170731103.jpg

昨日の夕方、上海高島屋で、

納涼音楽会「弦楽四重奏」を聴きました(^^♪

170731102.jpg
170731101.jpg

スポンサーサイト
170731002.jpg
170731001.jpg

昨日行った、田子坊のハンバーガーショップ・・

170731003.jpg
170731004.jpg
170731005.jpg
170731006.jpg

なかなか雰囲気もよく、ハンバーガーも美味しかったです(^^♪

170731008.jpg
170731007.jpg

富坂聰「中国は腹の底で日本をどう思っているのか」(PHP新書)

PHP研究所

2015年刊



≪いま日本人に必要なのは、

 日本からみた世界ではない。

 中国の側からみた日本、そして世界はどのように映っているのか≫である。



 たとえば、911テロ。

 テロとの戦いを宣言したアメリカの動きに同調するかたちで、

 中国はウイグル族の独立派を国際テロ組織とすることに成功した。

 それまで中国の抱える少数民族問題は「人権問題」として西側諸国から批判の的に

 されてきたが、テロとの戦いで中国の協力を必要としたアメリカは、中国の主張を追認した。

 しかし、窮地に追い込まれたウイグル族独立派は、イスラム国に参画する。

 その結果、中国国内で、ウイグル族独立派による無差別テロが拡大し、

 中国VS世界のイスラム教過激派という対立構造へとスケールアップしてしまった。

 つまり、これまで中国国内の民族問題でしかなった問題が、国際問題へと性格を変えた。

 
 この目線から見ると、

 「一帯一路」・・「シルクロード構想」の目的は、対テロ防止策の一環とも理解できる。 



 たとえば、朝鮮半島問題。

 「中国にとって朝鮮半島における最大の国益は、いつまでも南北が二つに分かれていることだ」

 本来、この考え方は、日本が共有しても不思議ではないか価値観であるが、

 日本からは一向に現れてこない。

 このことに、中国は首をかしげている、といいます。

 なぜなら・・もし韓国主導で統一がなされた場合、新しく生まれた国が
 簡単に北朝鮮の開発した核兵器を手放すだろうか?

 こんなチャンスを韓国がみすみす手放すとは思えない。
 
 最悪の事態を想定して考えるのが安全保障の基本だとすると、

 日本は、朝鮮半島に生まれた人口8000万人を超える核保有国と向き合うことになる。

 つまり、中国の目線で見ると、

 常に北朝鮮一国の動向に拘泥している日本がいかにも能天気に映る。
 



 本来、国と国との外交を決定する要素には、

 ・価値観
 ・利害
 ・イデオロギー

 の3つがある。

 しかし、日本の外交には、価値観ばかりが強調されている。

 価値観に比重を置いた外交を展開し、「信頼」した結果として、

 最終的に「足元をすくわれる」のは、戦前以来の日本の伝統芸となっている。

 外交には、利害の要素も含め、多様な選択肢を持つべきである、と。





<目次>
第1章 「イスラム国」を介して中国の視点を学ぶ
第2章 なぜ日中関係の改善へと舵を切ったのか
第3章 「脱露入米」の裏にある真意を読み解く
第4章 日本人が知らない「中朝関係」のリアル
第5章 日本の北朝鮮外交がうまくいかない理由
終章 「価値観」ではなく「利害」に目を向けよ

上念司「習近平が隠す本当は世界3位の中国経済」(講談社+α新書)

2017年刊



 中国の経済統計の不正確さ・・ことにGDP統計は、何年間も地方政府のGDPの集計値が

 国家統計局のまとめたGDPの集計値を上回り続けている。

 1985年から実質経済成長率の水増しが、控えめにみて毎年3%ずつされていたとしたら、

 現在でも、日本のGDPを超えてはいない、と指摘されています。


 なぜそんなことを言うのか、というと・・

 中国がお手本にしたソ連経済は、第二次大戦以降、GDPは90倍になったはずでしたが、

 ソ連崩壊後にわかったのは、わずか6.5倍だったため。

 同じことが、中国で起こっているのではないか???


