養老孟司・森毅「寄り道して考える」(PHP文庫) Kindle版

2004年刊


 森毅さんの言葉、いつ読んでもいいですね~(^^♪


「自由に伴う自己責任を知らない、いまの学生たち」という森さんですが、

 森さん自身、中学2年生ぐらいから、学校を休むということを覚えた、といいます。

 この時のご両親はこう言ったといいます。

「みんなが学校に行っているときに休むというのは自分の責任やから、落第せんように、

 どうやってスケジュールを組むかは、全部自分で決めなあかん。

 学校の時間割は向こうが組んでくれるけれど、さぼうほうは自分が組まなあかん。

 そこをちゃんと管理できんと、さぼる権利はない」
 

「みんなが学校へ行ってるときに、自分で選んで学校を休むんやったら、

 せめてその一日は学校へ行ってるときより、いい一日にせなあかん」



 また、いまの学生との違いという点で、全共闘時代の学生は、用務員室や事務官と仲良くするのが上手かった、といいます。

 教師を締め出して学校封鎖する中では、用務員さんや事務官と仲良くなることが、生活する上で大切になるから。

「担任の教師なんて、言ってしまえばどうでもいい存在で、用務員のおじさんや保健の先生、

 図書館の司書などといった人たちと仲良くなると、色々と学校の抜け道、

 それから先生の選び方を教えてくれるので、学校生活がうまく過ごせるのです。
 
 おそらく会社でも、そういう人に聞いたほうがトクなことはたくさんあるだろうと僕は思います。」






<目次>
第1章 「いい加減」でいいじゃないか―軟弱者だからこそできる「柔軟思考」
第2章 「九割」の大多数より「一割」の少数派たれ―「はみ出し者」が新たな時代を築く
第3章 「一致団結、頑張ろう」の軍隊文化を問う―全共闘からオウムまで
第4章 おカネとシステム信仰と日本人―価値という尺度の使い方
第5章 拡大する「脳」―論理的思考の裏側にあるもの
第6章 神なき国の精神史―日本の思想・文学・言葉談
第7章 「システム」からの脱出―いじめ、自殺、閉塞感を生み出す社会構造を破るには
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP