間があった場合は、それを言い訳にすることも難しい。

 仕上がりを待っていた人は、自分の依頼した仕事が、軽視されたと考える。

 気分のよかろうはずはない。締め切りは待つものではない。

 早々に片づけて忘れるものである。≫



「時間があればあるだけ効率は悪くなる?」

≪仕事は必ずしも結果だけで判断してはいけない


 人が努力する過程も、同じように重要である。

 人生が結果だけであったら、毎日の生活を楽しむ余裕はなくなる。

 努力する過程も重要であると認めているからこそ、目標へ向かっていく一つひとつの

 道程に真剣に取り組んでいくことが可能なのである。≫




「できるだけ早く」が生む、こんな誤解

≪「できるだけ早く」という表現は、「いつでもよいから」という意味に解釈され、

 さらには「別にしなくてもよい」という意味に移り変わっていく危険性をはらんでいる。

 客観的な期限を示す必要がある所以である。≫


山崎武也「人望の研究」

PHP研究所

2004年刊




○人の言に耳を傾ける

≪人望のある人は、人を理解し人から学ぼうとする姿勢を崩すことはない。

 人のいうことに耳を傾けるには人から教わることであると心得ている。

 そこで話を「聞きたい」という真摯な態度に徹するのである。

 ちょっとでも「聞いてやろう」とする気配が感じられたら、人は二度と寄ってこようとは

 しない。傲慢は無礼であり、人が最も忌み嫌う姿勢の一つである。≫





○泰然自若の構え

≪大人(だいじん)は泰然自若と構えている。

 外見は忙しいようでも、自分の使命に対して一つひとつ集中しているだけである。

 忙しがったり偉そうぶることはない。

 だから、緊急事態が起こっても、慌てないで即座に適切な対応をすることができる。

 何かをしている最中であっても、人が近寄ってきたり話し掛けてきたりしたら、

 できるだけ適宜に対応しようと努力する。

 そのような態度の人には、人々は期待に応えてくれる点に確信を持つことができるので、

 限りない信頼の心を寄せていくはずだ。≫





○自分の非を探し出す

≪責任の大小にかかわらず、まず進んで自分の責任を認めようとする人から、

 裏切られることはありえない。

 皆に信頼され頼りにされる結果になることは疑いない。≫





○利益志向より人間関係志向

≪人々から人間として信頼されていなかったら、経営上の手腕が優れているという

 評判もその基盤は脆弱である。真の人望は利益志向よりも人間関係志向の考え方に

 重点を置いて努めるところから生まれてくる。≫






○身近に煙たい人を置く

≪一々うるさいことをいったり批判したりする人は煙たく思って、遠ざけようとするのが人情だ。

 しかし、煙たいことをいう人は、「煙」の元凶である「火」を指摘してくれる人である。

 自分が独り善がりにならないようにと、正しい道を照らして見せてくれた人だ。

 自分の向上にとって、このうえなく有用で価値のある人である。

 できるだけ身近に置くように努める必要がある。

 
 自分の批判に心よく耳を傾ける人の前には、限りない向上の道が開けている。

 その人に従っていこうとする人々も増える一方である。≫




<目次>
心の扉を開いておく
人の言に耳を傾ける
口数を少なく中身を重く
腕組みをしない
泣いて馬謖を斬る
裁判官にならない
泰然自若の構え
自分の非を探し出す
手柄を人のものにする
後ろを見ながら進む〔ほか〕

山崎武也「人生は負けたほうが勝っている―格差社会をスマートに生きる処世術」(幻冬舎新書)