 

 そして、多くの日本人が持っているのは、「上海メガネ」というバイアスだ、といいます。

 中国に在留する大半の日本人は中国の沿岸部の、かつ、日系企業の集中する大都市に暮らしている。

 「上海メガネ」とは、経済発展が特に進んだ地域の状態を、中国全土にあてはめてみるバイアスであり、

 上海を見て中国全土を語ると、大きな間違いを犯す。


≪いま中国の都市部でいい暮らしをしている一部の人は、崩壊しかけてバブルの波に

 乗っているだけ。なぜなら、国全体がバブルを生み出し、一部の人がその恩恵を被る

 仕組みができあがっているからです。≫



 「不良債権比率」「失業率」「税収」を通してわかることは、

 ・ゾンビ企業は最低でも7.5%

 ・過去15年間、失業率は4.0~4.2%(日米とも、2%以上の増減あり)

 などなど。実体経済はとっても悪化している。

 その理由は、
 ・生産過剰
 ・資産価格のバブル
 ・地方自治体の過剰な債務

 AIIBや一帯一路構想は、生産過剰を途上国に輸出することで解消しようとする試み。

 でも、信用度の低い国に無理やり貸し付けても、そのお金はたちまち不良債権化するだけ。



 中国経済減速による日本経済への影響は、5年間のGDPで0,9%、

 年率0.18%にすぎない。

 日本は中国と、ほどよい距離をおこう、といいます。
 


<目次>
第1章 超水増しされたGDP
第2章 トランプが叩く中国経済
第3章 こんなにあった虚偽統計
第4章 日本企業の大避難が始まった
第5章 断末魔の習近平、そして中国
第6章 米中対立で浮上する日本経済

鈴木信行「宝くじで1億円当たった人の末路」

日経BP社

2017年刊




 タイトルの「宝くじで1億円当たった人の末路」とあるから、

 1億円当たった23人のさまざま末路が描かれている・・と思って買いました。

 が、宝くじの話は冒頭の一話のみ(>_<)

 看板に偽りありでした。

 でも、まあ他の話も面白かったです。

 ・自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路
 ・「友達ゼロ」の人の末路
 
 など、なかなか良い末路でした(^^♪


 やはり、次回作、1億円当たった23人の末路を読みたいですね~




<目次>
はじめに

【第1章】 やらかした人の末路
 ・宝くじで1億円当たった人の末路
 ・事故物件を借りちゃった人の末路
 ・キラキラネームの人の末路

【第2章】 孤独な人の末路
 ・「友達ゼロ」の人の末路
 ・子供を作らなかった人の末路
 ・教育費貧乏な家庭の末路
 ・賃貸派の末路

【第3章】 逃げた人の末路
 ・自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路
 ・留学に逃げた人(学歴ロンダリング)の末路
 ・「疲れた。海辺の町でのんびり暮らしたい」と思った人の末路

【第4章】 変わった人の末路
 ・電車で「中ほど」まで進まない人の末路
 ・グロい漫画」が好きな人の末路
 ・外国人観光客が嫌いな人の末路


【第5章】 怠惰な人の末路
 ・癖で首をポキポキ鳴らし続けた人の末路
 ・8時間以上寝る人の末路
 ・いつも不機嫌そうな上司の末路
 ・体が硬い人の末路

【第6章】 時代遅れな企業の末路
 ・禁煙にしない店の末路
 ・日本一顧客思いのクリーニング店の末路
 ・リモコン発見器の末路

【第7章】 仕事人間の末路
 ・ワイシャツの下に何を着るか悩む人の末路
 ・ワイシャツの下に何を着るか悩む人の末路2
 ・男の末路
 ・アジアの路上生活障害者の末路

