井上篤夫「志高く 孫正義正伝 新版」(実業之日本社文庫)

2015年刊


 
 まだ読み始めたばかりですが、

 孫さん、すごすぎです(^^♪


 
 高校1年生の孫さんの心境・・

「自分は韓国籍だから、大学を出ても日本では認めてもらえない」

「アメリカで結果を出せば、日本で評価される」

「人生は短い。若いうちに行動しなければ、後悔する」

「人生は限られている。だからこそ、思いきり生きなくては」

 そして、「おれは天下を取る!」


 日本の高校を半年で中退し、サンフランシスコの公立高校に入学する。

 日本の高校1年生にあたる、高校二年生のクラスに編入します。

 ここまでは普通なのかもしれませんが、

 同級生のレベルが低い、低すぎると感じた孫さんは、校長先生に、飛び級を願い出ます。

 熱意がかなって翌日から高校三年生。

 それから5日間、食事中もトイレでも、かたときも教科書を離さず猛勉強する。

 その姿を見た校長先生は、さらに高校4年生になる特例を認めます。

 高校4年生となり、大学入試のための検定試験を受ける権利を得た孫さんは、

 間髪入れず、検定試験の受験に挑もうとします。


 検定試験は、一日2科目、3日間にわたって行われる。

 朝9時に、試験がはじまる。
 
 その問題を見て、数十ページもある問題用紙と、

 その問題文の理解そのものに時間がかかることに愕然とする。

 ・・ここで諦めないのが、孫さん。

 試験管に、辞書の使用と時間の延長を申し入れる。

 当然、試験官はノー。

 孫さんは、直接、職員室に行き、アピールする。

 好奇の目で見る職員の中の一人が、孫さんの熱心な様子に、教育委員会に電話してくれる。

 そして、電話を受けた教育委員長は、その熱意に負けて許可します。


 かくして、検定試験の時間延長を認められます。

 すごいのが、何時までと決まっていなことを利用した孫さんは、

 問題が解けるまで取り組むこととする。

 結果、他の学生たちが午後3時にタイムイズアップする中、

 初日の試験を終えたのは午後11時。

 二日目も午後11時。

 三日目の最終日は、午前零時、日付が変わっていました。


 ・・二週間後の結果は、「ACCEPT(合格)」
 
   
 こうして孫さんは、わずか3週間の高校生活で、大学生になることができた。



・・以下もすごい話が続きます(^^♪



<目次>
第1部
(正夢
男の出発
飛び級 ほか)
第2部
(青春のドン・キホーテ
巨人と天才
事を成す ほか)
第3部
(不退転
夢の実現
三〇〇年先の未来 ほか)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP