井上篤夫「志高く 孫正義正伝 新版」(実業之日本社文庫)

2015年刊


 
 まだ読み始めたばかりですが、

 孫さん、すごすぎです(^^♪


 
 高校1年生の孫さんの心境・・

「自分は韓国籍だから、大学を出ても日本では認めてもらえない」

「アメリカで結果を出せば、日本で評価される」

「人生は短い。若いうちに行動しなければ、後悔する」

「人生は限られている。だからこそ、思いきり生きなくては」

 そして、「おれは天下を取る!」


 日本の高校を半年で中退し、サンフランシスコの公立高校に入学する。

 日本の高校1年生にあたる、高校二年生のクラスに編入します。

 ここまでは普通なのかもしれませんが、

 同級生のレベルが低い、低すぎると感じた孫さんは、校長先生に、飛び級を願い出ます。

 熱意がかなって翌日から高校三年生。

 それから5日間、食事中もトイレでも、かたときも教科書を離さず猛勉強する。

 その姿を見た校長先生は、さらに高校4年生になる特例を認めます。

 高校4年生となり、大学入試のための検定試験を受ける権利を得た孫さんは、

 間髪入れず、検定試験の受験に挑もうとします。


 検定試験は、一日2科目、3日間にわたって行われる。

 朝9時に、試験がはじまる。
 
 その問題を見て、数十ページもある問題用紙と、

 その問題文の理解そのものに時間がかかることに愕然とする。

 ・・ここで諦めないのが、孫さん。

 試験管に、辞書の使用と時間の延長を申し入れる。

 当然、試験官はノー。

 孫さんは、直接、職員室に行き、アピールする。

 好奇の目で見る職員の中の一人が、孫さんの熱心な様子に、教育委員会に電話してくれる。

 そして、電話を受けた教育委員長は、その熱意に負けて許可します。


 かくして、検定試験の時間延長を認められます。

 すごいのが、何時までと決まっていなことを利用した孫さんは、

 問題が解けるまで取り組むこととする。

 結果、他の学生たちが午後3時にタイムイズアップする中、

 初日の試験を終えたのは午後11時。

 二日目も午後11時。

 三日目の最終日は、午前零時、日付が変わっていました。


 ・・二週間後の結果は、「ACCEPT(合格)」
 
   
 こうして孫さんは、わずか3週間の高校生活で、大学生になることができた。



・・以下もすごい話が続きます(^^♪



<目次>
第1部
(正夢
男の出発
飛び級 ほか)
第2部
(青春のドン・キホーテ
巨人と天才
事を成す ほか)
第3部
(不退転
夢の実現
三〇〇年先の未来 ほか)