おわりに

内館牧子「終わった人」

講談社

2015年刊


 
 以前から気になっていたものの保留にしていましたが、

 先日のアマゾン・キャンペーンで7割引ほどになっていたので、購入したものの一冊。


 現役時代、仕事一筋だった人の定年後の心境、心の動きが実に上手く描かれていると思います。

 前半が特に面白いです。

 主人公の上から目線が抜けないのが、すべての元凶のように思いますが、

 地方出身東大卒でメガバンク部長、役員手前で左遷・・という設定のため、こうなるのかもしれません。

 会社員人生を「成仏」できなかったため、手痛い失敗・・いや大失敗をやらかすところは、

 とっても身につまされます。




≪何よりも「余生」という言葉がおかしい。

 人に「余りの生」などあるわけがない。

 八十であろうが九十であろうが、患っていようが、生きている限りは「生」であり、

 余りの生ではない。≫

 「人は死ぬまで誇りを持って生きられる道を見つけるべき」ことが大切だ、と。

 「人生を二度生きる」こと。

 そのためには、

≪自分が変わればいいのだ。

 社会や人心はそうすぐには変わらない。

 変わる前に、俺があの世に行くだろう。

 ならば、自分が変わればいいのだ。≫
  



 下山逸蒼(しもやま いっそう)さん・・盛岡生まれの明治の俳人・・の言葉。

「完全な肉体の所有者でも、死んで埋められてしまえば一切平等、

 唯ホンノ一寸の間、悠久な宇宙に対比しての不自由や苦痛に過ぎぬ」

「もしこの大患が来なかったら、生命を掴むこともできず、真の生活に入ることも

 出来ずに、落ちていったのではないか」
 
170729040.jpg
170729041.jpg

六和塔(りくわとう)・・

 「銭塘江の逆流を鎮める」ことを祈願して建てられた塔。

ウィキペディアによると・・
≪六和塔(Liùhétǎ、りくわとう)は、中国浙江省杭州市に建てられた塔。

 杭州市街の南方、銭塘江沿いの月輪山に位置する。高さ59.89メートル、敷地面積約890平方メートル。7階建ての塔身は南宋時代のもので、13層の外層は清末に増築されたもの。したがって、外観は13階だが、中を登ると7階しかない。≫

≪北宋の開宝3年(970年)、銭塘江の逆流を鎮めることを願い、智覚禅師によって建てられた。また、塔の明かりは、川を行きかう船のための灯台の役割も果たした。

北宋の宣和年間、方臘の乱のために焼失した。南宋の紹興22年(1152年)、僧侶智曇のはたらきかけにより、現在まで残る磚(レンガ)造りの塔身が再建された。

清の光緒26年(1900年)に木造の外層が造られた。≫

170729042.jpg

170729043.jpg
170729044.jpg

せっかくなので昇ります。1人10元です。
170729045.jpg
結構急な階段なので、足腰ちゃんとしていないとつらい(*_*;

170729046.jpg

頂上の7階からの景色・・「銭塘江の逆流を鎮める」だけあって、銭塘江が一望できます。
170729047.jpg
170729048.jpg
170729049.jpg
170729030.jpg
170729033.jpg

西湖・・暑い日でしたが、湖畔を歩くのも、とてもいい感じでした(^^♪

170729031.jpg
170729032.jpg

湖畔には蓮が一杯でした。

170729034.jpg

いよいよ西湖遊覧・・
170729035.jpg
170729037.jpg

遠景のためわかりにくいですが、
これ、一元札の景色です。
170729036.jpg
170729038.jpg
170729020.jpg
170729021.jpg

西泠印社(シーリンインショー)・・

西湖のほとりにある孤山の麓に位置している篆刻を中心とする学術団体。

清代末期の光緒30(1904)年に創立され、中国で歴史もっとも古い学術団体とのこと。

ウィキペディアによると・・
≪古印、篆刻の研究を中心にして、書画・金石学の研究、文物収蔵、出版、展示を行ってきた。創立から一世紀、その性格・組織の変化、日中戦争・中華人民共和国成立・文化大革命による中断はあったが、中国における篆刻芸術の中心であり続けている。日本の篆刻家や書道家との関係も深い。≫

170729022.jpg
170729023.jpg
170729024.jpg

170729025.jpg
170729026.jpg

頂上から見る景色は・・登ってきた子どもたちが口々に、
「ピャオリャン、ピャオラン(漂亮)」といったように、美しかったです(^^♪

170729027.jpg
170729028.jpg
170729001.jpg
170729002.jpg

先日申し込んだ杭州への日帰りツアー・・

いつものように花園飯店・オークラガーデンホテルのロビーに、朝8時集合。

・・蘇州へは車で1時間から1時間ほどで着くので同じ感覚でいたら、

杭州は、その倍以上の3時間から3時間半かかります。

新幹線だと、上海虹橋から1時間強なので、次回は、新幹線利用しようと思います。

杭州老街の河坊街・・
170729003.jpg
170729004.jpg

170729005.jpg
・・無錫にあるお寺のレプリカ(^^♪

170729006.jpg

170729007.jpg

170729008.jpg
目につくのは、薬屋さん・・このお店は1642年?くらいの創業です。
170729009.jpg
170729010.jpg
・・みなさん、自分用に調剤していただいているようですが・・わかりません(>_<)
 勉強して出直したいと思います。この日も少し気温は下がったものの37度。「夏苦(シャクー)」が続くので。
170729011.jpg

170729013.jpg
170729014.jpg

PAGETOP