2007年刊





≪負けるのは後退であるが、長い人生という期間から見て大きな視点に立てば、

 ちょっとした変化でしかない。

 一休みする結果にもなり、自分の進路について間違っていないか確かめたり

 自分を鍛えたりする機会にもなる。


 人生に常勝はありえない。負けたのをいつも不本意に思うのは、精神衛生上もよくない。

 自分で進んで負ける道を選んで負けるのは容易だ。

 それができれば、自分の思いどおりに自分の人生をコントロールできたという

 自信も生じるのではないか。≫




○難しい仕事をする

≪チャレンジしながら給料までもらえる≫

≪難しい仕事とやさしい仕事とがあって、どちらを選ぶかといわれたら、

 後者にしたいと思うのが人情だ。苦よりも楽のほうがいいに決まっている。

 そこで、難しかったり長時間の作業を必要としたりする仕事を強いられた人は、

 損をしたとか運が悪かったとかいって、嘆くのが普通だ。

 貧乏くじを引かされたと思うのである。・・≫


≪だが、長い年月にわたって仕事をしていくキャリアという観点から見ると、

 プラスになる点が多い。

 「若いときの苦労は買うてでもせよ」といわれているが、それは若いときだけには限らない。

 仕事の世界にいる限りは、自ら進んでチャレンジしてみる価値がある。・・≫


 やさしい仕事と違って、

≪難しい仕事となると、全身全霊を捧げるつもりで取り組んでいかなくてはならない。

 そこで、自分の能力を発揮し、技能を磨いていく結果になる。

 自分にとってはプラスになることだ。≫

 学校で教育を受けるときは授業料が必要になるが、

≪実地で勉強するときは、関係する人たちから助言を受けたり手助けしてもらったりしても、

 すべて無料だ。

 というよりも、その間に対しても給与がもらえるのである。

 このような有利な条件はほかにないのではないか。≫


 
 中谷さんの言葉、「バイキングは食べ放題 会社で仕事はし放題」を連想しますね~(^^♪




<目次>
第1章 上手に出世するための負け
(失敗する
難しい仕事をする ほか)
第2章 人に好かれるための負け
(弱みを見せる
じっくり聞く ほか)
第3章 悪から身を守るための負け
(無言を貫く
損切り ほか)
第4章 妬まれずにトクをするための負け
(マイペース
教える ほか)
第5章 幸せを味方にするための負け
(借りを残す
不便を選ぶ ほか)

山崎武也「とても簡単なのに、なぜか裕福になる「金持ち哲学」―実践した人から変わっていく!」

三笠書房

2004年刊



○この世でいちばん自由で余裕のある生き方ができる人

 お金があるだけ「不自由さ」も増すことがわかってくると、

 人知れず金持ちになって、”金のないフリ”することができればいいことがわかる。

≪人と人とのつきあいには金が必要な場合も多いが、金が邪魔になる場合も少なくない。
 できるだけ金の問題を表に出さないようにして人と接していくのが賢明な生き方である。

 金持ちぶるのもよくないのはもちろんだが、貧乏たらしく振る舞うのもよくない。≫







○人生を豊かに暮らすには、打算ではなく「好き」を貫くこと

≪好きという感情に打算はなじまないし、

 打算から好きという感情が生まれることはない。
 
 打算よりも「好き」を貫けば豊かな暮らしが見えてくる。≫






○払う価値があるところに金を惜しんではならない

≪サービスだけでなく信頼も買う≫

≪ホテルに泊まるときは、できるだけ高級なホテルのもっとも安い部屋を選ぶのがよい、

 といわれている。

 特に治安の悪い外国の大都市などの場合は、安全が第一である。

 場末の安ホテルでは犯罪に遭う可能性も高い。・・≫

≪最高級の部屋ともっても安い部屋との違いは、その広さと、付帯設備にちょっとした差

 がある程度である。それ以外の点では、利用できる設備やサービスに差はない。

 要するに寝起きする私的な空間が違うだけで、共用部分についてはまったく同じ権利がある。≫

≪取り引き先の人などは会うと必ず、どこのホテルに泊まっているかと聞く。

 そこでホテル名を告げると安心したような顔をする。

 一応きちんとしたホテルに泊まるだけの「余裕」があると判断するのである。

 信用をつける一助になっていたことも間違いない。≫



≪贅沢を買うと思えば、我慢して安いところにしようと考える。

 安全を買うと思えば、ケチなことはできない。≫







<目次>
1章 金持ちになるのは難しくない―分岐点はこの「金銭哲学」(「金づきあい」と「人づきあい」の才能は同じところにある
収入をアテにすることほど不確かなことはない ほか)
2章 大切なのは、ちょっとした発想の転換―金持ちは「見えない無駄」まできちんと見る(クレジットカードを金と考えてはいけない
「買わなければならない」不思議な心理に陥ってしまうとき ほか)
3章 同じ金でも「結果」が違う―「使わない贅沢」という方法(「何のために金を払うのか」が明確な人
払う価値があるところに金を惜しんではならない ほか)
4章 必ず「どっちが得か」と考える―金にまつわる人生の損得(「時間」は払った金以上の価値を生む
「家(不動産)」は財産になりうるか ほか)
5章 一生豊かに暮らす「金の使い方」―「人間関係」という財産を築く(「祝い金」は多めに渡す
「身につくもの」に金を使えば財産は着実に増えていく ほか)

山崎武也「サラリーマン、奇跡の時間割 人生設計図のつくり方」

三笠書房

1998年刊




○人生の浮き沈みに、どう対処していけばいいか

≪人生は「苦あれば楽あり、楽あれば苦あり」だ。

 苦と楽の繰り返しであるから、うまくいかなくても悲観しないで努力を続けていけば、

 よい時がくるし、好調だからといって油断していると、ひどい目に遭う。

 臨機応変にその都度、度合いの調節はするにしても、常に努力を怠ってはいけないのが人生だ。


 そのような仕事を職業にするにしても、それなりのどりょくをしないでは、長続きはしない。

 世の中の流れは常に変わっていく。・・≫


≪したがって、常に勉強を怠ってはならない。

 毎日の仕事に全力を尽くすといっても、ある程度の余力はあるはずだから、

 それを万一の場合に備えるために使う。

 現在、自分が活用している技能以外のことも身につけるべく、勉強をしておく必要がある。≫








<目次>
1章 自分の一生の“構想”を練る―いつ、何をするのがいちばん賢明か?
2章 10年後を保証する会社での時間の過ごし方
3章 実をとる「仕事計画」の立て方―一生困らずに暮らせる、スキルの磨き方
4章 自分に“いい刺激”を送る、休暇・休日の愉しみ方―「仕事」「ライフワーク」「家庭」、それぞれの課題に、どう向き合う?
5章 「お金」と「時間」の投資計画―この計算だけは、しておきなさい!