養老孟司・森毅「寄り道して考える」(PHP文庫) Kindle版

2004年刊


 森毅さんの言葉、いつ読んでもいいですね~(^^♪


「自由に伴う自己責任を知らない、いまの学生たち」という森さんですが、

 森さん自身、中学2年生ぐらいから、学校を休むということを覚えた、といいます。

 この時のご両親はこう言ったといいます。

「みんなが学校に行っているときに休むというのは自分の責任やから、落第せんように、

 どうやってスケジュールを組むかは、全部自分で決めなあかん。

 学校の時間割は向こうが組んでくれるけれど、さぼうほうは自分が組まなあかん。

 そこをちゃんと管理できんと、さぼる権利はない」
 

「みんなが学校へ行ってるときに、自分で選んで学校を休むんやったら、

 せめてその一日は学校へ行ってるときより、いい一日にせなあかん」



 また、いまの学生との違いという点で、全共闘時代の学生は、用務員室や事務官と仲良くするのが上手かった、といいます。

 教師を締め出して学校封鎖する中では、用務員さんや事務官と仲良くなることが、生活する上で大切になるから。

「担任の教師なんて、言ってしまえばどうでもいい存在で、用務員のおじさんや保健の先生、

 図書館の司書などといった人たちと仲良くなると、色々と学校の抜け道、

 それから先生の選び方を教えてくれるので、学校生活がうまく過ごせるのです。
 
 おそらく会社でも、そういう人に聞いたほうがトクなことはたくさんあるだろうと僕は思います。」






<目次>
第1章 「いい加減」でいいじゃないか―軟弱者だからこそできる「柔軟思考」
第2章 「九割」の大多数より「一割」の少数派たれ―「はみ出し者」が新たな時代を築く
第3章 「一致団結、頑張ろう」の軍隊文化を問う―全共闘からオウムまで
第4章 おカネとシステム信仰と日本人―価値という尺度の使い方
第5章 拡大する「脳」―論理的思考の裏側にあるもの
第6章 神なき国の精神史―日本の思想・文学・言葉談
第7章 「システム」からの脱出―いじめ、自殺、閉塞感を生み出す社会構造を破るには
170812501.jpg

 苦節3か月半?!、先月ようやく在留許可書が取れたのですが、

 それと同時に、遅ればせながら、中国語学校に通い始めました。

 場所は、瑞金二路に皋蘭路がT字型にぶつかる皋蘭路28号・・

170812502.jpg
170812503.jpg

 会社から3分ほどのところにある、旧フランス租界の瀟洒な建物です。

170812504.jpg
170812505.jpg

 2005年以来、中国語学校として利用されています。

170812506.jpg
170812507.jpg
170812508.jpg
170812509.jpg
170812510.jpg

 会社の同僚は、業務後や休日に通っているのですが、

 夕方や夜は、突発の用事が入って時間が読めないため、朝行くことにしました。

 割増料金を支払ってのマンツーマン・レッスンをお願いしています。

 当面、出張の日以外は、毎朝行くことに決めました。 

 まだ1か月ですが、最近は、7時半すぎから1時間ほどをここで過ごすのが、とっても良い憩いの場になっています(^^♪

170812511.jpg
170812512.jpg
170812001.jpg

上海高島屋では、7月後半から、毎週末夕方、二胡と弦楽器などによる音楽祭をやっています(^^♪

18時半の開始までの待っている間・・

氷の彫像がありました(^^♪
170812002.jpg

そばでは、子どもプールをやっています。
170812003.jpg
170812004.jpg

170812005.jpg


ところで、

今日は、二胡と・・・爵士・・爵士楽(ジュエシユエ)・・ジャズ?!

二胡とキーボードによるデュエット演奏でした。

170812006.jpg
170812007.jpg

素晴らしい!!! 非常好!非常好!


 


170811101.jpg

 昼食時、日本食のお店では、定食に、デザートのスイカ一切れと

ホットコーヒーが付いてきます。締めて、50~65元(約1000円)が相場です。

 一方、ローカルの食堂で、牛肉チャーハンや蘭州ラーメン(15~25元)を食べた後に、

 同僚と行くお店の一つは、無印良品の対面にあるZOO COFFEEです。

170811102.jpg
170811103.jpg

 椅子がゆったりとして座り心地がよいのが、気にいっています(^^♪

170811104.jpg
170811105.jpg

170811106.jpg
170811001.jpg
170811002.jpg

 少し前に、家族連れで上海に駐在している4家族での懇親会を、

 静安寺駅そばのシャングリ・ラホテルの「夏宮」でしました。

 他の候補はいくつかあったようですが、

 当日予約で個室という条件になかなかあわず、

 英語で予約可能なところ、ということで、結局ホテルになりました。

170811003.jpg
170811004.jpg

 遠目に、客先常駐が多くいる浦東の金融センターが見ながらの食事になりました。

170811005.jpg
170811006.jpg


 来客用によいかも(^^♪
170806001.jpg

 昨日、周荘に行ってきました。

 周荘は、上海からバスで約1時間半くらいのところにあります。

 上海旅遊集散中心というバスセンターから、
 朝8時45分発で、毎日、日帰りのバスツアー(といっても、バスの送迎のみ)が出ているので、これを利用します。

 上海旅遊集散中心は、地下鉄3号線「漕渓路」駅の目の前にあります。
 4号線の「上海体育館」駅が向かえ側ですが、10分ほどかかります。

170806002.jpg
170806003.jpg
170806004.jpg
 
 チケットは、同里行きと同じで、1人150元。

 あとから振り返ってみて、この日のスケジュールは、
 8時45分、上海旅遊集散中心出発。
 10時半、同里到着。
 11時、周荘到着。

 15時、周荘出発。
 15時半、同里出発。

 17時、上海旅遊集散中心到着。

 同里の古鎮は、世界遺産でもあるので、また乗ってみたいと思います。

170806010.jpg
170806011.jpg

 周荘・・古鎮に入る前に、遊覧船で、古鎮の周りを半周します。

 遊覧船のチケットは、1人50元。
170806013.jpg
170806013.jpg
170806014.jpg

170806033.jpg
170806021.jpg

170806022.jpg
170806023.jpg
170806025.jpg
170806026.jpg
   
170806027.jpg
170806028.jpg
170806029.jpg

辛亥革命の議論がなされた迷楼と、その二階・・
170806031.jpg
170806032.jpg


 ・・なかなか良かった周荘の小旅行ですが、

 この日の気温は36度・・ちょっと熱中症気味・・今日は一日、「夏苦」夏バテでした(>_<)
170801301.jpg

先週の大連出張の際、夕食にいった「海味当家」・・

大連といえば、海鮮料理ですが、

ここは「蒸し海鮮」のお店です。

170801302.jpg

170801303.jpg
170801304.jpg

なんでも蒸してしまえば、

あら不思議!海鮮も野菜も美味しくできあがります(^^♪

170801305.jpg
170801306.jpg
170801307.jpg


最後に締めの雑炊は、すべての海鮮を蒸した後のだし汁がつまった

「海鮮がゆ」・・これが美味しい!
170801308.jpg
170801309.jpg

170801310.jpg
170801311.jpg

日本の国内線と違って、中国の国内線では、いまでも機内食がでます。

まずは朝食・・
170801204.jpg

次に、昼食・・
170801203.jpg

そして、午後・・
170801205.jpg

まだ、夕食の時間には乗っていません。

ところで、
今週の大連行きは、浦東空港で予定時間から2時間、足止めを食らいました。
原因は、機材が未到着のため・・
アナウンスの後、続々人々がカウンターに集まったと思ったら、お弁当を受け取っていました(^^♪

170801201.jpg
170801202.jpg
170801101.jpg

上海浦東空港T1国内線にて・・

先週大連に行く飛行機に乗る直前、

9番ゲートを下りたところにあるラウンジの入り口に、

プライオリティパスのマークがあるのを見ました。

170801102.jpg
170801103.jpg

6月に、デルタスカイゴールドカード手に入れた際、
このカードに付帯して、年に2回だけ利用できるプライオリティパスがあったことを思い出し、
早速利用してみました。

入り口で、搭乗券とプライオリティパスカードを提示して、「請問、可以?」と尋ねると、
「可以!」とのことで、利用できました(^^♪

170801104.jpg
170801105.jpg

食事はなかなか良かったです(^^♪
170801106.jpg
170801107.jpg
170801108.jpg

・・今回、異動が決まってから、クレジットカードを整理したのですが、
そのうちの一つが、楽天プレミアムカードでした。このカードには、プライオリティパスのプレステージ会員
が付いていたのですが・・・当時は、SFCカードがあるのでスターアライアンスゴールド会員だから大丈夫・・
と思って解約してしまいました。
でも、中国国内移動では、中国東方航空・上海航空・中国南方航空のスカイチーム。
デルタスカイゴールドカードだと、スカイチームのエリート会員扱いではあるものの、国内線のラウンジは使えません。

ところで、日本のクレジットカードは、海外へは郵送しないというだけであって、
日本の住所がある人であれば、手に入れることができます。
・・といいつつ、義実家にお願いするのも面倒なので、思案中です。

PAGETOP