山崎武也「「仕事」を極める一流のビジネス作法―忘れてはならない100の原則」

PHP研究所

1985年刊




1.なぜ働いているのか

≪いずれにしても、仕事をするのは究極的には自分のためのである。

 家族のためといっても、家族に対する自分の義務感を満足させたいためであったり、家族に尽くしたいという自分の気持ちを

 実行に移したためである。社会にためという場合についても同様だ。

 結局は、自分の「欲」を掘り下げていって、その欲を効果的なかたちで満たすと同時に、その結果ができるだけ社会のために

 なるような方向へと誘導していく必要がある。

 そのような基本的姿勢を堅持したうえで、現在の自分の仕事に対する目的意識を、はっきりと頭の中に植えこんで仕事に打ち込むのだ。≫





2.つまらない仕事はない

≪組織の中の個々の働きは、全体が機能するためには不可欠である。

 誰にでもできる仕事だからといって、価値が少ないわけではない。組織の全体に対する貢献度という価値から見れば、

 価値においては困難で高度の仕事とまったく同じだ。

 すなわち、つまらない仕事だと思っても、組織にとっては必要な作業である。

 つまらないといって、いい加減な扱い方をしたり手抜きをしたりすれば、組織に対して致命的な打撃を与える結果にも

 なりかねない。・・≫


≪どんな仕事であっても、そのような仕事が存在する限りは、欠くことのできない仕事である。

 したがって、全力投球をして、立派なかたちに仕上げるべきである。≫





3.上手になれば好きになる

≪仕事が嫌いであったり気が進まないのは、上手にできないからである。

 最初から上手にできるはずはないのであるから、とにかく全力でぶつかってみる。

 すると上手にできるようになる。そうなると、好きな仕事になる。≫






9.ときに初出勤のつもりで

≪職場においても、毎月第一月曜日とか日を決めておいて、初出勤した日のつもりで行動してみる。

 心を新たにして気持ちを張りつめてみれば、職場自体の魅力も増してくる。

 「初心忘るべからず」である。≫




<目次>
第1章 仕事って何だ
第2章 「明窓浄机」が仕事の基本
第3章 挨拶を侮るなかれ
第4章 「報告・連絡・相談」は信頼の基
第5章 「時間がない」は「知恵がない」
第6章 情報との付き合い方
第7章 創造力の磨き方
第8章 スランプだと思ったら
第9章 自分を助けてくれるビジネスツール
第10章 「この人なら」と思われる「超・一流の仕事」

山崎武也「気品の研究」

PHP研究所

2006年刊




○気品の価値

≪高潔な人格の持ち主には、広く人間の幸せを考えたうえでの的確な判断力がある。

 自分自身の欲と自分の家族や組織の欲、それに広くほかの人たちの欲を考慮し、

 それらの調整を図ったうえで行動する。

 それは人間の尊厳をあくまでも重視て見守っていこうする姿勢である。

 それが「気品」である。

 金がすべての尺度となって乱れている現在の世の中に、平和な秩序をもたらすことが

 できるのは、一人ひとりの人間に元来備わっているはずである「気品」の力だ。≫





○目下にも礼儀正しく

≪どんな人に対しても、同じように丁重な姿勢で接する人には、奥深い人間味と余裕が

 感じられる。人間的に浅くて余裕がない人の中には、人が入っていく余地はない。

 深みのある人の場合は、それだけ「収容力」があるということになる。

 そこに人が入っていき、共感の世界が生まれるのである。≫





○時間を守って余裕を

≪人と外で会うときは、約束の時間より前にいって、その環境に自分を慣れされる必要がある。

 すると、心も落ち着き、悠々たる態度に徹することができる。

 相手に会うときの姿勢ももの静かで、余裕を感じさせる。

 その余裕が人間的な深みであり、気品である。≫

≪余分の時間を投資することによって、心に大きな余裕という資産をつくることができる。

 そこで、自分の人間としての格も維持することが可能になるのだ。≫






<目次>
気品の価値
義務を果たす
金銭感覚の麻痺
気品の教育が先決
食に対する姿勢
テーブルマナー
食は良少緩静に
ジェスチャーは最小限に
計画的に怒る
姿勢を正す〔ほか〕

PAGETOP